☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

気持ちの良い 朝

いつもの様に、朝起きて、居間の東の窓から見える太陽と、太陽の光が反射してまぶしく光る、近くのお寺様の屋根に向かい、今日一日の無事と感謝の祈りを捧げました。

東の窓にはサンキャッチャーをぶら下げてあり、小さな虹が部屋一面に広がっています。

気持ちの良い朝です。


最近、朝はテレビを付けず、会話を大切にして、温かいミルクティーで目を覚ましていくプリプリ姉妹を見ながら、今日も笑顔で過ごせます様にと祈ります。


二人とも髪を結んでいくので、それもてんしょうの仕事になります。

もう少ししたら、こんな事も自分でする様になっちゃうのかなぁと思いながら、幼稚園児だった頃の、慌ただしい朝を思い出しました。


今のプリプリ姉妹は、ほとんどの事を自分でしてしまいます。

時間に余裕のある時は、プリ江が、朝食の卵料理を作ってくれる様になりました。

今朝もそうでした。

母てんしょうより上手に、フワフワに作っています。

幼い頃から食事の時は、二人とも食べる事に集中して、美味しそうに黙々と食べます。

そんな二人を見ながら、" 食べてる時の姿は小さい頃から変わらないなあ。" と思います。



太陽の光を背に受けながら、二人は今日も元気に登校していきました。



空を見上げると、天龍様がいらっしゃいました。

天龍様の波動で、空の雲がそのお姿に見えます。

( 建物を消したので右下の方、白くなっています。)

IMG_6540



今日も気持ちの良い朝でした。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング












プリ江の担任の先生 〜 天職 〜

6年生になったプリ江の担任の先生は、プリ江が1年生の時にもお世話になった先生でした。

子ども達に人気のある先生で、プリ江のクラス担任発表の時、体育館に " キャーッ!" と嬉しい悲鳴が響き渡ったそうです。

プリ子が3年生の時も受け持っていただきました。

明るくて、保護者からの信頼も厚い方です。

S先生とさせていただきます。


今の小学校には長くお勤めで、そろそろ転勤かと思ってはおりましたが、てんしょうは個人的に " プリ江最後の学年は、S先生だったらいいなと思います。" と、それとなく神様にお伝えし、" お任せなさいな。" と有り難いお言葉をいただいておりました。


正直なところ半信半疑でしたが、神様はてんしょうがそれとなくお伝えした事を " 約束 " として捉えておられ、それを実行してくださいました。


プリ江から担任の先生を聞いた時、驚きと安心と嬉しさで、プリ江に " よかったね〜!楽しい1年になるね!" と伝え、プリ江も笑顔でうなずいていました。


その翌日からです。

プリ江、" ただいま〜!今日、すっごく楽しかった〜!" と、満面の笑みで帰ってくる様になりました。


動物好きなプリ江は " いきもの係 " になり、6年生が飼っている亀のお世話をする事になりました。

廊下に2つの水槽を置いて、2匹の亀を飼っているのですが、ヤンチャな男の子が廊下で暴れて水槽を蹴飛ばし、亀が甲羅から出てこなくなってしまう事がありました。

プリ江の提案で、亀の水槽のところに " 亀がビックリするので、廊下ではお静かに " という内容のポスター作りをする事にしたそうです。


帰りの会が終わってからの作業ですので、帰りも遅くなるのですが、それにもS先生は付き合ってくださり、なぜか、ポスター作りの合間に、運動会で踊った " よさこい " を踊ろうという事になり、先生と一緒に踊ったという事でした。

そんな日が数日続きました。


プリ江は " 今までも、学校楽しいと思っていたけど、心から本当に楽しいって思ったのって、初めてかもしれない。" と言いました。




S先生には、ご先祖様が守護としていらっしゃいました。

その方からお聞きしたのですが、S先生は前世も先生をしていらっしゃいました。

江戸時代の寺子屋の先生です。

当時は、お寺のお坊さまが子ども達を集めて、読み書きを教えておられたそうで、S先生はその中のお一人でした。

そのご先祖様は、S先生の前世の教え子だったそうで、その後の時代には親子になられています。

恩師として、大変尊敬なさっておられ、先生の元に転生する事を強く望んだのだそうです。


この事は、プリ子3年生の時の担任だった時の家庭訪問後、てんしょうの元に改めて来られたご先祖様からお聞きしたお話で、S先生にも伝えてほしいとの事でした。


内容が内容 ( もろ、スピリチュアル ) でしたので、ご先祖様には " 難しいです " とお伝えしましたが、どうしてもという事で、プリ子3年生の終業式後に、長い手紙にしたものを、プリ子から渡してもらいました。


S先生が、その手紙を読まれたかどうかは分かりませんでしたが、その後、ご先祖様が来られ  " 読んでおりました。" と嬉しそうに仰り、お礼のお言葉をいただきました。

そのご先祖様、またS先生の元に生まれたいと仰っておられたので、その事を一番にお伝えしたかった様です。





プリ江最後の学年をS先生が受け持ってくださり、プリ江の小学校生活が以前にも増して、イキイキとしたものになった事に、本当に感謝しております。



天の声「 S先生は、教師に成るべくしてなられたお方にございます。
まさに、天職に就かれました。
天におられた時から、来世でも教師をと望んでおられましたよ。
子ども思いの、誠に良き先生にございます。」




神様、良きお計らいをありがとうございました。





今朝は二人揃って登校しました。↓

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング










良い事ばかりじゃないけれど

この世を生きていると、" 良い事ばかり " はありません。

むしろ、よろしくない事の方が多いとさえ思える時もあります。

また、悪い事があった訳でもないのに、何かモヤモヤして、スッキリしない感じがまとわりついている様な、そんな時もあると思います。



この記事を書いている、まさに今のてんしょうがそんな感覚に陥っております (T ^ T)

何故かな?と思い返すと、今朝のプリ子の様子が少し辛そうだった事が、てんしょうの心にも引っかかっている様でした。

中学校までの道のりが片道30分程掛かる為、途中でお友達に会わないと、延々と続く長い道の様に思えて、憂鬱になってくるのだそうです。

また、慣れない環境に、不安も解消されてはいない為、余計にそんな気持ちになるのだと思います。


てんしょうにも、このプリ子の憂鬱を経験した事がありました。

中学も高校も、遠い道のりを通っていました。

ですので、プリ子の気持ちが分からないでもないのです。


プリ子には、" そうだよね。学校まで遠いねー。ママもそうだったから分かるよ。でも来年からプリ江も一緒だし、途中でお友達と会える時もあるから、お友達に時間聞いて、会える時間に合わせてみてもいいかもね。今日も会えるといいね。" と送り出しました。


親の手を離れてきたかなと思っていたけど、形を変えて、まだまだ手の掛かる我が子に、結局はこれからも、受験の事、就職の事、結婚の事、節目節目での事で、親子で悩んでいくのかなと思うと、自分も親にそんな風に気に留めてもらいながら、成長してきたんだなあと有り難く思いました。



長い人生、良い事ばかりじゃないけれど、周りの人達に支えられながら、時には支える側になったりして、この世を何とかうまく生きていくものだと思います。

そして何より、目に見えないご存在の方々の、手厚い支えもいただけます。



今日は15日なので、改めて神様にお参りさせていただき、プリプリ姉妹の事を含め、お願いをさせていただこうと思っております。



てんしょうの不器用な生き方、プリ子も似てしまったかなと申し訳ない気もしますが、これからの経験値を上げて、たくましく生きていってほしいと願う、母てんしょうでした。







今日も母の心配をよそに、" 楽しかった〜!" って帰ってきます様に。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング