脳死状態の27才の女性が、8月に女の子を出産されました。

脳出血を起こし、脳死判定を受けてから4か月後の事でした。



脳死状態になってから出産までの117日間、女性のご家族や病院のスタッフの方々は、深い愛情でもって、お腹に命を宿す女性を支え続けました。

妊娠34週目、帝王切開にて、元気な産声を上げながら、その命は誕生しました。


チェコという国の、奇跡の出来事でした。



てんしょうは、この事をネットニュースで知りました。

ニュース映像には、女性の姿もありました。

ベッドに横たわる女性の傍らには、女性のお腹にそっと手をやる、その女性自身の姿がありました。

神様がその姿を、てんしょうの頭の中に、映像として送ってくださいました。

魂は、身体の外へと出ておられたのだそうです。


魂の女性の眼差しは、お腹の中の我が子に注がれていました。

愛おしそうに、そのお腹に手を置き、微笑む女性。


てんしょうは、涙が溢れてきました。


ニュース映像では、生まれた赤ちゃんがおくるみに包まれ、保育器に入れられる所も流れていました。

魂の女性も、スタッフに抱かれている赤ちゃんを、そっとその手で包んでいました。



出産を終えた女性の延命治療は終わりました。


無事に出産を終えた魂の女性は、母親の顔をしていました。

これからも天使となって、赤ちゃんを見守っていかれるのだと思います。



奇跡の出産によって、この世に生まれ出た赤ちゃん。


周りの方々と、天使さんになられたお母さんの深い愛情に包まれ、スクスクと育っていかれる事と思います。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング