昨日、プリプリ姉妹と夢の話をしていました。

するとプリ子が、宙に浮いた夢を見たと言いました。


夢の中で、寝室から廊下に出て、居間に入ったそうなのですが、ずっと宙に浮いていて、低空飛行をしている感覚だったそうです。

それはとても気持ち良く、ふわふわと漂いながら、目に見える物全てがリアルだったと言いました。

そして、夢から醒めても、その心地よさは残っていて、今も身体に覚えているそうです。


プリ子「 これって何だったのかなあ。
ママ、神様に聞いてみて。」


神様「 魂のお散歩ですね。
プリ子ちゃんの身体から魂が抜け出て、魂だけがお部屋の中を歩いていたのです。
足は無いので、宙に浮いていたのですね。」


てんしょう「 幽体離脱してたとか?」


神様「 そうとも言いますね。」


プリ子、夢かと思いきや、幽体離脱をしておりました。

さすが我が子。


けれど、外へ出て行かなくて良かったと思いました。

外へ出て行って、帰って来られなくなったら、そのままお空の天使さんになってしまいますので。


天使のエイジくん「 大丈夫だよ、ママ。
もし、プリ子ちゃんの魂がお外のお散歩に行ってしまっても、僕達がプリ子ちゃんの身体まで、連れていってあげるからね。」


そうでした。

プリ子には、エイジくんとキャシーという、頼もしい天使さん達がいて、守ってくれていました。




てんしょうも以前、リアルに空を飛ぶ夢を見た事が何度もあります。

それも、幽体離脱だったそうです。

とても気持ち良く、上空から見る夜景の美しさに感動した覚えもあります。

けれど、無事に魂が身体へ帰って来れて、本当に良かったと思います。




プリ子は、宙に浮く感覚は気持ち良くて楽しかったけど、神様のお話を聞いて、もう幽体離脱はしたくないと言って、怖がっておりました。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング