キラキラネームで、いじめを受ける子どもがいるというお話をよく耳にします。


昨夜、プリプリ姉妹とキラキラネームの話をしていました。


てんしょう「 〇〇って名前を付けたいって思っている親がいるとして、あなた達がその名前を付けてもらったとしたら、どう思うかな?」

プリ子「 さすがに、ちょっとイヤかな?」

プリ江「 うん。イヤだと思う。
△△ってあだ名になったりして、からかわれそう。」

てんしょう「 そうかもしれないね。
キラキラネームっていうんだけど、名前でいじめられる事があったり、漢字が読み辛くて何度も説明しないといけなかったり、こういう名前の子どもが大人になって、自分で改名するっていう事が結構あるんだって。」

プリ子「 なんか、かわいそう。」

プリ江「 もし、そんな名前付けられたら、プリ江も名前変えると思う。」

てんしょう「 それは、付けた親にとっては悲しい事だと思うけど、付けられた本人にとって、生きていく上で辛さが付きまとうのであれば、変えたいって思うよね。」

プリ子「 もう少し、考えて付ければいいのに。」

てんしょう「 考えて付けて、そうなったんだと思うよ。
でも、親も、自分がその名前で呼ばれた時にどう感じるかとか、他人がその名前を聞いた時にどう思うかとか、そういう事まで考えてないと、そうなってしまうんじゃないかな。」

プリ江「 自分がその名前で呼ばれて、イヤな名前は付けないよね。」

てんしょう「 そうだね。
名前って、この世に生まれて初めてもらうプレゼントだから、親はそのプレゼントを一生懸命に考えると思うのね。
ママもパパも、あなた達の名前、生まれる何か月も前から考えてたよ。」

プリ江「 ママ、プリ江ね、プリ江って名前で良かったと思う。
ありがとう!」( ※ 実際はプリ江ではありません。)

プリ子「 プリ子も!プリ子で良かった!
ありがとう!」( ※ 実際はプリ子ではありません。)

てんしょう「 気に入ってくれて、ありがとう!」



名前って大事だと思います。

一生ものなのですから。



ですが、世間がキラキラネームと称しているお名前であったとしても、ご本人が気に入っておられ、親の愛を感じているのであれば、それが一番だとも思います。



そして、キラキラネームの意味、" 自分が一番輝ける名前 " になっていってほしいと思います。




てんしょうの本名。

どっぷり昭和です。

けれど今は、とっても気に入っております。

神様、ありがとうございました。

この名前を付けてくださって。

( 過去記事 2017.11.13 " 神様の名付けとてんしょうの名付け親 " をご覧くださいませ。)

IMG_4983

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング