今日9月30日は、てんしょうの祖母アサの祥月命日です。

てんしょうの前世マサノリの妻でもありました。

そのアサの魂も、今はプリ子に生まれ変わり、てんしょうの娘として今世を生きております。



アサは大正の生まれで、存命なら104才になります。

てんしょうが14才の時、病気の為に亡くなったので、享年66、もっと長生きして欲しかったと思っていました。




プリ子が生まれ、言葉を理解できる様になった2才頃だったと思います。

てんしょうは " もしかしたら、プリ子は祖母アサの生まれ変わりかもしれない。" と、何の根拠もなく思いました。

それで、てんしょうの傍で遊ぶプリ子に呼び掛けてみました。


「 アサおばあちゃん。」

プリ子は、てんしょうの顔を見ました。

「 アサおばあちゃん。」

もう一度、呼んでみました。

プリ子は、ニコッと笑いました。


その当時、てんしょうにはチカラがありません。

もちろんプリ子にもありません。

けれど、その時のプリ子は、かつてその名で呼ばれていた時の様に、てんしょうに優しく笑い掛けてくれました。



プリ子に、その時の事を聞いてみました。

2才の頃なので当然でしょうが、覚えていないとの事でした。



今、このチカラを授かり、プリ子は祖母アサの生まれ変わりだという事は、天使さんに教えてもらったので分かっています。


けれど、魂の絆によって結ばれているてんしょうとプリ子は、教えてもらわずとも、お互いの存在に気付いていたのです。



26年という年月を経て、てんしょうの元に生まれ出てきたプリ子。


今世は、前世にできなかった全てをし尽くして、天寿を全うして欲しいと切に願う、母てんしょうでした。

IMG_1949

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング