今朝、早い時間に目が覚め、お布団の中でいろんな事を考えていました。


その中で、過去、プリ子にいじめをしてきた者達の事が頭に浮かび、どうしようもない気持ちになってしまいました。

このいじめ問題に関しては、しっかりとした解決はなされていません。

女子二人組の内、もう一人の者は未だに、睨みつける様に見てきたり、ワザと " どいて " と言ってぶつかってくる事があると言っていました。

ですが、プリ子も多くの良き友人に恵まれ、心もより強くなり、てんしょうの心配にも、" 大丈夫。あんなのたいした事ないから。" と、たくましく成長してきました。

それでも、親であるてんしょうは心配で、中学も同じになる様ですので、そのいじめ女子に対し、卒業前に警告をしようかと考えておりました。

すると、天の声が聞こえてきました。


天の声「 その事はこちらに ( 天に ) お任せなさい。

てんしょうさんは今までも、充分に手を尽くされました。

あの者達 ( いじめ女子達 ) 、心改め自分のしてきた事を後悔するも、そのまま悪しき道に進むも、その者達の選ぶ事。

いづれの道を選ぶも、あの者達は地獄を見ましょう。

天は、心改め、その上での後悔に苦しみ、人の痛みを知るきっかけになる事を、望むところにございます。

プリ子ちゃんは大丈夫にございます。

心の優しいお子にございますから、中学に入っても、良きご友人に恵まれましょう。

てんしょうさんは心穏やかに、子育てにお励みなさい。

心配されずとも、プリ子ちゃんもプリ江ちゃんも、真っ直ぐな良きお子にお育ちにございますよ。

これからもお守りしてゆきますから、ご安心なさいな。」


有り難いお言葉に、涙が出ました。





先日、母子がいじめを苦にして、心中をしてしまったというニュースが流れました。

残された父親の記者会見に、胸が痛みました。

わずか7・8才の幼い子どもが " しにたい " と訴えているのです。

両親は手を尽くした様ですが、家族皆、地獄を見ました。

学校も教育委員会も、いじめをする者やその親達も、誰もかれもが最悪だと思いました。



けれど、例え我が子が " しにたい " と訴えたとしても、親が子に手をかけては絶対になりません。

母親は心療内科に通うほど、追い詰められていた様ですので、後先も分からなくなってしまったのでしょうか。



プリ子もてんしょう家族も当時は、地獄を見ました。

その家族の気持ち、痛いほど理解できます。


せめて、その母子がお空に上がれます様にと、神様にお願いさせていただきました。

幸いにも、その願いは届いた様です。




いじめをする者の心。

できるものであれば、悪しき道には進まず、その悪しき心を改め、自分のした事を後悔し、人の痛みを知り、その事で苦しみ、一生背負っていってほしいと思います。

IMG_4986

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング