2017年11月

☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

テンキ君とカウントダウン そして誕生

天使のテンホだったワンホちゃん。

1才の時、母サリのお腹に赤ちゃんができました。

天使のテンキ君です。

天使のテンホと一緒に、両親へのクリスマスプレゼントとして、お手紙を送りました。
( 内容は、過去記事 2017.10.25 と 2017.10.26 の " テンキの手紙 " をご覧くださいませ。)

そのお手紙通り、出産予定日が2017年5月になりました。




そして、お腹に入る時がきました。

1月のカズロウお父さんの誕生日にと決めていました。

その夜、テンキ君がてんしょうの元に来ました。

テンキ 「 今日はお父さんの誕生日です。
お誕生会でみんな集まっていますから、今、お腹に入りたいです。」

カズロウ叔父、キミ叔母、サリ、エイ、そしてワンホ、勢ぞろいでした。

てんしょうはすぐに、キミ叔母に電話をかけました。

てんしょう 「 今、テンキ君来てますよ。
今からお腹に入りたいそうです。」

キミ叔母 「 いよいよだね。
今日はみんな揃ってるから、お腹に入る瞬間に立ち会えるんだね。」

てんしょう 「 テンキ君、皆さんにありがとうございますって言ってます。
元気に生まれてきますって。」

キミ叔母達 みんな「 元気に生まれてきてね!
みんな、待ってるよ!」

てんしょう 「 では、皆さん、準備はいいですか?
サリちゃんのお腹に手を当てて!」

キミ叔母 「 当てたよ〜!」

てんしょう 「 カウントダウン、始めます!」

てんしょう・キミ叔母達 みんな 「 10・9・8・7・6・・・」

テンキ君も家族と一緒に、サリお母さんのお腹に手を当て、数えながら、身体を丸くしています。

てんしょうの頭の中にその映像が届いています。

「 5・4・3・2・1 ‼︎ 」

1を数えた瞬間でした。

「 行ってきまーす!」

スーッとお腹の中に入っていきました。


てんしょう 「 今、テンキ君、お腹に入る瞬間に、" 行ってきまーす " って言ってたよ!可愛い声で!」

サリ 「 じゃあ、生まれてくる時は、" ただいまー!" かな?」

電話口から幸せそうな笑い声が聞こえてきました。






その数ヶ月の後、" ただいま!" と生まれてきました。


" 家族がみんな幸せな気持ちで、誕生を待っていてくれる。"


テンキ君は、自分が生まれる時を待ち遠しく思ったのでしょう。

望んだ日よりも1週間あまり早く生まれてきました。

そして、ワンキ君 ( 母サリが考えた仮名 ) となって、お姉ちゃんのワンホちゃんと一緒に、スクスクと元気に成長しています。




神様 「 ワンホちゃんもワンキ君も、私達の可愛いお子達です。
これからもずっと、二人の成長を見守っていきますよ。」
















今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング 



☆ てんしょう おすすめのひとしな ☆

生まれてきてくれた大切な赤ちゃんに。

神様が、祝福のベルを鳴らしてくださいます。


皆さまも おひとついかがですか?

               ☆ てんしょう ☆

護摩焚き

昨日の事、用事があり外出をしました。

用事を終え、そのまま帰ろうと思ったのですが、せっかく出て来たのだから、パパ夫やプリプリ姉妹の衣料品でも買いましょうと、近くのアーケード街に向かいました。

そのアーケード街には、お不動様がいらっしゃいます。

いつもなら、お不動様にお参りしてから買い物をするのですが、昨日は何故か、先に買い物を済ませ、帰り道にお不動様に寄らせていただきました。( この様な事は初めてです。)

すると、参道にある仏具屋さんの方がお客さんに、" 護摩焚き、始まったばかりだよ。" と言う声が聞こえました。

 " 護摩焚き " の日だったのです。

始めから見せていただくのは初めてでした。

信仰なさっている大勢の方々が、お経の本を開いて、お坊さまと一緒に唱えていらっしゃいます。

てんしょうも、こんな経験は滅多にないと思い、本堂に上がらせていただき、後ろの方に立って、知っているご真言の所だけ唱えさせていただき、いつもお守りいただいているお礼の気持ちをお伝えしました。

こちらのお不動様には、てんしょう家族と、母ヨキ、ミオ叔母、キミ叔母もご縁をいただいています。

" これからも、どうぞおチカラ添えをお願い申し上げます。" とお伝えした時です。

声が聞こえてきました。



「 ようこそ、お越しなさった。
一度、護摩焚きを体感していただきたかった。
今日は、ゆっくりしていかれなさい。」



天の声 「 お不動様です。
てんしょうさんを護摩焚きの時間に合わせて、導かれたのです。」

てんしょう 「 じゃあ、いつも先にお参りしてるのに、何故か今日は帰りにって思ったのは・・・。」

天の声 「 お不動様のお導きです。」

てんしょう「 嬉しいです!
お不動様、ありがとうございます!」



護摩焚きの炎と太鼓の大きな音で、身も心も浄化されていくのが分かる気がしました。



下の写真は、その時のものです。お不動様に許可をいただいて撮らせていただきました。

写真からもお不動様のおチカラ ( 波動 ) が出ていると、天の声からお聞きしました。

てんしょうは、この写真に手をかざすと、熱を感じます。

スマホ自体のものとは別に、炎の熱を感じるのです。
















最後は、お参りに来られていた方々が、炎のすぐ横まで行って、煙を手で身体にかける様にしてご利益をいただく為、行列ができました。

手には皆、お数珠を持っておられたので、皆この日のこの為に来られたのだと思い、てんしょうは列から抜けました。

隣にいらした女性の方が、並ばないの?と声を掛けてくださったのですが、てんしょうは、お数珠も持たずにお参りさせていただいていたので、そっと下がって、本堂から出ました。

本堂の外から、" 今日はお導きくださり、ありがとうございました。本当に嬉しかったです。今度は、家族で参ります。" とお伝えしました。




帰り道の事。


てんしょう 「 お不動様が、護摩焚きの時間に合う様にしてくださったんですね。」

天の声 「 左様にございます。よろしゅうございましたね。
お不動様もお喜びでした。 
参道を出る所まで、てんしょうさんの側にいらっしゃいましたよ。」

てんしょう 「 恐れ多い事です。
用事は明日でもいいかなって思っていたんですが、何故か今日行かないとって思い直したのも、この事があったからなんですね。」



道中、天の声と会話し、幸せだったなぁと思い出しながら歩いていたので、もしかしたら、ニヤニヤした変なおばさんに見えたかもしれません。



皆さまも、お近くにお不動様のお祀りされているお寺がありましたら、是非、護摩焚きを体験なさってみてください。

炎の美しさ、大きな太鼓の音、大勢の方が唱えるご真言。

てんしょうは、身も心も引き締まりました。







そして下の写真は、パパ夫達と行った河原でした焚き火の炎。

鮭のホイル焼き、焼きおにぎり、焼き芋をして楽しみました。


天の声 「てんしょうさんがシャッターを押すタイミングで、" 火 " という字を作ってみましたよ。」

すごい!
















今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング 



☆ てんしょう おすすめのひとしな ☆

お不動様。

本当にかっこいいです。

てんしょう、すっかり不動明王ファンになりました。


皆さまも おひとついかがですか?

               ☆ てんしょう ☆

物を捨てる時

何年か前から、" 断捨離 " という言葉が出てきて、物を持たない生活スタイルというものが提唱される様になりました。

ですが、捨てるって、なかなかできないものです。

少なくとも、てんしょうは。

必要がなくなって、もう何年経ったかなと思う物は、手放していかないと、どんどん増えていきます。

それで、必要ないのに、思い出深くてとか、まだ使う時が来るかも、と思って溜まってしまった物を、思い切って手放す時、てんしょうは、その物達に " 今までありがとう " と声を掛け、ゴミ箱に入れる時にお塩をひとつまみかけます。

そうする事によって、てんしょう自身も手放す決心がつくのです。

その物達を、捨てるというよりも、お疲れ様という気持ちで送り出します。

物には魂が宿ると天の声からお聞きしました。お塩をかけるのは、" 成仏してください。" に似た気持ちです。

気は心という事で、手放しやすくなりました。

プリプリ姉妹も、てんしょうに似て、捨てられない子達です。

ですが、この方法をとる様になったら、必要の無くなった物を手放す事が出来る様になり、より物を大切にする様になりました。



皆さまは、どの様になさっていますか?

捨てられないと仰る方、一度お試しくださいね。
















今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング 



☆ てんしょう おすすめのひとしな ☆

伊勢神宮近くのおかげ横丁で売っている物で、売り上げの一部を伊勢神宮へ奉納するそうです。( それにより、お伊勢さんのご利益がいただけるのだとか。)

アロマと天然塩の入った " お清め塩スプレー " 。

ダブルの力で浄化できます。


皆さまも おひとついかがですか?

               ☆ てんしょう ☆

落ち武者 金縛り

ダブルで恐ろしワードを並べてしまいました。

怖いのダメ〜って方はスルーをお願いいたします。







随分前の事です。

てんしょうが20代の若かりし頃、たまにですが、弟タカとドライブを楽しんでいました。

当時、タカには彼女がおらず、てんしょうもヒマな時はタカに付き合って、お買い物をしたり、呑みに行ったりして遊んでいました。
( 彼女ができた途端、姉には目もくれなくなりましたが。まあ、それで良しとする          
 ̄^ ̄ )




そんなある時、タカが、" 今度の休み、千本🌲原行ってみない?" と誘ってきました。

ウソか誠か、そこには ".落ち武者 " が出ると聞いた事がありました。

てんしょうは、怖いもの見たさもあり、行く事にしました。





約束をしたその夜の事。

自分の部屋で寝ていたのですが、ドアが開く音がした様な気がしました。

ドアを背にして横になっていたのですが、誰かが入ってくる気配を感じました。

寝ているベッドのふちが沈む様な感覚があり、ドアの方に顔を向けた時です。

目が合いました。

合った途端、身体が動かなくなって、耳の中で大量の蝉が鳴いている様に、耳鳴りがしてきました。

合わせている目。

落ち武者の目でした。

ザンバラの髪が肩まで下がり、甲冑を着た身体に何本かの矢が刺さっています。

血も出ていました。

怨みに満ちた血走った目から、目を離せず恐怖の中にいましたが、結構冷静に
" 電気をつけなきゃ。" と動かぬ手を必死に伸ばし、枕元のスタンドのスイッチを入れました。

明るくなったと同時に、落ち武者は消えていきました。





行こうと約束しただけなのに、そんな事が起こるのは、その時は思いもよらなかったのですが、てんしょうの中にあの者達がいたからでしょう。

あの者達が呼んだのです。
( 天の声もそう仰っています。)


弟よ。その様な恐ろしい所に誘うでない。

姉は怖かったぞ。( 行く気になった姉も悪かったが。)




そんな事があった為、その場所には行きませんでした。( 行けませんでした。怖くて´༎ຶོρ༎ຶོ`)




2017.11.18の記事、" 絶対に行ってはいけない " にも書きましたが、やはり、イワクツキの場所へは行かないでください。

行くという約束をしただけで、こんな恐ろしい思いをしたてんしょうの体験をお信じください。


行かれるなら、その様な場所ではなく、神社やお寺にしてください。

神様や仏様からおチカラを授けていただいてください。

明るいお日様の元、楽しく暮らしていたら、幸せもスキップしてやってきます。

皆さま、どうぞ日の当たる場所に目をお向けください。
















今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング 



☆ てんしょう おすすめのひとしな ☆

当時のてんしょうに贈りたい " 金剛鈴 "。

音で魔を祓ってくれます。

あの時、枕元にあったら、鳴らしまくるはずです。


皆さまも おひとついかがですか?

               ☆ てんしょう ☆

写真にオーブが

撮った写真にオーブが写っていたという事、ありませんか?

オーブとは、一見シャボン玉の様に見えますが、いわゆる霊魂だそうです。


てんしょうの身体の中に神宮が出来てからは、その様な事は無くなりましたが、それまでは、よくオーブを撮ってしまっていました。

パパ夫もそんな写真をよく撮っていました。




以前住んでいた街で、家探しをしていた時の事です。

当時、妊娠していてあまり身動きができなかったてんしょうの為に、パパ夫が内覧をしてきた家の内装や間取りなどを、カメラで撮ってきてくれました。

その中の1軒の写真に、これでもかという位の数のオーブが写っていました。

何百と言っていいほどの数です。

家は新築なのに、何かオドロオドロシイ感じがして、その写真を見ると鳥肌が立つのです。

建ってる場所は袋小路になっていて、周りに小さな工場や銭湯があったかと思います。

袋小路で、日当たりもあまり良くない為、入り込んで来る悪しきものが、通り抜けられず、溜まってしまっている様でした。

その家は言うまでもなく、却下となりました。





子どもが生まれる前に行った旅行先でもありました。

その地元の歴史民俗館みたいな所に、その土地のお祭りを再現したジオラマの様な物が展示してありました。

そのジオラマの中に、踊っている姿の人形が100体ほど配置されているのですが、その人形の顔が妙にリアルでした。

館内は薄暗く、笑顔で踊る人形が浮き出て見えます。

他にお客さんもいなくて、薄気味悪いとしか言えず、ずっと鳥肌が立っていました。

そんな所でパパ夫が写真を撮ってくれました。

薄気味悪い、満面の笑みで踊る人形達をバックに。

てんしょうの足元にいくつかのオーブが写っていました。

怖くなり、すぐにそこから出ました。





写るオーブには、良い魂の方の場合もあります。

プリ子が生まれた時に、プリ子に会いに来てくれたいとこのブンセイ君とサリちゃんを、プリ子と一緒に撮った写真にも、オーブが写っていました。

「 僕でーす!エイジ君でーす!」

ブンセイ君とサリちゃんにとっては、祖父にあたります。

赤ん坊だったプリ子の側に来ていた天使のエイジ君も、ブンセイ君とサリちゃんと一緒に写ったのでした。




皆さまも、写真にオーブが写っていて、見ていて嫌な感じがしなかったら、もしかしたら、亡くなってしまった大切な方がピースサインで写ってきてくれたのかもしれません。


「 エイジ君もピースしてたんだよー!」

ですって。






















一昨日、パパ夫とドライブした山に、昨日プリプリ姉妹を連れて行きました。

パパ夫とプリプリ姉妹、早速雪遊びです。

プリ江がパパ夫に、雪玉攻撃!!
( 雪玉、大き過ぎ!)





















続いて、プリ子も!!





















今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング 



☆ てんしょう おすすめのひとしな ☆

楽しそうなカメラ、見つけました。

アームが長く、グニャグニャ曲がるので、手首や自転車に巻き付けたりして撮れるそうです。

自然の中の精霊のオーブ達も、気付かない内に撮れていたりして。



皆さまも おひとついかがですか?

               ☆ てんしょう ☆