☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

みちのく 岩手の旅 〜 最終日 〜

3日目の朝。

良いお天気です。

FullSizeRender



食堂で朝食を摂っていると、てんしょう家族が泊まった部屋の、お向かいさんご家族が入って来られました。


家族構成はよく分からなかったのですが、おばあちゃまがおられました。

おばあちゃまは、お給仕なさっているスタッフの方に、話し掛けておられました。



おばあちゃまの少し興奮気味の大きな声で、お話の内容が分かってしまいました。



おばあちゃま、槐の間や宿泊部屋で、たくさんのオーブを見られたとの事。


目の前で、オーブ達がヒュンヒュン飛んでいたそうです。


そして、そのご家族の中の若いお嬢さん ( お孫さん?) と、その飛び交うオーブをご覧になられていたのだそうです。



" 見える人には見えるのだなあ " と、パパ夫と話しておりました。



座敷わらしさんはお話されない様で、うちの座敷わらしのユアくんとも、お話した事はありません。

ユアくんは、てんしょうの声掛けに、うなずいたり、首を振ったりして、答えてくれます。



てんしょうにはまだ、見えない存在の方々を見るというチカラが無い為、その存在の方々から、頭の中へ映像を送っていただかないといけません。


気配は感じていたので、話し掛けてはみたのですが、お返事は聞こえませんでした。


きっと、ユアくんみたいに、うなずいたりしてくれていたのだと思っています。





チェックアウトの時、宿の女将さんがいらっしゃいましたので、写真をご一緒いただきました。

IMG_2590

穏やかな、物腰の柔らかい素敵な女将さんでした。

スタッフの皆さんも良くしてくださり、プリプリ姉妹にも、優しくお声を掛けてくださっていました。





宿を出発する前、無事に帰れる様、亀麿神社へ祈願に行きました。

IMG_2535


パパ夫は、お隣りのお稲荷様で、熱心にお仕事祈願です。

IMG_2537


鳥居のところまで、わらしさん達が手を振って、見送りに来てくれました。
( その様な映像が頭の中に入ってきました。)

IMG_2534





神社を出て、駐車場の車に乗り込む時、宿の門まで、女将さんがお見送りに出てきてくださっていました。


女将さんのお隣りには、わらしさん達が立っていて、手を振ってくれていました。


女将さんとわらしさん達のお心が、胸に沁みました。







愛車Bに乗って、いざ、我が家へ。


来た道を戻ると、こんな看板がありました。

IMG_2543

" この次は あえるかも・・・座敷わらし " 





パパ夫「 今回、座敷わらしには会えなかったけど、プリ子とプリ江が、うちの座敷わらしだよ。

幸せを運んできてくれるからな。」


てんしょう「 そうだね。

私達夫婦は、プリ子とプリ江から、幸せをもらってるのよね。」


パパ夫 「 健康で、真っ直ぐに育ってくれて、有り難いな。」


てんしょう「 私もそう思う。」


親バカ2人の会話ですが、心からそう思えました。




2泊3日の " みちのく 岩手の旅 " は、家族の絆を深める旅でもあった様に思います。





うちの座敷わらし、プリプリ姉妹。

帰りの車では、グッスリでした。

プリ江の頭の上に、プリ子のマクラと頭が。

いつもは、これが逆になります。

IMG_2591




天の声 「 誠に良き旅にございました。

宿のわらしさん方、てんしょうさんによく懐いておられましたよ。

プリ子ちゃんとプリ江ちゃんがオモチャで遊んでおられる時も、一緒に楽しんでおられました。

お子達の遊ぶ姿は、心癒されるものにございます。」




今、こうしてブログを書いているてんしょうのヒザには、座敷わらしのユアくんが座ってくれています。




おしまい。

IMG_2593


5日間に渡ってお送りしました " みちのく 岩手の旅 " 、いかがでしたでしょうか。


座敷わらしさんの姿は見えませんでしたが、わらしさん達の可愛らしい気配は感じる事ができました。



パパ夫の後日談がございます。


今回の旅の翌日が出張だった為、仙台に着いて、すぐに新幹線で、東京に戻って行きました。

出勤し、出張の為、駅のエスカレーターに乗っていた時の事です。

パパ夫の持つカバンが、後ろにクイッ、クイッ、クイッと3回、軽く引っ張られました。

誰だと思い、後ろを見たのですが、誰もいません。

カバンは、手すりの反対側に持っていた為、何かに引っかかった訳でもありません。

パパ夫は、" わらしが着いてきたかな。" と思ったそうです。
( パパ夫にもほんの少し、チカラがあります。)

その後、仕事が順調に進み、良い事がたくさんあったと言っていました。


これから、少しずつ願いが叶っていくのかもしれません。


てんしょうの願いも・・・。




皆さまも機会がおありでしたら、是非、座敷わらしの宿をご体験くださいませ。

座敷わらしさんが、幸せをもたらしてくださる事と思います。






今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング







みちのく 岩手の旅 〜 座敷わらしの宿  夜編 〜

夜9時少し前、宿の庭や亀麿神社を探検しました。


空には満天の星が輝いていました。



宿の門へと続く道です。

IMG_2477


IMG_2479


神社の中は、灯りがついていました。

IMG_2482


IMG_2485



中庭には、座敷わらしさんのトーテムポールが立っています。

IMG_2465


IMG_2466






そろそろ就寝の時間。

ベッドの部屋 ( プリプリ姉妹の ) と、お布団の部屋 ( パパ夫とてんしょうの ) を仕切る障子に映る影。


FullSizeRender

お布団に寝転がりながら撮った写真です。

障子の手前には、てんしょうとパパ夫がいます。

障子の向こうには、プリプリ姉妹がおどけて立っているのですが・・・、気のせいでしょうか。

3人いる様に見えます。







そして、夜中の2時。

草木も眠る 丑三つ時。


プリプリ姉妹とてんしょうの3人で、" 槐の間 " に行きました。

( この時パパ夫は夢の中。明け方に一人で行ってきたと言っておりました。)



IMG_2517

木彫りの座敷わらし人形がある床の間にだけ、灯りがついていました。




床の間を背にして、撮った写真です。

FullSizeRender

2つの白い光は、電気です。


ご注目いただきたいのは、右上のピンク色の何かです。


周りには何もありません。


昼間はこんな感じです。

IMG_2350

画面左側の、すだれから向こう側は、白い障子があるのみです。



神様によりますと、座敷わらしさんのお着物の一部が写り込んだのだそうです。


槐の間の座敷わらしさん、うちの座敷わらし ユアくん、天使のエイジくん、キャシー、ソウくん、スミレちゃん、皆仲良く遊んでいました。


その時に写った様でした。




真夜中の槐の間。




人間が寝静まった頃、薄暗い部屋の中、幼い子どもの魂は、音も無く走り回って遊んでいるのです。




天使のエイジ「 夜中にママ達 ( てんしょう達 ) がお部屋へ来た時も、ママやプリ子ちゃんのおヒザに、わらしさんがお座りしていたんだよ。

ママの背中におんぶしてた子もいたよ!」



気配は感じるものの、おんぶまでは気付きませんでした。


ですが、慕ってくれるわらしさん達が愛おしく、心癒されるてんしょうでした。





明日に続きます。

IMG_2501

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング






みちのく 岩手の旅 〜 座敷わらしの宿  昼間編 〜

みちのく 岩手の旅 2日目。


この日も素晴らしくお天気が良かったです。

IMG_2570


岩手山サービスエリアにて。

IMG_2571


IMG_2272


岩手山、雲がかかっていました。

IMG_2278




紅葉が青空に映えます。

IMG_2287


二戸市の象徴、男神岩 ( 180m ) と女神岩 ( 160m ) の夫婦岩。

IMG_2300

夫婦、仲良く並んで、そびえ立っていました。

IMG_2302



こちらの田んぼは、稲刈りが済んでいました。

FullSizeRender






到着!

" 座敷わらし伝説の宿  緑風荘 "。

FullSizeRender


車を降りて、荷物を出していると、一緒に来てくれていた座敷わらしのユアくんが、宿の門へ走っていき、てんしょうを見ました。


「 お友達の座敷わらしさん達に早く会いたいのね。」


ユアくん、頷きました。


「 先に行っててね。」


ユアくん、ニコッとして、走って門の中へと入っていきました。






チェックインして、まずは座敷わらしさんのおられる " 槐の間 " へ。

IMG_2348



IMG_2350


床の間に、木彫りの座敷わらしさんがおられました。

IMG_2343


こちらは、槐の間のお隣りの部屋、待合室。

IMG_2346


IMG_2349




同じ敷地内にある、亀麿神社へお参りに行きました。


IMG_2390


IMG_2367

早速、撮れました。↓ オーブ。

FullSizeRender


横に伸びる枝に、何人かお座りしてこちらを見ているわらしさん?がいます。

( 目には見えませんが、神様が頭の中に映像を送ってくださいました。)

IMG_2365






槐の間の座敷わらしさんにお供え物をして、ご挨拶です。

青い着物は、うちの座敷わらし プリ江です。

IMG_2448


IMG_2453


「 座敷わらしさん、遊びましょ!」

IMG_2578


FullSizeRender



座敷わらし!?

FullSizeRender

↑ それらしく編集してみました。

実はプリ江です。( 知ってます。)



↓ オーブ、撮れました。

FullSizeRender


↓ 少し横へと、移動している様です。

IMG_2563



↓ これは、宿に置いてあったアルバムの中の一部です。

家事で焼失してしまう前の、築300年の緑風荘で撮られたものです。

IMG_2526


おびただしい数のオーブが写っています。

IMG_2525


てんしょうは、この様には写せませんでしたが、神様が仰るには、このオーブ達、幼い子どもの魂だそうです。


てんしょうが " 槐の間 " に座って、プリプリ姉妹が遊んでいるのを見ていた時、うちの座敷わらしのユアくんと一緒に、小さなわらしさん達が、かわるがわるヒザの上に座ってきていたのだそうです。

ユアくんには気付いていたのですが、小さなわらしさん達には気付きませんでした。

" お母さん " という存在として慕ってくれたそうで、とても嬉しく、暖かな気持ちになりました。








夜、お食事タイム。

IMG_2584


IMG_2583


FullSizeRender


IMG_2585

美味しくいただきました (^人^)

満腹。満福。






そして、部屋に戻ると・・・。

IMG_2589


お誕生日サプライズ。

FullSizeRender



もうじき、12才になるプリ子。

IMG_2588


宿の方の、ステキなお心遣いでした。






明日に続きます。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング