2018年10月

☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

懐かしのメロディー 

今月末、プリプリ姉妹の学校行事 " 音楽発表会 "があります。


プリ子が、ランドセルからプリントを出して、てんしょうに見せてきました。

今年の6年生が、発表会で演奏する曲の楽譜です。


題名を見たてんしょう、テンションが上がりました。



" 銀河鉄道 999 " と " 宇宙戦艦 ヤマト " 。



どちらも、漫画家 松本零士先生の作品が、アニメ化された時の主題歌です。



" 銀河鉄道 999 " の方は、1978年 ( てんしょうが小学6年生の頃 ) から、テレビで放映されていた、アニメの劇場版の主題歌です。


当時、大人気だった " ゴダイゴ " という日本のバンドが作った名曲で、大ヒットしていました。


昭和の時代、それまでの日本人歌手の中では、聞いたことのない曲調で、子どもながらに " カッコいい!" と思い、歌番組で見ては熱中しておりました。




" 宇宙戦艦 ヤマト " は、1974年から放映されていました。

当時のてんしょうは、小学2年生。

少し難しい内容でしたが、てんしょうの弟タカが見ていたと思います。

こちらの曲調も独特で、とても印象に残っていました。



この2つの曲を選択された6年生担当の先生も、てんしょうと同じ年代の方だと思います。


早速、プリ子達と一緒に、YouTubeで聴いてみました。


40年程前の子どもの頃の記憶が、頭の中を駆け巡っていく様な感覚になりました。


おじいちゃんもおばあちゃんも健在だった頃の、幼かったてんしょうの記憶が蘇ります。


目頭が熱くなりました。





上記の2曲を検索していたら、YouTube に沢山の懐メロがアップされているのを知りました。


1970年代の、てんしょうが子どもだった頃に流行っていた名曲を聴きながら、当時を語りつつ、夕飯を摂りました。



ゴダイゴですと、実写版 " 西遊記 " で 流れていた " モンキーマジック " と " ガンダーラ"。

今は亡き、 女優 夏目雅子さんが三蔵法師を演じました。

美しいお坊さまでした。


そして " ビューティフルネーム " 。

世界中の子ども達の幸せを願うその歌詞には、真の平和を求める、作者の心が込められています。




クリスタルキングの " 大都会 " 。

" ああー!果てしないー、夢を追い続けー!"

あの素晴らしい声量に、魅了されました。




他にも、キャンディーズ、ピンクレディ、新御三家 ( 西城秀樹・野口五郎・郷ひろみ )、山口百恵、フィンガー 5、沢田研二・・・。

挙げ出すと止まらなくなってしまいます。



当時、今の様にゲーム機などのツールはなく、学校のお友達との共通の話題といえば、1978年から放映された " ザ ベストテン " という歌番組でした。

毎週の歌のランキングを、10位から1位までお友達と予想したり、歌手の真似をしたりしていました。

特にピンクレディの振付けは、テレビにしがみ付き、皆必死になって覚えていました。
( 今でも踊れます。踊ってみせたら、プリ江にウケました。)



渋いところでは、1974年にヒットした デュオ " さくらと一郎 " の " 昭和枯れすすき " 。


" 貧しさに負けたー。" ( 一郎 )

" いいえ、世間に負けたー。" ( さくら )

( こうはなりたくないものです。)


てんしょうが勤め人だった頃、会社の宴会にて、一人二役で歌っていました。

年配の男性 ( 親父 ) にウケていました。




ウケると言えば、もう一つの十八番、なりきり 山本リンダ。

" どうにもとまらない " は、ストレス発散で歌っていました。


" 噂を信じちゃいけないよっ!私の心はウブなのさっ!いつでも楽しい夢を見て、生きているのが好きなのさっ!"



あぁ、本当に懐かしい・・・。




天の声「 誠に懐かしゅうございますね。

てんしょうさんも、よく歌われておられました。

皆で楽しく、てんしょうさんの歌声を聴いておりましたよ。

プリ子ちゃん、プリ江ちゃんの発表会も楽しみにございます。」



懐かし過ぎて、スッカリ ( ウッカリ ) 発表会の事を忘れてしまいました。


てんしょうも、プリプリ姉妹の演奏がとても楽しみです。


当日は、パパ夫も一緒ですので、夫婦仲良く行ってまいります。


天使のエイジくん、キャシー、ソウくん、スミレちゃんも、プリプリ姉妹に並んで演奏するそうです。
( 目には見えませんが。)


プリ子、小学校最後の音楽発表会。


しっかりとその姿と歌声を、心とまぶたの裏に焼き付けておきたいと思っております。






↓ 昭和枯れすすきっぽい景色。( まんま ^ ^ )

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング






みちのく 岩手の旅 〜 最終日 〜

3日目の朝。

良いお天気です。

FullSizeRender



食堂で朝食を摂っていると、てんしょう家族が泊まった部屋の、お向かいさんご家族が入って来られました。


家族構成はよく分からなかったのですが、おばあちゃまがおられました。

おばあちゃまは、お給仕なさっているスタッフの方に、話し掛けておられました。



おばあちゃまの少し興奮気味の大きな声で、お話の内容が分かってしまいました。



おばあちゃま、槐の間や宿泊部屋で、たくさんのオーブを見られたとの事。


目の前で、オーブ達がヒュンヒュン飛んでいたそうです。


そして、そのご家族の中の若いお嬢さん ( お孫さん?) と、その飛び交うオーブをご覧になられていたのだそうです。



" 見える人には見えるのだなあ " と、パパ夫と話しておりました。



座敷わらしさんはお話されない様で、うちの座敷わらしのユアくんとも、お話した事はありません。

ユアくんは、てんしょうの声掛けに、うなずいたり、首を振ったりして、答えてくれます。



てんしょうにはまだ、見えない存在の方々を見るというチカラが無い為、その存在の方々から、頭の中へ映像を送っていただかないといけません。


気配は感じていたので、話し掛けてはみたのですが、お返事は聞こえませんでした。


きっと、ユアくんみたいに、うなずいたりしてくれていたのだと思っています。





チェックアウトの時、宿の女将さんがいらっしゃいましたので、写真をご一緒いただきました。

IMG_2590

穏やかな、物腰の柔らかい素敵な女将さんでした。

スタッフの皆さんも良くしてくださり、プリプリ姉妹にも、優しくお声を掛けてくださっていました。





宿を出発する前、無事に帰れる様、亀麿神社へ祈願に行きました。

IMG_2535


パパ夫は、お隣りのお稲荷様で、熱心にお仕事祈願です。

IMG_2537


鳥居のところまで、わらしさん達が手を振って、見送りに来てくれました。
( その様な映像が頭の中に入ってきました。)

IMG_2534





神社を出て、駐車場の車に乗り込む時、宿の門まで、女将さんがお見送りに出てきてくださっていました。


女将さんのお隣りには、わらしさん達が立っていて、手を振ってくれていました。


女将さんとわらしさん達のお心が、胸に沁みました。







愛車Bに乗って、いざ、我が家へ。


来た道を戻ると、こんな看板がありました。

IMG_2543

" この次は あえるかも・・・座敷わらし " 





パパ夫「 今回、座敷わらしには会えなかったけど、プリ子とプリ江が、うちの座敷わらしだよ。

幸せを運んできてくれるからな。」


てんしょう「 そうだね。

私達夫婦は、プリ子とプリ江から、幸せをもらってるのよね。」


パパ夫 「 健康で、真っ直ぐに育ってくれて、有り難いな。」


てんしょう「 私もそう思う。」


親バカ2人の会話ですが、心からそう思えました。




2泊3日の " みちのく 岩手の旅 " は、家族の絆を深める旅でもあった様に思います。





うちの座敷わらし、プリプリ姉妹。

帰りの車では、グッスリでした。

プリ江の頭の上に、プリ子のマクラと頭が。

いつもは、これが逆になります。

IMG_2591




天の声 「 誠に良き旅にございました。

宿のわらしさん方、てんしょうさんによく懐いておられましたよ。

プリ子ちゃんとプリ江ちゃんがオモチャで遊んでおられる時も、一緒に楽しんでおられました。

お子達の遊ぶ姿は、心癒されるものにございます。」




今、こうしてブログを書いているてんしょうのヒザには、座敷わらしのユアくんが座ってくれています。




おしまい。

IMG_2593


5日間に渡ってお送りしました " みちのく 岩手の旅 " 、いかがでしたでしょうか。


座敷わらしさんの姿は見えませんでしたが、わらしさん達の可愛らしい気配は感じる事ができました。



パパ夫の後日談がございます。


今回の旅の翌日が出張だった為、仙台に着いて、すぐに新幹線で、東京に戻って行きました。

出勤し、出張の為、駅のエスカレーターに乗っていた時の事です。

パパ夫の持つカバンが、後ろにクイッ、クイッ、クイッと3回、軽く引っ張られました。

誰だと思い、後ろを見たのですが、誰もいません。

カバンは、手すりの反対側に持っていた為、何かに引っかかった訳でもありません。

パパ夫は、" わらしが着いてきたかな。" と思ったそうです。
( パパ夫にもほんの少し、チカラがあります。)

その後、仕事が順調に進み、良い事がたくさんあったと言っていました。


これから、少しずつ願いが叶っていくのかもしれません。


てんしょうの願いも・・・。




皆さまも機会がおありでしたら、是非、座敷わらしの宿をご体験くださいませ。

座敷わらしさんが、幸せをもたらしてくださる事と思います。






今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング







みちのく 岩手の旅 〜 座敷わらしの宿  夜編 〜

夜9時少し前、宿の庭や亀麿神社を探検しました。


空には満天の星が輝いていました。



宿の門へと続く道です。

IMG_2477


IMG_2479


神社の中は、灯りがついていました。

IMG_2482


IMG_2485



中庭には、座敷わらしさんのトーテムポールが立っています。

IMG_2465


IMG_2466






そろそろ就寝の時間。

ベッドの部屋 ( プリプリ姉妹の ) と、お布団の部屋 ( パパ夫とてんしょうの ) を仕切る障子に映る影。


FullSizeRender

お布団に寝転がりながら撮った写真です。

障子の手前には、てんしょうとパパ夫がいます。

障子の向こうには、プリプリ姉妹がおどけて立っているのですが・・・、気のせいでしょうか。

3人いる様に見えます。







そして、夜中の2時。

草木も眠る 丑三つ時。


プリプリ姉妹とてんしょうの3人で、" 槐の間 " に行きました。

( この時パパ夫は夢の中。明け方に一人で行ってきたと言っておりました。)



IMG_2517

木彫りの座敷わらし人形がある床の間にだけ、灯りがついていました。




床の間を背にして、撮った写真です。

FullSizeRender

2つの白い光は、電気です。


ご注目いただきたいのは、右上のピンク色の何かです。


周りには何もありません。


昼間はこんな感じです。

IMG_2350

画面左側の、すだれから向こう側は、白い障子があるのみです。



神様によりますと、座敷わらしさんのお着物の一部が写り込んだのだそうです。


槐の間の座敷わらしさん、うちの座敷わらし ユアくん、天使のエイジくん、キャシー、ソウくん、スミレちゃん、皆仲良く遊んでいました。


その時に写った様でした。




真夜中の槐の間。




人間が寝静まった頃、薄暗い部屋の中、幼い子どもの魂は、音も無く走り回って遊んでいるのです。




天使のエイジ「 夜中にママ達 ( てんしょう達 ) がお部屋へ来た時も、ママやプリ子ちゃんのおヒザに、わらしさんがお座りしていたんだよ。

ママの背中におんぶしてた子もいたよ!」



気配は感じるものの、おんぶまでは気付きませんでした。


ですが、慕ってくれるわらしさん達が愛おしく、心癒されるてんしょうでした。





明日に続きます。

IMG_2501

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング






みちのく 岩手の旅 〜 座敷わらしの宿  昼間編 〜

みちのく 岩手の旅 2日目。


この日も素晴らしくお天気が良かったです。

IMG_2570


岩手山サービスエリアにて。

IMG_2571


IMG_2272


岩手山、雲がかかっていました。

IMG_2278




紅葉が青空に映えます。

IMG_2287


二戸市の象徴、男神岩 ( 180m ) と女神岩 ( 160m ) の夫婦岩。

IMG_2300

夫婦、仲良く並んで、そびえ立っていました。

IMG_2302



こちらの田んぼは、稲刈りが済んでいました。

FullSizeRender






到着!

" 座敷わらし伝説の宿  緑風荘 "。

FullSizeRender


車を降りて、荷物を出していると、一緒に来てくれていた座敷わらしのユアくんが、宿の門へ走っていき、てんしょうを見ました。


「 お友達の座敷わらしさん達に早く会いたいのね。」


ユアくん、頷きました。


「 先に行っててね。」


ユアくん、ニコッとして、走って門の中へと入っていきました。






チェックインして、まずは座敷わらしさんのおられる " 槐の間 " へ。

IMG_2348



IMG_2350


床の間に、木彫りの座敷わらしさんがおられました。

IMG_2343


こちらは、槐の間のお隣りの部屋、待合室。

IMG_2346


IMG_2349




同じ敷地内にある、亀麿神社へお参りに行きました。


IMG_2390


IMG_2367

早速、撮れました。↓ オーブ。

FullSizeRender


横に伸びる枝に、何人かお座りしてこちらを見ているわらしさん?がいます。

( 目には見えませんが、神様が頭の中に映像を送ってくださいました。)

IMG_2365






槐の間の座敷わらしさんにお供え物をして、ご挨拶です。

青い着物は、うちの座敷わらし プリ江です。

IMG_2448


IMG_2453


「 座敷わらしさん、遊びましょ!」

IMG_2578


FullSizeRender



座敷わらし!?

FullSizeRender

↑ それらしく編集してみました。

実はプリ江です。( 知ってます。)



↓ オーブ、撮れました。

FullSizeRender


↓ 少し横へと、移動している様です。

IMG_2563



↓ これは、宿に置いてあったアルバムの中の一部です。

家事で焼失してしまう前の、築300年の緑風荘で撮られたものです。

IMG_2526


おびただしい数のオーブが写っています。

IMG_2525


てんしょうは、この様には写せませんでしたが、神様が仰るには、このオーブ達、幼い子どもの魂だそうです。


てんしょうが " 槐の間 " に座って、プリプリ姉妹が遊んでいるのを見ていた時、うちの座敷わらしのユアくんと一緒に、小さなわらしさん達が、かわるがわるヒザの上に座ってきていたのだそうです。

ユアくんには気付いていたのですが、小さなわらしさん達には気付きませんでした。

" お母さん " という存在として慕ってくれたそうで、とても嬉しく、暖かな気持ちになりました。








夜、お食事タイム。

IMG_2584


IMG_2583


FullSizeRender


IMG_2585

美味しくいただきました (^人^)

満腹。満福。






そして、部屋に戻ると・・・。

IMG_2589


お誕生日サプライズ。

FullSizeRender



もうじき、12才になるプリ子。

IMG_2588


宿の方の、ステキなお心遣いでした。






明日に続きます。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング








みちのく 岩手の旅 〜 カッパ淵へ 〜

数時間のパパ夫の運転で ( 神様のサポート付き ) 、岩手県遠野市に着きました。


のどかな風景に、心癒されます。

FullSizeRender



山肌にウエルカムメッセージ。

FullSizeRender



まずは腹ごしらえ。

初めていただいた、岩手名物の " ひっつみ "。

IMG_2098

トリの出汁が効いていて、とっても美味しくいただきました (^人^)



↓ パパ夫、プリプリ姉妹に本気で嫌がられていました。

IMG_2557


お店の前の安全太郎さんに、交通安全祈願。

IMG_2558



カッパ淵 到着。

IMG_2102



まずは、カッパ淵手前のお寺様にご挨拶。

IMG_2112


江戸時代からいらっしゃる、身の丈3.25mの仁王様。

あ? ( " お '' の口に見えません?)

IMG_2158


うん。

IMG_2157





狛さん、良いお顔なさってます。

IMG_2117



IMG_2119




IMG_2116




カッパ淵へ。


パパ夫がプリプリ姉妹に言いました。


パパ夫「 いいか?カッパがいたら、お尻をおさえるんだぞ。

尻子玉抜かれたら大変だからな!」


プリプリ姉妹「 ・・・。」


相手にされませんでした。

IMG_2121



天の声 「 カッパさんが手を振っておられますよ。」


神様が頭の中にカッパさんの映像を送ってくださいました。

水かきの付いた手を振ってくれています。

頭の上には、ヒラヒラの付いたお皿が乗っかってます。

この時、3人のカッパさんが見えました。

IMG_2124

IMG_2152

IMG_2153



向こうに見える後ろ姿は、うちのカッパ男 ( パパ夫 ) 。

IMG_2131



きゅうりで、カッパさんを釣るのだそうです。

IMG_2567



プリ子が、「 このきゅうり、かじられてる!」と・・・。


カッパさん、きゅうりには見向きもしてませんでしたが。

IMG_2146


引き込まれたら大変! ( 思うのは自由。)

IMG_2135



カッパさんが祀られていました。


母さんカッパの胸には、赤ちゃんカッパ、かわいいです。

IMG_2133

お供え物もされています。

IMG_2134



こちらは、カッパ淵から少し離れた所で、観光客の方はおられませんが、こちらにもカッパさんがおられました。

水かきの手を振って、見送ってくれました。

IMG_2171


ふと木に目をやると、巨大な女郎蜘蛛が!

IMG_2174



田畑の間にある道を通って、駐車場に戻ります。


カボチャの上にバッタがとまっています。

IMG_2177


こちらでは、紅葉が見られました。

東北の秋は深いです。

FullSizeRender


駐車場に売店がありました。

IMG_2204


カッパさんが歓迎してくれました。

IMG_2560



お土産に遠野産の栗蜜を買いました。

これを買ったのは、ハチミツ好きなパパ夫です。

IMG_2569



真ん中は、うちのカッパ男 ( パパ夫 )。

IMG_2559



駐車場の周りは黄金色。

てんしょうとプリ子の影です。

IMG_2199


駐車場の反対側には、茅葺屋根の家。

趣きがあります。

IMG_2206



カッパ淵の駐車場を出て、しばらく走ると、黒いうごめく何かを発見しました。

何だろう。

IMG_2210


牛さんでした。

FullSizeRender

牛さんに 「 こんにちは!」と声を掛けると、一斉にこちらを向いてくれました。

IMG_2213


「 牛さん、さよなら〜!」と言うと、行ってしまいました。

言葉が分かったのか、てんしょうの念を読んだのか・・・。

IMG_2214




ホテルへ向かいます。

FullSizeRender


IMG_2231


趣きのない、ビジネスホテルで一泊。

IMG_2566


ダブルの部屋を2部屋予約し ( 4人部屋が無くて )、パパ夫・プリ江ペア、てんしょう・プリ子ペアの部屋割りのはずが、夫婦と姉妹に分かれる事に。


プリプリ姉妹、うるさい親 ( 早く寝なさい とか言ううるさい母 ) から離れて、ガールズトークで夜更かしした様です。



一方、久々の夫婦水入らずの夜 ♡

こちら、旅疲れで、早々にダウンしてしまいましたとさ。

歳には勝てぬ。



こうして、みちのく 岩手の旅、一日目が終わりました。



明日に続きます。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング