てんしょう、20代で一人暮らしを始め、料理も自己流ですが毎日作っていました。


料理を作れば、食器も使います。

食器は、母ヨキがてんしょうの花嫁道具の一つとして、ひと通り用意してくれた物を使っていたのですが、パパ夫と結婚した時 ( 一人暮らしを始めてから10数年後 ) には、ほとんど残っていませんでした。

何故なら、独身の時に、頻繁に割ってしまっていたからです。


この世に生まれ出てから、てんしょうの身体の中には、悪しき者達が7〜8人住み憑いていました。

その時の事は、過去記事にも書かせていただいております。
( 2017.11.6 〜 2017.11.10 " てんしょうの中にいた者達 " をご覧くださいませ。)


悪しき者達は、てんしょうの失敗を望み、ことごとく邪魔をしてきました。

何をしても中途半端な結果になったり、予想以上の失敗をしたり。


てんしょうが何かをしようとすると、てんしょうの中に住み憑いていた悪しき者達がそれを察知して、てんしょうに失敗させようと目論むのです。


その様な事が、自分の身に降り掛かっている事に気付かなかったてんしょうは、いつも心の何処かで " 私の人生、こんなもの " と半ば諦めていたところがありました。

その頃のてんしょうの失敗は、お皿を割るだけでは済まなかったのです。

下手をすれば命に関わる事も、幾度となくありました。

それでも今、こうして命があるのは、神様・仏様がお守りくださったからでした。

ただただ、感謝しかありません。


今思えば、あの頃のてんしょうは、決して乱暴な動作をしているつもりはなくとも、身のこなしが雑だったのだと思います。

それが悪しき者達の仕業だと知ったので、腹が立つ反面、てんしょう本来の所作ではないと神様に仰っていただけたので、心から良かったと思いました。


お陰様で、てんしょうの中の悪しき者達がいなくなってからは、お皿の数も減る事なく、日々、穏やかに過ごせております。



おっちょこちょいな所は、てんしょう本来のものだと自覚しておりますので、そこの所は、パパ夫やプリプリ姉妹には申し訳なく思っておりますが・・・。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング