☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

迷いネコのミイちゃん  〜 夢のお話 ㉒ 〜

クリスマスの朝。



子ども達は、目をこすりながら起きてきました。

てんしょう 「 おはよう、みんな。」

みんな 「 おはよう。」

てんしょう 「 クリスマスツリーの下、何かない?」


プリプリ姉妹 「 !!クリスマスプレゼント!」

ハナ 「 プレゼント!」


プリ子 「 これ、プリ子のだ!」

プリ江 「 これ、プリ江の!」

プリ子 「 ハナちゃんの、これ!」

ハナ 「 ハナのもある!」

プリ子 「 サンタさん、来てくれたんだ〜。」

てんしょう 「 みんな良い子にしてたから。

サンタさん、優しい子どもが好きなんだって。」

プリ江 「 そうなんだ〜。」

てんしょう 「 開けて見てごらん。」

みんな 「うん!」

ハナ 「 お母さん、ハナの開けて!」

てんしょう 「 はい。何が入ってるかな?」

ハナ 「 わ〜!かわい〜!毛糸のお帽子!」

てんしょう 「 かぶってみる?」

ハナ 「 うん!・・・お耳が出るんだね、このお帽子。」

てんしょう 「 ちょっと待っててね。手鏡持ってくるね。」


プリ子 「 プリ子は、手ぶくろ!」

プリ江 「 プリ江も!」

プリ子 「 ねえ、この手ぶくろ、ハナちゃんのお帽子と色が同じだよ!」

プリ江 「 ほんとだね!」

ハナ 「 ほんとだ!」

プリ江 「 プリ江の好きな水色!」

プリ子 「 プリ子も水色好き!」

ハナ 「 ハナも好き!」




てんしょう 「 さあ、どうかな?

ハナちゃん、鏡で見てごらん。」

ハナ 「 かわいい!おリボンにビーズが付いてる!」

プリ子 「 ほんとだね、プリ子のも付いてる!」

プリ江 「 プリ江のも!みんな、お揃い!」

プリ子 「 サンタさん、プリ子達が仲良しだから、お揃いにしてくれたんだね。」

プリ江 「 きっと、そうだよ。」

ハナ 「 ハナ達、みんな仲良し!」

プリ子 「 サンタさん、ありがとう!」

プリ江・ハナ 「 ありがとう!サンタさん!」


天使さんのおじいちゃんもハナちゃんの側で、ニコニコして見ておられました。



プリ子 「 朝ご飯食べたら、お外にこれ付けて行こうよ。」

プリ江 「 そうだね。お散歩しよう!」

ハナ 「 お散歩、お散歩!」

てんしょう 「 じゃあ、公園までお散歩しようか。」

みんな 「 うん!」











てんしょう 「 プリ子、プリ江、準備できた?

ハナちゃんは、これね。お帽子とお洋服。」

ハナ 「 うん!」

てんしょう 「 どう?」

ハナ 「 あったか〜い!」




プリ子 「 準備できたよ。」

プリ江 「 手ぶくろもしたよ!」

てんしょう 「 ハナちゃんは、お母さんが抱っこしていくね。」

ハナ 「 はーい!」






公園へと向かう中、曇った空から雪が舞い落ち、ハナちゃんのかぶる帽子の上で、すーっと溶けていきました。





明日に続きます。

IMG_7526

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



昨日、過去記事 " 漫画家 手塚治虫先生 ( 2018.2.9 ) " にコメントくださった まひゃえさん が、この様な写真を送ってくださいました。

IMG_7633

アトムとウランちゃん。かわいい♡&おいしそう(*´◒`*)

東京 高田馬場にある商店街の和菓子屋「青柳」で売られているお饅頭だそうです。

[ 昔、手塚治虫先生の事務所が高田馬場にあり、この「青柳」の店主の方が、手塚プロに話をした所、商店街の繁栄にお役に立てるなら と、快諾されたそうです。]

との事でした。

さすが、手塚プロ。手塚治虫先生の心をしっかりと引き継いでいらっしゃいますね。

まひゃえさん、ありがとうございました!





皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング  










迷いネコのミイちゃん  〜 夢のお話 ㉑ 〜

クリスマス・イブの夜。



パパ夫は会社の忘年会で帰りが遅い為、プリプリ姉妹とネコのハナちゃんとてんしょうで、クリスマスパーティーをしていました。




部屋は、プリプリ姉妹が作った色紙の飾りで彩られ、ピンク色のツリーの電飾がチカチカと点滅しています。



プリプリ姉妹はジュース、てんしょうはワイン、ハナちゃんはミルクで乾杯をしました。

ハナちゃんの側には、天使さんのおじいちゃんもワインを手にしておられます。


みんな 「 メリークリスマス!かんぱーい!」

てんしょう 「 さあ、いっぱい食べてね。

ハナちゃんも、これなら食べられるかな?」


てんしょうは、ネコのハナちゃんも食べられそうなチキンをほぐして、皿にのせました。


ハナ 「 お母さん、いただきまーす!」

プリ子 「 プリ子もチキン食べる〜!」

プリ江 「 プリ江も〜!」


ハナ 「 お母さん、これ、おいしい!」

プリプリ姉妹 「 うん!おいしい!」


てんしょう 「 クリスマスケーキもあるよ。」

みんな 「 やったー!」



いつもとさほど変わらぬ食事風景ですが、子ども達はそれなりに、クリスマスパーティーを楽しんでいました。







クリスマスパーティーが終わり、プリプリ姉妹はパジャマに着替え、寝る準備をしていました。

その間、ネコのハナちゃんは、窓から空を見上げていました。


てんしょう 「 ハナちゃん、パーティー楽しかった?」

ハナ 「 うん!楽しかった!」

てんしょう 「 そっか、よかった!

お母さんも楽しかった!」

ハナ 「 うん!お母さん、ありがとう!」

てんしょう 「 ううん。」

ハナ 「・・・お母さん、お星さまがキレイ。」

てんしょう 「 そうだね。

今日はクリスマスイブだから、お星さまに願い事をすると、叶うかもしれないね。」

ハナ 「 ほんと?」

てんしょう 「 叶ったらいいね。」



ハナちゃんは、しばらくの間、星を見つめていました。



てんしょうもハナちゃんの隣で、星空を見上げました。

" 神様、どうぞ、ハナちゃんの願いを叶えてください。"






プリプリ姉妹 「 ママー、寝る準備できたー!

ハナちゃん、一緒に寝ようね!」

ハナ 「 プリ子お姉ちゃん、プリ江お姉ちゃん、

ハナ、真ん中で寝るー!」

プリプリ姉妹 「 うん!ハナちゃん、おいでー!」

みんな 「 おやすみなさーい!」

てんしょう 「 おやすみ。」







聖夜の星空から、星降る様に雪が舞ってきました。







明日に続きます。

IMG_7607



今日もお読みいただき、ありがとうございます。




皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング  













迷いネコのミイちゃん  〜 夢のお話 ⑳ 〜

雪の降った翌日、庭の真ん中には、大きな山ができていました。


パパ夫 「 大きいの作るから、プリ子もプリ江も雪をかき集めてね。」

プリプリ姉妹 「 うん!」


この日、土曜日で休みだったパパ夫の提案で、
庭にカマクラを作ることになりました。



三人は寒空の下、汗をかきながら、雪山を作っていました。


プリ子 「 大きいのできるかなあ。」

プリ江 「 雪、いっぱいのせよう。」

ハナ 「 ミャウ、ミャウ!( お姉ちゃんたち、頑張ってー!)」


ネコのハナちゃんはニットのお洋服を着て、雪の積もった地面に置いた段ボールの上で、三人の作業を見ていました。




パパ夫 「 そろそろ、穴を掘っていくか。

プリ子、このスコップで掘ってごらん。」

プリ子 「 うん!」

パパ夫 「 プリ江は、掘った雪を山の上にのせなさいね。」

プリ江 「 プリ江も掘りたい。」

パパ夫 「 じゃあ、 順番ね。5回ずつで交代。」

プリプリ姉妹 「 はーい!」


パパ夫はプリ子にスコップを手渡しました。






そのスコップ、ネコのハナちゃんとプリプリ姉妹が出会うきっかけを作った、大きなスコップです。

壁に立て掛けてあって、庭に迷い込んできたハナちゃんがぶつかってしまい、倒れて大きな音を立てた、あのスコップでした。



" あのスコップが倒れなかったら、庭にハナちゃんが来てた事、気付かなかったんだよなぁ。

あの日があったから、今この時間が流れているんだなぁ。

・・・でも、ハナちゃんのご家族は今・・・。"






てんしょうは部屋の窓から、庭にいる4人の様子を見ていました。

そして、プリ子の手にしたスコップを見て、ハナちゃんと初めて出会った、春の日を思い出していました。

けれど、今流れている、同じこの時間、ハナちゃんの両親は、未だ意識の戻らない我が子の身を案じ、心を痛めているのだと思うと、やるせない気持ちになりました。















作り始めて2時間。

「 ママー!できたー!写真撮ってー!」



昼食の準備をし始めていたてんしょうでしたが、スマホを手に、カメラモードにしながら、庭に出ていきました。




プリプリ姉妹 「 見てー!すごいでしょ!」

てんしょう 「 おーっ!すごいねー!

大きいのできたねー!

プリ子、プリ江、中に入ってみて。

ハナちゃん、プリ子のおひざに乗せて。」





パパ夫 「 こっち見て!」

プリプリ姉妹 「 パパ、やだ〜!変なかっこう!」

ハナ 「 ミャウ!( お父さん、面白い!)」



" カシャッ!"



てんしょう 「 みんな、かわいく撮れたよ!」

プリ子 「 パパ、笑わせるんだもん!」

プリ江 「 パパ、ヘン!」

ハナ 「 ミャウ!( ヘン!)」




雪に反射した太陽の光と、子ども達の笑顔がまぶしく、辺り一面キラキラと輝いていました。






明日に続きます。

IMG_7484

今日もお読みいただき、ありがとうございます。




皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング