2018年10月

☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

出産予定日だった日

12年前の今日は、プリ子をお腹に宿してから、産婦人科の先生よりお聞きした、出産予定日でした。


10月23日。


この日付を聞いた時、てんしょうは先生に、" 祖父の誕生日が10月24日なんです!" と言っていました。

が、それはほぼ、無意識のうちに発した言葉でした。

先生は、" まぁ、そうなの!?すごいですね!" と仰いました。


産婦人科を出て、てんしょうは、" 確かにおじいちゃんの誕生日と一日違いだけど、何で先生に伝えていたんだろう。" と思っていました。



何故かが分かりました。

天使のエイジくんが、てんしょうの頭の中に、念を送ってきていたからでした。

10月24日が誕生日のおじいちゃんとは、現在プリ子を守ってくれている天使のエイジくんの事です。


エイジくんの前世は、祖母アサの夫で、てんしょうの祖父トキオでした。

妻であるアサの魂が、てんしょうのお腹に入った事で、お腹の赤ちゃん ( プリ子 ) を守る為にてんしょうの側にいて、産婦人科へ妊婦検診に行ったてんしょうの頭の中に、自分の誕生日だという事を伝えてきたのです。


つまり、アサの魂はお空にいる時に、10月24日の夫トキオの誕生日を自分の誕生の日として申請し、神様から承認を得ていたのです。


結局、プリ子はもう少し早く生まれてきたのですが、無事この世に生まれ出た事を、天使のエイジくんはとても喜んでくれたそうです。





皆さまのお誕生日、もしくは出産予定だった日は、ご自分の大切な どなたかのお誕生日と同じだったり、近かったりしませんか?


もしかしたらご自身で、大切な方と同じ誕生日を誕生の日として、神様に申請なさり、承認をお受けになった日かもしれません。



そう考えると、より天に親しみを感じる事ができるのではないでしょうか。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング




暴力を振るう事

相手を叩いたり、蹴ったりする人がいます。

親でも、躾と称し、我が子を殴る人がいます。

親に暴力を振るわれて育った人間は、相手に手を出す事が多いと言われています。


また、言葉の暴力も然りです。




神様から、この様なお話をお聞きしました。


暴力を受けた方には、その方を守護なさっておられる目に見えない方々がいらっしゃいます。

また、暴力を振るう人間にも、守護の方はいらっしゃいます。


暴力を受けた側の守護の方は、暴力を振るう人間に対し、お怒りになられます。

反対に、暴力を振るう側の守護の方は、その相手の方に申し訳なく思い、相手の守護の方に謝罪なさり、肩身の狭い思いをなさいます。



その暴力があまりに酷く、その人間に反省の心が無い場合、いつか天罰が下ります。

因果応報とも言えると思います。


その時、暴力を振るった人間の守護の方は、その天罰を甘んじて受けさせます。

それは、暴力を振るった人間の為でもあるからです。



こういった事からも、人に暴力を振るうという事は、その方の後ろにいらっしゃる守護の方にも、また自分の守護の方にも、暴力を振るっているのと同じであると言えます。

目には見えずとも、いつも側でお守りくださっている、守護神様やご先祖さまの顔に泥を塗っているのです。





ある女性に話し掛けられ、立ち話をしていた時の話です。

その女性の側に、10歳の息子さんがいました。

その息子さんは、早く家に帰りたかったのか、グズグズ言い出しました。

てんしょうも急いでいたので、話を切り上げ、さよならの挨拶をしようとしていたところ、その息子さんが女性の足を蹴り出しました。

てんしょうは驚いて 「 お母さんを蹴っちゃいけないよ。」と言いました。

その息子さん、ムッとした顔で、てんしょうの顔を一瞥して、また2・3回蹴っていました。

するとその女性「 この子は言っても聞かないから、しょうがないんですよ。」と言いました。


その息子さん、プリ江の同級生で、普段からお友達を叩いたりしているそうでした。




また、プリ江の別の同級生で、人が嫌がる様な事を言ってくる女の子がいるそうなのですが、ある日プリ江が突然、その子に頭を叩かれた事がありました。( プリ江からは、その子へ接触した事がありません。)

頭を叩かれた事に抗議すると、「 頭叩いたくらいで、そんなに怒ることないじゃん。」と言ったそうです。





暴力を振るう親の元に育った子どもが、いつか暴力を振るう様になり、大人になって家庭を持ち、DV (ドメスティックバイオレンス ) で自らの家庭を壊していくという事が現実にあります。

決して、大袈裟な話ではありません。


人様の躾に対し、物申すほどできた母親ではありませんが、幼い頃から、人に対し暴力を振るう事はいけない事だと教え諭す事は、親としての義務であると思います。

それは何より、その子どもの為だと思います。






我が子の様に大切に思い、守護なさっておられる、目に見えない存在の方々のお心を裏切らない為にも、暴力 ( 言葉の暴力も ) をしない、させない事は、この世を生きる上でとても重要な事だと、改めて感じております。

IMG_2651

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング






歳を重ねると言う事

てんしょうが若い頃は、自分が歳をとるという事など、考えもしていませんでした。


結婚し、子どもが生まれ、日々子育てに追われている時も、年齢の事など、気にしてはいませんでした。

気にする暇もありませんでした。


ここ最近、プリプリ姉妹も自分の事はほとんどできる様になり、お手伝いも、幼い頃の好奇心だけでしていた頃とは違い、後で親がコッソリやり直しをしなくてもいい位、完ペキにこなす様になりました。


ようやく、自分の時間が持てる様になってきました。


そんな中、化粧をする為、1.8倍に映る鏡で ( 老眼が進んでいる為 ) 自分の顔を見ている時、自分の歳を意識せざるを得ない程の、地球の重力を恨めしく思う程の、複雑な気持ちが心の中に渦巻きました。( 大袈裟?)


普段から鏡は見ているのですが、さほど気にもせず、じっくりと見る事などありませんでした。


が、その時はじっくりと見てしまいました。


1.8倍に映る鏡の中に、歳をとったてんしょうの顔がありました。


身体のあちこちに少しずつガタが出始め、歳をとったなあと思う事はあっても、お腹がポコっと出てきたなあと思う事はあっても、顔の事など気にもしていませんでした。




数年前、パパ夫と二人、夜お酒を呑みながら、こんな話をしていた事を思い出しました。


パパ夫「 プリ子もプリ江も大きくなったなあ。

子どもが成長する分、自分達も歳をとっていくけど、プリ子達がいい子に育ってくれてるから ( 親バカ )、自分の年齢が気にならないよ。」


てんしょう「 そうだね。

子ども達が大きくなった分、自分も歳をとるけど、歳をとる事が怖くないかな。

でも、プリ子達、まだ小さいから、老け込んではいられないけどね。」


パパ夫「 そうだな。

歳は重ねても、老け込んではいられないな。

気持ちも身体も、健康で若くいないとな。」




人は歳をとるもの。

身体も年齢に応じて衰えが出れば、顔だって同じ。



てんしょうは、今まで気にしていなかった年齢による衰えに、向き合う事ができました。


地球の重力に負けてきたホッペも、ほうれい線も、子どもの外遊びに付き合ってできた顔のシミも、全てを受け入れる事ができました。

若い頃と違い、貫禄が出てきた様にも見えました。( 図々しくなった?)


そして、この歳を重ねた身体も顔も、愛おしく思える様になりました。




街を歩いていると、美しいと思える程のお年寄りをお見掛けする事があります。


内面からにじみ出る品を感じるのです。





てんしょうは将来、人様を見させていただく事になると思います。


その時、見させていただく方に安心して来ていただける様な、そんな存在になりたいと思っております。


外見は、内面から出てくるものとして、心に磨きをかけていきたいと思います。


天の声「 てんしょうさんは、信頼の置ける能力者として、人様から慕われる事になります。

今も、お身内の相談に乗っておられますが、皆、てんしょうさんを心から信頼なさっておられますよ。

てんしょうさんの言葉には、お相手を思う心があります。

そこに惹かれるのでございましょう。」


てんしょう「 その様にお褒めいただいて・・・。

って褒め過ぎですっ!

でも、自信になります。

素直に受け止めます。

ありがとうございます!」




その時が来るまで、心穏やかに歳を重ねていきたいと思うてんしょうでした。

IMG_2650

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング








プリ子のかけがえのないお友達

6年生になって、プリ子に3人の仲の良いお友達ができました。

いつもその4人組で遊んでいるそうです。


その中に、プリ江の本名と同じ名前のお友達がいるのですが、その子とは幼稚園から一緒でした。

そのお友達は双子の姉妹の妹さんで、プリ子はお姉さんの方とよく同じクラスになっていた様でした。

その双子の姉妹さんは二卵性で、性格は、お姉さんはピアノの上手な、可愛らしい穏やかな女の子で、妹さんは空手を習っていて、試合でメダルを取る程の腕前で、礼儀正しく爽やかな女の子です。
( この姉妹さん、前世は夫婦だったそうです。神様 談 )


幼稚園が同じという事もあり、その姉妹さんのお母さんも顔見知りですが、ご挨拶くらいしかした事はありませんでした。

けれど、そのお母さんも感じの良い方で、てんしょうは " プリ子が、この姉妹さんみたいな子達とお友達になってくれたらいいのになあ。" と思っていました。


プリ子はその妹さんと、お悩み相談し合う程の仲良しになりました。


4人組の仲良しになったのは、修学旅行がきっかけでした。

宿泊部屋を決める時に、その3人のお友達がプリ子を誘ってくれたのだそうです。

修学旅行を機に、4人はより仲良しになった様で、学校から帰っても、そのお友達の話ばかりです。



プリ子にとって、かけがえのない大切なお友達。



以前、心無い2人組の女子から酷いいじめを受けていた頃 、学校へ行くのが辛く、登校するにも困難な時期がありましたが、今ではそんな過去なんか無かった様に、休みの日でも、" ずっとお友達と学校にいたい!" と言う程までになりました。

( その2人組のいじめのターゲットが変わった様で、プリ子はそのターゲットにされたお友達を、相談員の先生の所に連れていった事があったそうです。

ターゲットになったお友達も、プリ子の様な穏やかな女の子です。)



てんしょうにも、小学生の高学年の頃、そんな仲良しグループにいた思い出があり、" 今、プリ子は本当に楽しい学校生活を送っているのだなあ。" と、胸が熱くなります。


そんな学校生活の中でも、子どもなりにストレスがある様ですが、そのお友達とグチをこぼし合ったり、今時の子どもならではのYouTube話とかで盛り上がったり、残り少ない小学校生活を満喫しています。


プリ子を守ってくれている天使のエイジくんとキャシーも、今のプリ子を安心してみていられる様です。

てんしょうも、常に心穏やかに過ごせています。

本当に有り難い事です。



天の声「 プリ子ちゃんは誠に心の美しいお子にございます。

今のご友人も皆、心穏やかなお子ばかりですのでご安心なさいな。

皆、良きお子に成長しておられますよ。」




来年は中学生になるプリ子。

多感な年頃になってきますが、優しく穏やかなプリ子のままに、お友達と青春時代を謳歌してほしいと思う、母てんしょうでした。






プリ子、授業参観の時に描いていた自画像。

IMG_2643

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング






いろんな形の 親子関係

姉妹の様な、兄弟の様な親子関係の方がおられると思います。

また、親子でも、ドライな関係だったり、親子の立場が逆転している様な関係だったりする方もおられます。

いろんな形の親子関係がありますが、そこには少なからず、前世が関わっている事もあるのだそうです。( 神様 談 )



例えば、前世で仲の良かった姉妹が、姉が先に生まれ変わり、その後、妹が姉だった人の元に生まれてきたとします。

姉も妹も、今世で女性として生まれ変わっていたとしたら、母娘になるのですが、姉妹の様な関係に見える親子になったりするのです。


そういった事から、同じ母親から生まれた子どもでも、パパっ子になったり、ママっ子になったりします。


また、おじいちゃん子だったり、おばあちゃん子になったりするのも、同様に、前世に関係してくる場合があるのです。



てんしょうの場合で言うと、てんしょうの幼い頃はおばあちゃん子でした。

そのおばあちゃんは、プリ子の前世である祖母アサの事です。

そして、てんしょうの前世は、アサの夫マサノリでした。

( てんしょう・プリプリ姉妹の前世について、過去記事 2017.10.5 〜 2017.10.12 の " 魂の絆 " をご覧くださいませ。)

てんしょうとプリ子は、母娘の関係ですが、母てんしょうから見たプリ子は、少し大人びた感じがしていました。

幼い頃から穏やかで、思いやりがあり、幼いながらに、しっかりとした自分を持っていると、母てんしょうは思っていました。

それが、祖母アサに重なっていたのです。

そして、てんしょうの前世マサノリが、幼い子ども達を妻に託し戦地に赴かなければならなくなった時の、その時の魂の記憶が蘇り、戦時中に三人の幼い子どもを持った母として、強い心を持った妻アサを頼もしく思うのです。

だからか、てんしょうとプリ子の関係は、母娘ベッタリというよりも、昔の信頼関係の中にある夫婦の様な親子だと感じています。


逆に、前世がマサノリとアサの次女ジュンだったプリ江は、てんしょうにとっては、そのまま我が子である次女プリ江で、プリ子にとっても、一つ年下の妹というよりも、もっと年の差を感じている様な、可愛くて仕方ないという存在の様です。



てんしょうの身内でも、前世の分かっている人達の関係を見ていると、なるほどと思う親子関係だったりします。





皆さまも、ご自分やお身内の親子関係をご覧になってみてくださいませ。


もしかしたら、前世の関係が見えてくるかもしれません。






前世は父母と娘、↓ 今世は母と二人娘。

IMG_2641

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング