☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

地震とコロナの ダブルパンチ

先月13日の余震に続き、今日も18時9分に、宮城県沖、震度5強、マグニチュード7.2の地震に襲われました。


おまけに先日、宮城県と仙台市に、独自の緊急事態宣言が発出されました。

今月18日から4月11日までの自粛になります。


地震とコロナのダブルパンチです。


今夜も居間に毛布を持ち込んで、プリプリ姉妹と3人でかたまって寝ます。


今もまだ、小さな地震があります。

いつでもすぐに出られる様に、リュックに食料や水、ランタン等を詰め込んで、最悪の場合、車の中で一晩過ごせる様に、寝袋を積んでおります。


もう、マイリマシタ。


こんな弱音を吐いている、情けないてんしょうに、神様がお言葉を掛けてくださいました。


「 てんしょうさん、心配なさる事はございませんよ。
てんしょうさんもお子達も、必ずお守りいたしますから、ご安心なさいな。」


神様のお言葉で、どれだけ心が救われることか。

10年前の東日本大震災の時も、まだ目に見えない存在の方の声が、聞こえていなかったてんしょうとプリプリ姉妹に、一生懸命に話し掛けてくださっていたのだと思います。


地震やらコロナやら、なかなか心休まる事はなりませんが、" 絶対大丈夫 " と言い聞かせ、心を強く持ちたいと思います。



今回の地震でも、怪我をされた方がいらっしゃるそうです。

また、この地震で火事も出ている様です。


被害に遭われた方々に、心よりお見舞いを申し上げます。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。












体育着の下に肌着を着させない小学校

タイトルの様な学校が、未だにあるのか。

いつの時代の話か。


今朝のテレビで上がっていた話題です。


怒りが込み上げました。


体育着に着替える時に、肌着を着けさせないというのです。

理由は?

肌の鍛錬。

はっ?


この事実を娘さんから聞かされた母親が、学校に抗議し、その娘さんは肌着の着用が認められたそうです。

・・・認めるって何?


男性教師が目視で、肌着を着けていない女子児童の胸を確認し、って、気色悪さしか伝わってきません。


てんしょうも娘2人を持つ身。

デリケートな事なのですが、プリプリ姉妹が低学年の頃から、プライベートゾーンの話をしてきたてんしょうにとって、ただただ、怒りしかありませんでした。


勇気を持って、母親に " 肌着を着用をしていなくて恥ずかしい " と伝えた娘さんの心を思うと、胸が苦しくなります。


てんしょうも経験した事なので、余計に怒りを感じます。


てんしょうの場合は、学校に、体育着の下に肌着を着けてはいけないというルールはなかったのですが、胸が発達してきた頃、そういった事に意識がなかったてんしょうの胸を、平気で触ってきた男性教師がいました。
( 当時、ブラジャーを着けている女子が少なかった様な覚えがあります。てんしょうも着けていませんでした。)

恥ずかしさと屈辱な思いは、今でも忘れられません。

当時のその男性教師は、40歳を超えていたと思います。

卒業をして数年で、糖尿病か何かの成人病で亡くなったと聞きました。

亡くなるには早い歳ですが、バチが当たったのだと思いました。



プリプリ姉妹には、小学中学年の頃から、子ども用のブラを着用させる様になりました。

今は、割と低学年から着用できるものが多く揃っています。

そして周りにも、少しずつ着用している子が出てきていたと思います。


が、ある日、プリ江がクラスメートの女子に、"ブラなんて着けてる " とニヤニヤしながら言われたと、辛そうな顔をしていました。


夏の薄着の頃、胸が目立ってきていても、肌着を着ていないのが分かってしまう様な女の子を見つけると、側にいる母親は自分の娘の身体の変化に気付かないのか?と思ってしまい、その女の子が気の毒になります。

実際、すれ違う男性の視線が、そういった女の子に向いていた事に、その男性と女の子の母親に対し、嫌悪感を抱きました。



幼い子どもに対する性犯罪が無くならない世の中。

いつまでも時代遅れな考えの学校。



怒りに任せて書いてしまい、申し訳ありませんでした。

IMG_1550

今日もお読みいただき、ありがとうございます。










自死してはなりません 〜 神様の願い 〜

今朝、いつもより早く目が覚め、お布団の中でしたが、神様に朝のご挨拶をしていました。

その会話の中で、神様が御心を痛めておられる事をお話しくださいました。


それは、年々、自死される人間が増えていっているという事でした。


時世もあると思います。


神様が、自死した人のその後をお話しくださいました。


自死をすると、自死しようとする時から、死するまでの時を、何度も何度も繰り返し、それは天から授かった寿命にいたる歳まで続くのだそうです。


例えば、ある人の寿命が80歳だとします。

人生の中で、いろいろな苦悩に打ちひしがれ、45歳で自死をしてしまわれるとします。

それが、ビルからの飛び降りだったとします。


すると、寿命である80歳までの残り35年間、ずっと、飛び降りを繰り返すのだそうです。

魂の記憶が、そうさせるのだそうです。


人間は、亡くなった後も魂として生き続けます。

肉体は無くとも、苦しみは続きます。

そして、魂が自分の死を受け入れない限り、延々と続くのです。


よく、自死の現場で幽霊を見たという噂が立つのは、こういった事があるからだと思います。


その苦しみから救われる方法はあります。

ご供養です。


魂は、自死した場所から離れる事ができなくなっているので、既に亡くなっている事を本人が自覚しなければ、いつまでも苦しみからは逃れられません。

お身内の方や、ご友人の方の手厚いご供養が本人に届けば、自分の状態を知る事ができます。


そして自身の死を受け入れられた魂は、お空へと上がっていく事ができるのです。



神様は仰いました。


" 自死してはなりません。

苦しくとも、生きるのです。

自分を愛しなさいな。

自分に優しくなさいな。

命を大切になさいな。

前を向いて歩んでいかれなさい。

必ず光は見えてきます。

いつも見守っておりますよ。"



自死により命を絶つという事は、この世を生きる残されたお身内やご友人だけではなく、その亡くなった方を守護なさっている神様やご先祖さまも悲しまれます。


てんしょうは若い頃、自死を考えた事がありました。

辛く、苦しい事に耐えられなかったのです。


今は、この命がある事に、心から感謝をしております。


苦しい時は、一人で抱え込まないでください。

信頼できるどなたかにご相談さなってください。

神様仏様に祈ってください。

そして、ご自身の未来を信じてください。



乗り越えられない試練など無いといいます。

この世での辛い経験は、魂の霊格を上げてくれます。

この世は魂の修行の場なのです。


天寿を全うし、胸を張ってお空へと上がっていける様、てんしょうもしっかりと人生を歩んでいきたいと思います。

IMG_2409

今日もお読みいただき、ありがとうございます。