☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

プリ子のかけがえのないお友達

6年生になって、プリ子に3人の仲の良いお友達ができました。

いつもその4人組で遊んでいるそうです。


その中に、プリ江の本名と同じ名前のお友達がいるのですが、その子とは幼稚園から一緒でした。

そのお友達は双子の姉妹の妹さんで、プリ子はお姉さんの方とよく同じクラスになっていた様でした。

その双子の姉妹さんは二卵性で、性格は、お姉さんはピアノの上手な、可愛らしい穏やかな女の子で、妹さんは空手を習っていて、試合でメダルを取る程の腕前で、礼儀正しく爽やかな女の子です。
( この姉妹さん、前世は夫婦だったそうです。神様 談 )


幼稚園が同じという事もあり、その姉妹さんのお母さんも顔見知りですが、ご挨拶くらいしかした事はありませんでした。

けれど、そのお母さんも感じの良い方で、てんしょうは " プリ子が、この姉妹さんみたいな子達とお友達になってくれたらいいのになあ。" と思っていました。


プリ子はその妹さんと、お悩み相談し合う程の仲良しになりました。


4人組の仲良しになったのは、修学旅行がきっかけでした。

宿泊部屋を決める時に、その3人のお友達がプリ子を誘ってくれたのだそうです。

修学旅行を機に、4人はより仲良しになった様で、学校から帰っても、そのお友達の話ばかりです。



プリ子にとって、かけがえのない大切なお友達。



以前、心無い2人組の女子から酷いいじめを受けていた頃 、学校へ行くのが辛く、登校するにも困難な時期がありましたが、今ではそんな過去なんか無かった様に、休みの日でも、" ずっとお友達と学校にいたい!" と言う程までになりました。

( その2人組のいじめのターゲットが変わった様で、プリ子はそのターゲットにされたお友達を、相談員の先生の所に連れていった事があったそうです。

ターゲットになったお友達も、プリ子の様な穏やかな女の子です。)



てんしょうにも、小学生の高学年の頃、そんな仲良しグループにいた思い出があり、" 今、プリ子は本当に楽しい学校生活を送っているのだなあ。" と、胸が熱くなります。


そんな学校生活の中でも、子どもなりにストレスがある様ですが、そのお友達とグチをこぼし合ったり、今時の子どもならではのYouTube話とかで盛り上がったり、残り少ない小学校生活を満喫しています。


プリ子を守ってくれている天使のエイジくんとキャシーも、今のプリ子を安心してみていられる様です。

てんしょうも、常に心穏やかに過ごせています。

本当に有り難い事です。



天の声「 プリ子ちゃんは誠に心の美しいお子にございます。

今のご友人も皆、心穏やかなお子ばかりですのでご安心なさいな。

皆、良きお子に成長しておられますよ。」




来年は中学生になるプリ子。

多感な年頃になってきますが、優しく穏やかなプリ子のままに、お友達と青春時代を謳歌してほしいと思う、母てんしょうでした。






プリ子、授業参観の時に描いていた自画像。

IMG_2643

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング






いろんな形の 親子関係

姉妹の様な、兄弟の様な親子関係の方がおられると思います。

また、親子でも、ドライな関係だったり、親子の立場が逆転している様な関係だったりする方もおられます。

いろんな形の親子関係がありますが、そこには少なからず、前世が関わっている事もあるのだそうです。( 神様 談 )



例えば、前世で仲の良かった姉妹が、姉が先に生まれ変わり、その後、妹が姉だった人の元に生まれてきたとします。

姉も妹も、今世で女性として生まれ変わっていたとしたら、母娘になるのですが、姉妹の様な関係に見える親子になったりするのです。


そういった事から、同じ母親から生まれた子どもでも、パパっ子になったり、ママっ子になったりします。


また、おじいちゃん子だったり、おばあちゃん子になったりするのも、同様に、前世に関係してくる場合があるのです。



てんしょうの場合で言うと、てんしょうの幼い頃はおばあちゃん子でした。

そのおばあちゃんは、プリ子の前世である祖母アサの事です。

そして、てんしょうの前世は、アサの夫マサノリでした。

( てんしょう・プリプリ姉妹の前世について、過去記事 2017.10.5 〜 2017.10.12 の " 魂の絆 " をご覧くださいませ。)

てんしょうとプリ子は、母娘の関係ですが、母てんしょうから見たプリ子は、少し大人びた感じがしていました。

幼い頃から穏やかで、思いやりがあり、幼いながらに、しっかりとした自分を持っていると、母てんしょうは思っていました。

それが、祖母アサに重なっていたのです。

そして、てんしょうの前世マサノリが、幼い子ども達を妻に託し戦地に赴かなければならなくなった時の、その時の魂の記憶が蘇り、戦時中に三人の幼い子どもを持った母として、強い心を持った妻アサを頼もしく思うのです。

だからか、てんしょうとプリ子の関係は、母娘ベッタリというよりも、昔の信頼関係の中にある夫婦の様な親子だと感じています。


逆に、前世がマサノリとアサの次女ジュンだったプリ江は、てんしょうにとっては、そのまま我が子である次女プリ江で、プリ子にとっても、一つ年下の妹というよりも、もっと年の差を感じている様な、可愛くて仕方ないという存在の様です。



てんしょうの身内でも、前世の分かっている人達の関係を見ていると、なるほどと思う親子関係だったりします。





皆さまも、ご自分やお身内の親子関係をご覧になってみてくださいませ。


もしかしたら、前世の関係が見えてくるかもしれません。






前世は父母と娘、↓ 今世は母と二人娘。

IMG_2641

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング





事が上手くいっても、そうでなくても

例えば、何かをしなくてはいけない時。

あれこれ悩んでも仕方ない事と思っていても、いろんな考えが、頭の中を混乱させる時があります。

そんな時、てんしょうはこう思います。


" これをする事は、初めから決められていた事。( 運命として考えて。)

決められていた事なら、神様は結果をご存じなはず。

ならば、自分の思うままに、最善を尽くそう。"


そして、神様にお願いします。


" 神様、どうぞ、お力をお授けください。

事が上手く運びます様に。"



良き方へ向かっていくイメージをしながら、事に当たります。


結果、不思議と、" 上手くいった。思うままにして良かった。" となります。


その " 思うまま " の中には、直感という、目に見えない存在の方々からの後押しもあるからだと思います。



それがもし、上手くいかなかったとしても、それは学びとして、今後の人生に必要なものだったりします。

無駄なものなど、何一つありません。



てんしょうは、事が上手くいっても、そうでなくても、全ては運命と思っております。

運命は、自分が切り開いていくものだと思うからです。



神様仏様は、この世で肉体を持った魂、人間が、それぞれの人生を存分に生きている姿をご覧になり、見守り続けてくださっています。



どの様な運命を辿っても、いつも前を向いて、時には挫けそうになりながらも、明るい未来を見つめながら、生きていきたいと思っております。


そして、この世を生きている幸せを噛みしめ、感謝の心を忘れずに過ごしていきたいと思っております。

IMG_1971

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング