☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

賽銭泥棒の末路 〜 念のこもったお金には 〜

今朝、プリ江の持っていくお弁当を作りながら、テレビニュースをチラ見していました。

すると、何ともバチ当たりな映像が流れてきました。

本堂の中にあるお賽銭箱から、ゴッソリとお賽銭を盗んでいく者の姿が映し出されていたのです。

防犯カメラの映像でした。


その盗っ人は女の様で、目深にパーカーのフードを被り、マスクをしているので、顔が全く分かりません。

手慣れた様子でお賽銭箱の引き出しを開け、ササッとお賽銭を盗り、何食わぬ様子で本堂から出ていくのです。


数日後にも、同じ人物が同じ手口で、お賽銭を盗んでいきました。

全部で、4万円ほど盗まれたそうです。


ニュースのリポーターがそのお賽銭箱の引き出しを開けると、" 仏の顔も三度です。" と書いた紙が入っていました。




この事を神様にお聞きしてみました。


お寺にも神社にも、お賽銭箱は置かれています。

お賽銭箱の中には、いろいろな人の願いや念が乗ったお賽銭が入っています。

皆、神様仏様に願いを叶えていただきたいと、お賽銭に念を込めるのです。


その願いの中には、" 病気平癒 " や " 心願成就 " などがあると思います。

けれど、それだけではありません。

欲張った願いや、人の不幸を願う者もいます。


お賽銭には、いろんな人の欲や、ドロドロとした念が乗っているのです。


ですので、お寺や神社に関わっていらっしゃる方以外の者がお賽銭に触れると、そのお金に乗り移った念が、悪い形で取り憑いてくるのです。


神様は仰いました。

" その賽銭を盗んだ者には、後に取り返しのつかぬ様な不幸が待っております。
それ程に、人の念というものは強いものなのです。" 


お賽銭箱に入っていた " 仏の顔も三度です。" と書いた紙は、仏様の御心が書いてあると思いますが、人の念は、三度も待たずに、触れた瞬間に取り憑いてきます。


神様仏様が天罰をお与えになられる以前に、お賽銭に乗っている念によって、不幸を背負う事になるのです。



いずれにしても、盗むという行為は悪しき事に違いありません。


神様仏様は、いつも私達人間の行いをご覧になっておられます。

嘘をついても、黙っていても、自分の心に嘘がつけないのは、そういう事なのです。

IMG_0475

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング














バーに来ていた 母子の話

てんしょうが独身の頃、よく一人で行っていたショットバーがありました。

常連さんが多く、寂しんぼの集まりみたいな感じもありましたが、皆気さくで、楽しく呑んでいました。



ある日、そのバーに、見かけない派手な服装の若い女性と、少しさえない中年の男性が来店されました。

そして、最初は気付かなかったのですが、5才位の男の子も一緒に来ていました。

聞こえてくる話で、その女性はスナックのホステスをしている方で、男性はそのスナックの常連さんの様でした。
( 女性はマスターの知り合いの様でした。)

一緒に来ていた男の子は、その女性の子どもでした。


その女性は、ずっと男性と話をしていて、男の子の事は気にしていない様子、すぐに飽きてしまった男の子は、他のお客さんにチョッカイを掛けてきました。

酔っ払っているお客さんばかりでしたが、最初の内は適当に男の子の話に合わせたりして相手をしていました。

が、いつまでも相手にできる訳ではありません。

面倒になって相手をやめると、他のお客さんにチョッカイを出すという事を繰り返していました。


すると、その男の子、てんしょうの所にも来ました。

てんしょうは、母親に連れられて来たものの、親に相手にされずに、夜中まで付き合わされて、今日が初めてではないなと思いました。

その男の子、言葉も悪く、慣れてくると図々しくなってきて、果ては叩いたり蹴ったりといった暴力を奮ってきたのです。

可哀想な子と思いながらも、叩いたりする事は注意しました。

注意すると、別のお客さんの所に逃げていってしまいました。


その後、母親の話が聞こえてきました。

" ウチは母子家庭で、この子が可哀想だから、私は絶対にこの子には怒らないの。"


てんしょうは改めて、その男の子を心から可哀想に思いました。

親から躾してもらえなかったら、誰が事の良し悪しを教えてくれるのだろうと。



その後、数回、そのバーに連れて来ていたので、いらぬ世話かと思ったのですが、その母親に話をしました。

来店の度に、てんしょうを含めたお客さん達が、子どもの相手をさせられているというのもあります。


「 こんな遅い時間、酔っ払いのいる店に、こんな小さい子を連れてくるのは、この子の為にも良くないと思うよ。」


その女性は、母子家庭と言ってはいましたが、女性の母親 ( 男の子の祖母 ) も同居していると聞いたので、来店するならおばあちゃんに預けたら良いと思ったのです。

それに、幼稚園児程の歳なら、普通に考えたら、眠っている時間だからです。


その女性、てんしょうの言葉にムッとしていました。


てんしょうにはもう一つ、その女性に対し、いただけない事がありました。

30代も半ばだったてんしょう、男の子に対し、てんしょう自身を " おばちゃん " と言っていたのですが ( 5才児にとったら " お姉さん " でもあるまいと思い、例えば男の子の持ち物を " おばちゃんにも見せて " などと話し掛けていました。) 、それを聞いた女性の連れの男性が、てんしょうに対して、ニヤニヤしながら、" おばちゃん " と話し掛けてきたのです。

てんしょう、腹の出っ張った空気の読めないそのさえない男性に、" はぁ?誰?このおっさん。 " と言っていました。( てんしょうも酔っ払ってます。)


男の子にうんざりしていたお客さん達は、てんしょうの見方をしてくれました。


ようやく空気を読んだのか、その男性、マスターに " その人 ( てんしょうの事 ) に何か一杯出して。" と言って、マスターが、その時にてんしょうが呑んでいたバーボンのロックを出してきたのですが、" 結構です。" と突っぱねました。

結局、マスターの " まあまあ、てんちゃん。せっかくだから。" の言葉に、" どうも " と一言言って、いただく事にしましたが、店の中が何とも気分のよろしくない空気になってしまいました。


その間、女性 ( 男の子の母親 ) は他人事の顔でした。

男性の事を咎めもフォローもせず、男の子の事も放置状態。


気にしないでいようとしても、子どもはチョッカイを掛けてくるし、さえないおっさんは話し掛けてくるし、母親である女性は我関せずで、本当に迷惑な母子 ( +おまけのおっさん ) でした。




その男の子も、今は成人していると思います。


" 叱らない子育て " を履き違えている親や、" 叱らない子育て " で失敗したという話をよく聞きますが、その男の子、どんな大人になったのかなぁと、ふと思い出していました。

( そして、空気の読めないさえないおっさんは、一人寂しくハゲ散らかしているのでないかと、ふと思い出していました。)



プリ江の同級生の男の子の母親にも、その女性の様な人がいるので、他人事ながら、案じてしまう母てんしょうでした。






ワンコでも躾はされます。( ラッキー、" 待て " できます。)

IMG_0276

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング











火災報知器の誤作動 〜 天命の仕事 〜

今朝、プリプリ姉妹を送り出し、家事を始めようとしていた時の事。

突然、けたたましい音が鳴り響いてきました。

火災報知器の音です。

" 何か近いなぁ。" と思い、ベランダのサッシを開けると、まさに自分のいるマンションから鳴っていました。

外に出て、何処からの出火か、煙は立っているのか、と見回していると、" 誤作動にございますから、ご安心なさいな。" と聞こえてきました。

神様でした。


念の為、部屋に戻って通帳などの貴重品とスマホをバッグにいれ玄関に行くと、サイレンの音が聞こえてきました。

2台の消防車でした。

てんしょうは神様から " 誤作動 " とお聞きしていたので、部屋から外の様子を伺っていました。

玄関の外廊下沿いにある磨りガラスに、消防隊の方らしき姿が通り過ぎるのが見えました。

数人で、何か話す声が聞こえてきました。

避難を呼びかける様子もないので、てんしょうは家事の続きをし始めました。


その後、火災報知器の誤作動と分かった様で、消防車は戻っていきました。

しばらくすると、火災報知器の音も止まりました。


昨年末にも、近くのマンションで同じ様な事が起こっていました。

誤作動で良かったと思います。( 良くはないですが。)



空気の乾燥する季節になってから、あちこちから消防車のサイレンの音が聞こえてくる様になっていました。

本当に出火してしまったケースが多いと思います。

この寒空に焼け出されてしまった方々を思うと、本当に気の毒に思います。



今回、誤作動ではありましたが、火災報知器が鳴ってから間も無く、消防車が来てくれた事に感動しました。

日々の訓練も大変な事と思います。

人の命を、まさに命を掛けて守るという、尊いお仕事だと思います。


神様からお聞きしましたが、この様な人の命に関わるお仕事をなさる方というのは、天命を与えられたのだそうです。

( 中には医療従事者も含まれますが、" 人の命 < 名誉・お金 " の人は除きます。)



朝からお騒がせの迷惑な誤作動でしたが、改めて、私達は、天命を受けてお仕事をなさる方々に守られて、安全で平和な生活を営めるのだなぁと感謝の気持ちが湧いてきました。




消防隊の皆さま、ありがとうございました。

IMG_0473

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング