☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

青森旅行 ③ 〜 宇曽利湖 〜

今回の目的地の一つ、宇曽利湖にやって参りました。


天国に一番近い湖、宇曽利湖。

FullSizeRender


地蔵菩薩様は、" この湖はあの世へと繋がっております。" と仰いました。


下の写真は、宇曽利湖の前に佇まれる、東日本大震災慰霊の地蔵菩薩様でいらっしゃいます。

FullSizeRender



エメラルドグリーンの美しい湖面を見つめていると、地蔵菩薩様の、慈愛に満ちた優しい気に包まれ、穏やかな時が流れていきます。

FullSizeRender

FullSizeRender



いきなり、パパ夫が湖の中へ。

FullSizeRender

湖の中から、大きな石を拾ってきました。

理科のお勉強です。  

石が層になっています。

IMG_9201

この時に、湖の水が温かい事も分かりました。

宇曽利湖はカルデラ湖ですが、境内に温泉があるのも頷けます。


湖の黄色い部分は硫黄です。

FullSizeRender

FullSizeRender

IMG_9212



 
しばらくの間、それぞれが宇曽利湖を眺めておりました。

静かな時が流れていきました。

この清らかな、優しい気に包まれていると、人の死というものは、決して怖いものではない様な気がしてきます。





明日に続きます。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング









青森旅行 ②  〜 霊場 恐山 〜

恐山に到着したのは、11時近くでした。


近付くに連れ、6年前に見た景色が蘇ってきます。

多少の風雨はありましたが、台風を思わせる様なものではありませんでした。

駐車場には、結構な台数の車が停まっていました。



" ようこそ、いらっしゃいました。お待ちしておりましたよ。" 


頭の中に聞こえてきました。

地蔵菩薩様でいらっしゃいました。




駐車場から撮らせていただいた写真です。

FullSizeRender

IMG_9226

こちらの案内によりますと、" 不動明王は地蔵菩薩の化身 " とあります。

以前よりお不動様と深いご縁をいただいているパパ夫が、何度も恐山に足を運んでいるのも、また今回の旅も、お不動様のお導きだという事がよく分かります。

IMG_9436


FullSizeRender


拝観料を納め、いざ、霊場 恐山へ。

IMG_9149

IMG_9150


活火山である恐山一帯には、硫黄臭が漂っています。

参道を挟んだ両側には、温泉施設があります。

境内にありますので、その湯に浸かれば、直にパワーをいただけます。

FullSizeRender



早速、地蔵殿にて、地蔵菩薩様にご挨拶をさせていただきました。

他の参拝客の方がおられましたので、お参りの後に、境内を歩きながら地蔵菩薩様とお話しさせていただきました。

てんしょうは " てんしょうの元に未成仏の者達が来たら、地蔵菩薩様にお連れいただき、お空へと導いてくださる様にしていただけませんでしょうか。 " とお願いしました。

" 承知しておりましたよ。あの者達の事は、お任せなさい。" 

地蔵菩薩様は、快くお返事くださり、お約束くださいました。




次にお不動様を参拝させていただきました。

お不動様に通じる参道をのぼっていきます。


IMG_9164

↑ 分かりますでしょうか。時折、強い風が吹いて、プリ子の傘がひっくり返っています。




奥の院 不動明王でいらっしゃいます。

真正面から撮りたかったのですが、ふと " 横からお撮りなさい " と聞こえ、他の参拝者もおられたので、その様に撮らせていただきました。

イケメンのお不動様、視線がカメラ目線です。

こういう事だったのですね ^ - ^

よく見ると、下にいらっしゃる狛犬さんもカメラ目線でした。

FullSizeRender

2度目まして ( 初めましてではなく ) のお不動様ですが、パパ夫と同様、しっかりご縁をいただく事ができました。




恐山という名にふさわしい荒涼とした景色が広がっていますが、天候は兎も角、とても穏やかな気が流れていました。

IMG_9166

IMG_9173


火山地帯なので、岩が熱を持っています。

お賽銭が岩にへばりついて、変形しています。

IMG_9439


千二百年程前にこの霊場恐山を開かれた、慈覚大師円仁様がお祀りされている大師堂です。

カラフルな風車がお供えされています。

FullSizeRender

IMG_9181

FullSizeRender

千手観音様とプリプリ姉妹。

IMG_9452




極楽浜です。

そして、遠くに見えるのが " 宇曽利湖 " です。

今回の目的地の一つ、天国に一番近い湖です。

FullSizeRender




明日に続きます。





悪天候の為、全部は巡れませんでしたが、受付でパンフレットをいただいたので、地図上を目で巡ってみました。


皆さまも、御目にて霊場恐山巡りをお楽しみくださいませ。

IMG_9437
IMG_9438

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング













青森旅行 ①  〜 出発 〜

12日から1泊2日で、青森県へ行っておりました。



過去記事 2019.9.8 " 恐山  やはり呼ばれておりました " にも書かせていただいたのですが、" 呼ばれていた " というのもそうですが、青森まで避難させるという意味もあったのだそうです。


台風19号。


42人の方が亡くなられ、15人の方が行方不明になられているそうです。

てんしょうの住む宮城県でも、8人もの方々が亡くなられました。


台風が日本列島に上陸する前の時点でも、雨風の影響が出ておりました。

それほどまでに、強い勢力の台風でした。




てんしょうとパパ夫が、今回の恐山弾丸ツアーを決めたのは9月でしたが、まさか台風と重なるとは思わず、台風の大きさの事もあり、無事に行けるのか、中止にした方がよいのか、いろいろと迷いました。

ところがパパ夫は、 " 台風が青森に来る頃には、勢力がおさまってるから、旅行には影響ないと思う。" と言いました。

パパ夫のこの一声で、恐山弾丸ツアーは決行されました。


けれど、この事も仏様方のお導きなのでした。




当日の朝、てんしょうは3時に起床し、車の中でも朝食が摂れる様に、サンドイッチを作りました。


3時半頃、パパ夫とプリプリ姉妹を起こしましたが、その時の雨は激しく降っていました。


てんしょうは神様にお願いしました。

" 出発の時は、雨がおさまっています様に。"

出発の4時半頃になると、小雨になっていました。


皆が先に車へ乗り込み、てんしょうが最後に玄関の鍵を閉める前に、神様にもう一度お願いしました。

" これから青森へと向かいます。無事に行って、帰ってこれます様に、お力添えの程、よろしくお願いいたします。" 


そして、お手洗いにいらっしゃる神様 ( 以前、ドクター様と名付けさせていただきました。) が、" 留守は私が預かりましょう。安心して行ってらっしゃい。" と仰ってくださいました。



車に乗り込むと、プリプリ姉妹は既に夢の中、パパ夫とてんしょうは栄養ドリンクを飲んで気合を入れて、青森へと出発しました。


この時、パパ夫は3時間半、てんしょうは2時間しか寝ておらず、けれど二人とも妙に元気で、テンションも高めでした。

この時のパパ夫には、いつも運転時に重なってくださる神様がいらっしゃり、てんしょうにも神様がいてくださるので、そちらの神様方のテンションが伝わっていたのでした。


そのお陰でてんしょう、青森まで一睡もする事なく、パパ夫もてんしょうも、出発時とほぼ同じテンションでいられました。




仙台から恐山までの約440Km、2回の休憩を入れて6時間程でした。

途中、激しい雨風はありましたが、無事、恐山に着いたのでした。






長くなりそうですので、明日に続きます。

FullSizeRender

※ 台風19号の被害に遭われた方々、心よりお見舞い申し上げます。また、早期の復興をお祈り申し上げます。

そして、お亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。




今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング