恐山に到着したのは、11時近くでした。


近付くに連れ、6年前に見た景色が蘇ってきます。

多少の風雨はありましたが、台風を思わせる様なものではありませんでした。

駐車場には、結構な台数の車が停まっていました。



" ようこそ、いらっしゃいました。お待ちしておりましたよ。" 


頭の中に聞こえてきました。

地蔵菩薩様でいらっしゃいました。




駐車場から撮らせていただいた写真です。

FullSizeRender

IMG_9226

こちらの案内によりますと、" 不動明王は地蔵菩薩の化身 " とあります。

以前よりお不動様と深いご縁をいただいているパパ夫が、何度も恐山に足を運んでいるのも、また今回の旅も、お不動様のお導きだという事がよく分かります。

IMG_9436


FullSizeRender


拝観料を納め、いざ、霊場 恐山へ。

IMG_9149

IMG_9150


活火山である恐山一帯には、硫黄臭が漂っています。

参道を挟んだ両側には、温泉施設があります。

境内にありますので、その湯に浸かれば、直にパワーをいただけます。

FullSizeRender



早速、地蔵殿にて、地蔵菩薩様にご挨拶をさせていただきました。

他の参拝客の方がおられましたので、お参りの後に、境内を歩きながら地蔵菩薩様とお話しさせていただきました。

てんしょうは " てんしょうの元に未成仏の者達が来たら、地蔵菩薩様にお連れいただき、お空へと導いてくださる様にしていただけませんでしょうか。 " とお願いしました。

" 承知しておりましたよ。あの者達の事は、お任せなさい。" 

地蔵菩薩様は、快くお返事くださり、お約束くださいました。




次にお不動様を参拝させていただきました。

お不動様に通じる参道をのぼっていきます。


IMG_9164

↑ 分かりますでしょうか。時折、強い風が吹いて、プリ子の傘がひっくり返っています。




奥の院 不動明王でいらっしゃいます。

真正面から撮りたかったのですが、ふと " 横からお撮りなさい " と聞こえ、他の参拝者もおられたので、その様に撮らせていただきました。

イケメンのお不動様、視線がカメラ目線です。

こういう事だったのですね ^ - ^

よく見ると、下にいらっしゃる狛犬さんもカメラ目線でした。

FullSizeRender

2度目まして ( 初めましてではなく ) のお不動様ですが、パパ夫と同様、しっかりご縁をいただく事ができました。




恐山という名にふさわしい荒涼とした景色が広がっていますが、天候は兎も角、とても穏やかな気が流れていました。

IMG_9166

IMG_9173


火山地帯なので、岩が熱を持っています。

お賽銭が岩にへばりついて、変形しています。

IMG_9439


千二百年程前にこの霊場恐山を開かれた、慈覚大師円仁様がお祀りされている大師堂です。

カラフルな風車がお供えされています。

FullSizeRender

IMG_9181

FullSizeRender

千手観音様とプリプリ姉妹。

IMG_9452




極楽浜です。

そして、遠くに見えるのが " 宇曽利湖 " です。

今回の目的地の一つ、天国に一番近い湖です。

FullSizeRender




明日に続きます。





悪天候の為、全部は巡れませんでしたが、受付でパンフレットをいただいたので、地図上を目で巡ってみました。


皆さまも、御目にて霊場恐山巡りをお楽しみくださいませ。

IMG_9437
IMG_9438

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング