皆さまが小学生でいらした頃、お小遣いなどのお金は、どの様な形で手になさっておられましたか?

てんしょうの場合は、学校などで必要な物を買う時は、親に伝えてその分のお金をもらい、それ以外は、月に決まった金額のお小遣いをもらっていました。



現在小学生のプリプリ姉妹には、学校などで必要な物を買う時は、一緒に買い物に行って、その時にお金を渡し、自分でレジに行かせています。

そして、お小遣いとしては、自分で稼ぐ形になっております。



大人は、仕事をしてお金を稼ぎます。

子どもの仕事は、勉強をする事です。

その勉強 ( 仕事 ) の成果、つまりテストで100点を取る事で、お金を手にする事ができるのです。

( それまではお手伝いをして、その分を10円ずつ渡していました。)



プリ子 「 お友達は、100点で100円もらってるって言ってたよ。」

てんしょう「 じゃあ、うちは100点で50円ね!

毎日の授業をしっかり受けて、いつも頑張って自主学習してるんだから、あなた達なら100点は当たり前にとれる!

頑張って稼いでね!」


プリプリ姉妹の学校で受けるテストは、表と裏の両面あり、てんしょうとしては両面100点で50円のつもりでしたが、プリプリ姉妹の頭の中では、片面100点で50円、両面100点で100円となっていました f^_^;

お陰様で、てんしょうのサイフから順調に50円玉、100円玉が減っていきます。



てんしょう「 でも勉強は何の為に、誰の為にするのか、それは分かってるね?」


プリプリ姉妹「 自分の将来の為。分かってまーす!」



必要な分のお金は別に渡している為、自分で稼いだお金を使う事があまり無い様で、そのお金で、小さな従兄弟や再従兄弟達にヌイグルミを買ってプレゼントしたりしていました。


それでも最近、プリ江が1万円を達成して、念願の1万円札を手に大喜びしておりました。
( このお小遣い制にしてから、両替を学びました。)

ちなみに貯金箱は、いちごジャムのビンです。

貯金箱を買って渡そうと思ったのですが、プリプリ姉妹と話し合った結果、その貯金箱を買うお金を貯金に回そうという事になりました。

しっかりしてます。


プリプリ姉妹が幼い頃、お金のしつけについて、パパ夫と話し合った事もありましたが、しっかりとお金の管理ができる様になった今、先日てんしょうがパパ夫からもらった " 株に関する本 " をプリ江が読了しておりました。

将来、社会に出て稼ぐ様になったら、株で儲けると言っていました ^ ^


プリ子は今、簡単な法律の本 ( これもパパ夫が買ってきました。) を読んでいますが、株の本も読むのだそうです。



お金の亡者にはなって欲しくはありませんが、お金の事をしっかりと考えられる人間になって欲しいと思います。

IMG_3648

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング