☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

五感を研ぎ澄ませる 〜 直感を信じる 〜

オラクルカードをひく時、神様がカードの意味をお伝えくださるのですが、とあるカードから、この様なお話をくださいました。


「 神経系を活性化させるとは、五感を研ぎ澄ませるという事。

自分の感覚をそのまま受け入れ、信じる事です。

それは、直感でもあります。

危機を回避したり、良き選択ができる事に繋がります。

何より、自分を信じ、行動に移せる事が大切です。」


本当にそうだなぁと思います。

今までも、直感に従った大抵の事は、良き様に事が運んだりしております。

そこに雑念が入り、迷いが生じると、後悔な結果になる様に感じます。

迷いが生じた時、最初の直感を思い出し、そちらに軌道修正できると、やはり良い結果へと導かれます。


この感覚 ( 直感 ) は、私達人間を見守ってくださっている守護の方々の思いも乗っているのだそうです。

守護の方々は、いつも無償の愛でお守りくださっておられます。

守護の方々は、ある程度の未来が見えておられるので、良き未来へ繋がる様、私達人間にその思いを念でお送りくださっているのだそうです。

それが " 直感 " 、つまり" 第六感 " です。


その直感を正しく受け取る為にも、神様からいただいた身体を大切に、時にはしっかりとメンテナンスをなさってくださいませ。

五感を研ぎ澄ませるという事は、第六感に繋がるのです。


そして、お守りくださっている、目に見えないご存在の方々へ、感謝の気持ちをお伝えくださいませ。

目に見えないご存在、神様・仏様・ご先祖様もお喜びになられる事と思います。

IMG_6009

今日もお読みいただき、ありがとうございました。







神様からお聞きした " 睡眠の大切さ "

突然ですが皆さま、毎晩よく眠れていらっしゃいますか?

今日は、神様からお聞きした " 睡眠の大切さ " をお伝えさせていただきます。


私達人間は、日々の生活の中で、様々なエネルギーを浴びています。

そのエネルギーは、必ずしも良きものばかりではありません。

他人からの良からぬ念であったり、目に見えぬ悪しき存在から発するものであったり、ストレスからくるものだったりします。

それらが積もり積もっていくと、心が疲弊し、身体にも何かしらの症状が現れ、心のエネルギーが枯渇していってしまい、酷くなると生きる気力を失っていきます。


そうならない為にも、日頃の睡眠は、浄化と並んで、とても大切な事の一つとなってきます。


ここからは、神様からお聞きしたお話になります。


夜、人間が寝ている間の少しの時間、魂は故郷であるお空へと帰っていくのだそうです。

それは、人間界で受けた様々なエネルギーを禊ぎ、良きエネルギーをチャージする為です。

人間界で受けたよろしくないエネルギーを、お空にある神聖な泉の水で洗い流し、その後、良きエネルギーをいただくのです。

お空にあるその泉はとても美しく、てんしょうがご縁をいただいている天龍様や神様方もご利用なさっておられるそうです。


その素晴らしい泉を、私達人間の魂も利用させていただけるという事ですが、夜寝ている時でしかできない事ですので、そういった意味もあり、睡眠は大切なのです。


てんしょうも、対面鑑定のお仕事をさせていただく様になってからは、夜9時頃にはお布団に入る様になりました。

そして、朝は6時頃スッキリと目覚める事ができる様になり、てんしょうもしっかりとお空の泉の水を浴びさせていただいているのだなあと思い、感謝の気持ちで心が満たされていきます。


お悩みがあり、夜眠れないというお方もいらっしゃる事と思います。

お一人で抱え込む事が一番よろしくないと、神様が仰っておられました。

どなたか信頼できるお方にお心の内をお話なさったり、カウンセリングなどをお受けになられたりして、まずは少しでもお心軽くなる様になさってくださいませ。

そして、夜お布団に入られた時、お空の美しい泉をお心に思い描かれてみてくださいませ。

その泉の水を浴びておられるご自分を想像なさってくださいませ。

キラキラと輝く泉の水で、あなた様の魂も輝いていくのです。


神様方は、いつも私達人間の幸せを願っておられます。

神様方は、私達人間を無償の愛で包んでくださいます。


自分を愛するという事は、神様を愛する事です。

自分を大切にするという事は、神様を大切にする事です。


ご自分の魂の為に、ご自分のお幸せの為に、ごゆっくりとおやすみなさってくださいませ。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございました。









13年前の 今日

東日本大震災から、今日で13年経ちました。

過去のブログにもこの日の事を書かせていただいたと思いますが、昨日の出来事の様に思い出されます。


3才になったばかりのプリ江と4才のプリ子を連れ東北の地、仙台に移り住んだのは、震災の2か月足らず前でした。


パパ夫の転勤とはいえ、見知らぬ土地で身内や知り合いもおらず、少なからず不安はありました。

そういった事もあり、転勤で家族で引越しをするとパパ夫から聞いた時、てんしょうはタロットで占ってみました。

すると、結果の位置に " タワー " のカードが出ました。

" タワー " には、トラブルや破滅、災害という意味があります。

不吉なカードに気味が悪くなり、もう一度シャッフルし直して、カードを引いてみました。

が、同じ位置にまた " タワー " のカードが出ました。

怖くなり、三度目の正直で再びカードをシャッフルし直し、カードを引いたのですが、全く同じ位置に " タワー " のカードが出てしまいました。

「 仙台で何があるんだ?」

ただ不安しかありませんでした。


引越し当日、ダイヤの乱れで予約した席に座れず、ぎゅうぎゅう詰めの新幹線に幼い娘達と乗らなければならなかった事。

引越し早々、駐車場にとめておいた愛車に、大きな文字で " ばか " とラクガキされた事。

他にも細々とあり、" タワー " が出た意味ってこれらの事?と思っていたのですが、序章に過ぎませんでした。


3月11日。

この日は、東京に住んでいる時にプリ子がかかっていた眼科から紹介状を書いてもらい、仙台の眼科へ行く予約を入れていました。

車で行く様な結構な距離でしたので、パパ夫は事前に会社の休みを取って、パパ夫運転の車で移動する事になりました。

午前中、家族4人で眼科へ行き、昼ごろ終わりました。

眼科を出てすぐ近くのファミレスに入り、食事をしながら、パパ夫と「 午後から海の方へ行ってみる?」と話していました。

その海の方というのは " 石巻 " の事でした。

前の週に、仕事で行った石巻で食べた海鮮料理が美味しかったそうで、そちらで夕飯を食べようという話になりました。

店を出て、しばらくするとプリ子が車酔いの様な症状が出て、食べた物を全てという位に吐いてしまいました。

車酔いなど一度もした事がないプリ子でしたので、何か他の病気があっていけないとパパ夫の判断で、石巻は今度にしようとなり、家に帰る事にしました。

家に着き、プリ子も元気を取り戻し、4人で過ごしていた時です。

あの恐ろしく大きな長い揺れが襲ってきました。

数日前にも揺れがあった為、子ども達は悲鳴を上げながらもすぐにテーブルの下に潜り、パパ夫は子ども達の頭がテーブルから出てこない様に押さえながら、身を低くしていました。

そうしている間も、本棚や食器棚、冷蔵庫など、まるで生きている様に前後に大きく激しく動き、中の物も飛び出してきていました。

揺れが収まった時、子ども達を車に移動させ、てんしょうは布団などを車に運び入れたりしていたのですが、気付くとパパ夫の姿がありません。

どこに?と思っていたら、両手に大きなレジ袋を抱えたパパ夫が戻ってきました。

機転を効かせ、すぐにコンビニへ走り、カップ麺や水などの食料を買ってきていたのでした。

電気もガスもダメになっていたので、カセットコンロを引っ張り出してきて、駐車場で湯を沸かし、4人でカップ麺を分け合って食べました。

雪も降っていた為、寒さの中で食べる温かい食べ物は、本当に有難いものでした。


一晩を車で過ごしたのですが、近くの踏切りが故障し、あの " カンカンカンカン " という警告音が夜中中鳴り響いていました。


その日から3年の月日が経ち、プリプリ姉妹に見えないご存在と対話ができる能力が備わり、神様や先祖の天使さん達と、お話したり遊んだりする様になりました。

ある日プリ子が、神様からお聞きした3月11日の事を話し出しました。


あの日、神様方は大地震が来る事を分かっておられ、まずてんしょうに、プリ子の眼科の予約日を3月11日に取らせる様にしました。

車で行く事になる事もお分かりで、パパ夫も含めた家族を一緒にする為でした。

ですが、パパ夫が " 石巻に行く " と言い出した事は想定外で、神様はとても焦られたそうでした。

そこで神様は、パパ夫が石巻に行かないで帰るという判断をする事を前提に、一度も車酔いをした事のないプリ子を体調不良にさせたそうでした。

その時の事をプリ子はこの様に話していました。

「 神様はプリ子に、" プリ子ちゃん、少し辛くなっちゃうけどごめんね " って言いながら、気持ち悪くなる様にしたの。でも、みんなを守る為だからね。」


こうした神様の咄嗟の判断で、てんしょう達家族の命は助けられました。


皆さまご存知の通り、石巻は大きな津波で多くの方々がお亡くなりになりました。

今も東北地方の何万という方々が避難生活を強いられておられます。

元旦に起きた、能登の地震や津波の被害に遭われた方々も、まさに渦中におられます。

そういった方々を思うと胸が苦しくなります。


これから起こるであろう大地震について、神様方や天龍様にお聞きしたのですが、規模が大きくならない様に分散させたりとお動きになられておられるそうです。

そういった事もあってか、最近のてんしょうは、鑑定の仕事の時以外、神様方と繋がりにくくなっております。


各地におられる神様方や龍神様も日本の国を守る為に、いろいろとお動きになられているそうです。


これからも神様方、龍神様方に感謝の気持ちを込めて、お祈り申し上げていきたく思っております。

また、今までの日本各地の災害でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

IMG_1227