プリ子が無事に生まれ、2時間のカンガルーケアの後、母子共に部屋へと移りました。

個室でしたので、夜ギリギリの面会時間まで、パパ夫と母ヨキが側にいてくれました。



パパ夫、ずっとこんな感じでした。

IMG_9944


面会時間が終わり、パパ夫と母ヨキは実家へと戻って行きました。


そして、つい何時間か前までお腹の中にいた赤ちゃん、プリ子と二人きりになりました。


プリ子をてんしょうのベッドに寝かせ、ずっとその愛おしい寝顔を見ていました。


そして3時間おきに母乳を飲ませ、慣れないオムツ替えをしていくうちに、母親になったのだという実感と、何とも言えない幸福感に包まれていました。


結局この日の夜は、ホルモンバランスが乱れた事もあるのでしょうか、一睡もする事ができませんでした。


ですが、心はとても穏やかで、満たされていました。



部屋には、プリ子とてんしょうの二人きりでしたが、実は目に見えない存在の方々もおられ、てんしょうとプリ子をお守りくださっていました。


そして、その中には、天使のプリ江もいました。

" ママ、次は私が生まれるよ。待っててね。"




明日に続きます。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング