☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

きっかけ ㉟ 幸せを運ぶモフモフちゃん

赤ちゃんになり、9才の男の子に戻る為にエネルギーを使い果たし、グッタリと眠ってしまったエイジ君。

翌朝には起きてきて、いつもの少しいたずらっ子な元気いっぱいの男の子に戻っていました。

そして昼間、あの美しい歌声のジュモンが、プリプリ姉妹の元にも届いていました。







夜、いつもの寝室で、てんしょうはプリプリ姉妹と " 宝くじ " の話をしていました。


てんしょう 「 ママ、宝くじ当たったら、何に使おうかな?
買わないと当たらないけどね。」

プリ子 「 今ね、モフモフの動物が来たよ。
金色の子と銀色の子がいるよ。」

こんな感じだそうです。↓




プリ子によると、そのモフモフの動物、やはりお空にいる生物で、金色・銀色の他に、ピンク、黄色、緑など、とりどりなのですが、金色は金運を、銀色は金より少し小さい金運を、ピンクは希望、黄色は健康、緑は自然を司るという妖精さんの様な存在でした。

それで、てんしょうが宝くじの話をしていたのをお聞きになった神様が、その金と銀のモフモフちゃんをお呼びくださったそうでした。

そのモフモフちゃんは、世界中をまわっていますが、気まぐれで、一所にとどまってはくれない様でした。

金ちゃん銀ちゃんと名付けると、金ちゃん銀ちゃんは、てんしょうの体にそのモフモフの毛を付けだしました。

てんしょうには見えませんでしたが、プリプリ姉妹は、" ママ、キラキラに光ってる!"と言っていました。





あれから、3年余り。

金ちゃん銀ちゃんが付けてくれた毛は、跡形もなく抜け落ちてしまった様です(;ω;)

















今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング 

パラレルワールド ②

姿見の中に、このてんしょうではない " てんしょう " を見たプリ子。


てんしょうは、こんな事もありだと思いつつも、半信半疑でした。



ある日、てんしょうは、プリプリ姉妹を送り出し、神様方もジュモンに向かわれ、家事もひと段落したところで、ひらがな表に向かっていました。



そして念じました。

" パラレルワールドがあるのなら、もう一人のてんしょうと話がしたい!
もう一人の私!
てんしょうさん!
お話、させてください!"


てんしょう 「 やっぱり、無理だよね・・・。」


" て・ん・し・よ・う・て・す・
あ・な・た・も・て・ん・し・よ・う・さ・ん・な・の・て・す・か "
( てんしょうです。あなたもてんしょうさんなのですか?)


てんしょう 「 !! きた! 」


てんしょうは、慌てて返事の念を送りました。


" てんしょうです!
私の子どもが、うちにある鏡に、あなたの姿を見つけたのです!
こちらの世界では、それをパラレルワールドと言います。
その時のあなたは、鏡の中でお洗濯物を干していました。
私はその時、朝食を作っていました。"


" い・つ・の・こ・と・て・す・か "


" 2日程前の事です。
あなたは、緑っぽい色のお洋服を着てませんでしたか?"


しばらく間を置いて、


" き・て・い・ま・し・た "


" 私の娘が、鏡に映ったあなたの服の色を緑っぽい色と言い、その時私が着ていた服の色ではありませんでした。
私は、今、あなたに念を送って話をしています。
そして、あなたのお返事を、ひらがな表を使って、受け取っています。
あなたは今、どうやって私と話をしていますか?"


" わ・た・し・も・ね・ん・て・は・な・し・て・い・ま・す 
あ・な・た・の・し・ね・ん・を・う・け・と・り・へ・ん・し・を・し・ま・し・た "
( 私も念で話しています。あなたの思念を受け取り、返事をしました。)


" 突然、変な思念が飛んできて、驚いたでしょ?ごめんなさい。
私の娘、プリ子には、不思議なチカラがあるんです。
私には無かったのですが、今、チカラを得る為の練習をしているんです。"


" あ・な・た・も・ち・か・ら・は・も・て・ま・す・よ
わ・た・し・に・も・う・ち・の・こ・と・も・に・も・あ・り・ま・す・か・ら 
う・ち・の・こ・も・ふ・り・こ・と・い・い・ま・す・よ "
( あなたにもチカラは持てますよ。私にも、うちの子どもにもありますから。うちの子もプリ子といいますよ。)


" えーっ!ホントですか?
もしかして、パラレルワールドって、よく似ているのかもしれませんね!"


" そ・う・か・も・し・れ・な・い・て・す・ね "




こんな思念交換がしばらく続きました。


思念交換の続きは、次回、・を抜きにして、会話形式でお送りしたいと思います。
( 文字の間に・を入れるのも大変なので f^_^; )


左のチビ雲はてんしょう。右のチビ雲はパラレルてんしょう。な感じ?













今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング 

きっかけ ㉞ 赤ちゃんになったエイジ君

夜、この日の神様方は、泊まりに戻って来られていました。

いつもの様に寝室で子ども天使さん達と遊んでいました。

すると、エイジ君が赤ちゃんのマネをして、てんしょうに甘えてきました。

てんしょう 「 エイジ君、9才のお兄さんだから、ダメだよ。
赤ちゃんみたいだよ。」

すると、天使さんは年令が変えられるので、エイジ君は、みるみる内に赤ちゃんになっていきました。

赤ちゃんになってしまったイケメンのエイジ君。

プリ子 「 エイジ君が赤ちゃんになっちゃったよぉ。
エイジ君、元に戻って。
プリ子、悲しくなっちゃうよ・・・。」

プリ子は、泣き出してしまいました。

てんしょう 「 エイジ君、ごめんね。
9才のエイジ君に戻って。」

エイジ君は、ゆっくり、ゆっくり、1つずつ歳を戻していったのですが、3〜4才になる頃、疲れてしまって元気がなくなってしまいました。

てんしょう 「 ゆっくりでいいよ。
もう、明日にしましょう。」

エイジ君は、" 大丈夫 "と言い、頑張って9才に戻りましたが、グッタリとしてしまい、そのまま眠ってしまいました。

年令を下げるのは簡単にできても、年令を上げる事は、年令が低いほどチカラが小さい為、エネルギーをたくさん使ってしまい、疲れてしまうという事でした。

エイジ君には悪い事をしたと、心から申し訳なく思い、またも反省のてんしょうでした。

















今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング