☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

流星を数えて 〜 ペルセウス座流星群 〜

昨夜、パパ夫の運転で、ペルセウス座流星群を見に、山の方へと出掛けました。

パパ夫が子どもの頃、友達と見に行った事があると、懐かしそうに話していた事がキッカケです。


21時に出発して、22時頃到着。

街では見られない満天の星空の下、山と畑に囲まれ、街灯も無く、近くに川の流れる農道にシートを敷いて、寝転がりました。


ふと時計を見ると、22時22分。


この2という数字は、てんしょうにとって、月詠様を意味します。

すると、月詠様が話し掛けてくださいました。


「 美しい夜空にございます。星降る夜をご堪能なさいませ。」



今にも星が降ってくる様な不思議な感覚に、プリプリ姉妹も大はしゃぎ。


そして早速、流星発見。


星に願いを・・・。

「 金・金・金 」byプリプリ姉妹



最初は中々見つけられなかった流星は、22時から1時間半の内で、10コほど数える事ができました。


プリプリ姉妹、" このまま寝てしまいたい " と言って、シートから動こうとしませんでしたが、そこは、野生のイノシシやタヌキが出る様な所なので、あまり長居はできません。


てんしょうとプリプリ姉妹がのんびり星を数えている時も、パパ夫は蚊取線香をつけたり、何かが来ても直ぐに対処できる様に、見守ってくれていました。

草むらから、何かが歩く足音がしていたそうです。

頼りになる父ちゃんです。



23時半、そろそろ帰ろうという頃に、薄雲が星空を覆ってきました。

最後の最後に、大きな流星を見る事ができました。

とっても良いタイミングでした。


車に乗り込み、窓の外を見ると、赤く色付いたお月さまが上がっていく所でした。



てんしょう「 月詠様、今夜も素敵な夜空をありがとうございました。
月詠様のお陰で、家族の絆を深める事ができました。
プリ江は、自分の子どもにも見せてあげたいけど、いつか東京に戻らないといけないから、何だか寂しいと言っておりました。
それほどまでに、感動したのだと思います。
月詠様、本当にありがとうございました。」


最近のお出掛けに中々ついて来なくなったプリプリ姉妹に、パパ夫は少し寂しそうでしたが、プリプリ姉妹のこの夜の反応に、とても嬉しそうにしていました。




満天の星空の下、流星を数えながら、最高の幸せに浸っていた、先日54になったばかりの、アラフィフてんしょうなのでした。

IMG_1550

今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング 








本末転倒?のPTA活動

プリプリ姉妹が2人共に中学生になりましたが、中学校でもPTAがあり、今年は長の付く役員になってしまいました。


今年はコロナ禍という事で、行事もかなり縮小され、PTAの仕事も軽減されたかと思いきや、いきなりのトラブルに巻き込まれ、しばらくの間、混乱の中におりました。

夜10時過ぎや、休みの日の朝にメールのやり取りをする事もありました。

その間、家事や私事が滞り、 身体も血圧が上がり、動悸が治まらず、" 保護者と教師が協力し合って、子ども達を支援していく " というはずのPTA活動により、支援されるべき側のプリプリ姉妹にも、負担を掛けてしまいました。

これでは、本末転倒になってしまいます。


PTAとは、戦後アメリカから推奨され発足されたものだそうですが、本来のPTAの仕事だけでなく、無くても良い様な、一部の保護者の負担ばかりが目立つ所もあります。

本来、任意なはずですが、仕事を持っていたり、幼いお子さんをお持ちの方や介護をなさっている方も有無を言わせず、入学と同時に会員になっており、皆が一度は役員にならないといけない様な雰囲気があります。

PTAで知り合った方の中に、仕事をお持ちでしたが強く断れず、一度に二役員を務めた結果、体調を崩し入院されたという過去をお持ちの方もおられました。


元々てんしょうは、このPTAの在り方にずっと前から不信感を持っていましたが、中には熱心な方もいらっしゃるので、声は上げられずにおります。


役員決めは、皆押し付けあいになってしまうので、ほとんどはくじ引きで決めている様です。

てんしょうも、くじ引きで大当たりを引いて、委員長になりました。


変な話ですが、このくじ引きの前に、てんしょうの中で変な現象が起きていました。

てんしょうの頭の中で、" くじがハズレます様に。ん? でも宝くじは当たります様に。ん? このくじはハズレを当てなきゃ。ん? ハズレ?当たり? " と、自分のものだか何だか分からない思念がグルグルしだしたのです。

宝くじの事なんて考える場面ではないのに、何故あの様な事を・・・と今になって思います。


その日、副委員長になられた方 ( 中当たり ) とお話しましたが、" 当たりくじ引いたから、この勢いで宝くじ買いましょうか。" と冗談を言い合いながら、励まし合って帰りました。


以前に神社からいただいた暦を見ますと、今年、てんしょうの運勢は八方塞がりでした。

あぁ、この事かと納得し受け入れ、粛々と進めていこうと腹を括りました。


トラブル解決の間 ( まだ未解決な部分はありますが、一応落ち着いております。) 、他のPTAの方のご意見をいただいたのですが、それぞれの方との温度差があり、中には鼻息荒い方もおられ、学校側との間に挟まれ、かなり魂削られました。


私事でも抱えるものがあり、せめて神様に、事がうまく運ぶ様にお願いしようとお話させていただいたら、" あなたなら乗り越えていかれますから、ご安心なさいな。皆で見守っておりますよ。" との事でした。

また神様は、" どなたにも、山あり谷あり、人生には何某かあるものです。前を向いて歩んでお行きなさい。どの様な事が起きても、諦めずにお行きなさい。必ず報われる時がきますよ。" と仰っておられました。


最近、神様依存になり過ぎていないかと、自分に問い掛けていましたが、神様のお言葉で心のザワツキが落ち着いた様に思いました。

お陰で、動悸もなくなり、血圧も下がってきました。

神様のお言葉って、凄いお力があるのだなぁと、改めて感じました。




・・・と、この様な日々を送っておりました。

そんなこんなで愚痴みたいになってしまい、お読みくださった皆さまには申し訳ありませんでした (>人<)



神様・仏様・ご先祖さま、そしてお読みくださっている皆さまに感謝の気持ちを込めて、ブログを綴っていきたいと思いますので ( ペースダウンしがちですが )、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます(^人^)






東北仙台、梅雨明けしました。

久しぶりの青い空!

IMG_1455

今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング 










今日は 『 幽霊の日 』

本日7月26日は『 幽霊の日 』です。


江戸時代、歌舞伎の演目で初めて 「 東海道四谷怪談 」が披露されたのが、今日のこの日だったのだそうです。


四谷怪談といえばお岩さま、悲惨な最期を遂げられますが、愛し尽くした夫の裏切りにより、お岩さまはとても傷付かれたのではないかと思います。


・・・と思っていたのですが、この四谷怪談、本当は作り話の様で、実際は仲睦まじいご夫婦だったそうです。


東京四谷に「 於岩稲荷 」という寺社があり、そちらにお祀りされているお岩さまは、穏やかな女性でいらっしゃるという事でした。( 神様 談 )


パパ夫の父のお墓が四谷にあるのですが、墓苑近くの看板に 「 於岩稲荷 」とあった事を思い出しました。


昔、四谷怪談の映画などを制作する際に、現場で怪我人が出たりして、" お岩さまの祟り " と噂された事があったと記憶しております。
  
それで、お岩さまの祟りが起きない様にと、映画制作に携わるスタッフや俳優さんがお参りをする様になったそうです。


神様のお話では、お祀りされているお岩さまは穏やかな女性という事ですので、祟りなど起こすはずもなく、祟り騒ぎはやはり、未成仏などの悪しき者達 ( いわゆる幽霊 ) の仕業だった様です。

当時のお岩さま、とんだ濡れ衣を着せられ、哀しそうになさっていたという事でした。( 神様 談 )



お岩さまに纏わるお話から『 幽霊の日 』が制定されましたが、お岩さまは幽霊などではなく、参拝される方の願いを叶えるべく、お祀りされておられます。



いつか機会があらば、てんしょうも於岩稲荷のお岩さまにお参りさせていただき、できましたらお話を伺いたいと思っております。

IMG_1361

今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング