昨日のネットニュースで知りました。



栃木の市立小学校教員 ( 42才 ) が、6年生児童に、いじめに関する新聞記事を読ませ、いじめに関する作文を書かせました。


その中に、実際にいじめを受けている児童の作文がありました。

いじめをしている者の実名や、されている事が記してありました。

その作文には、ご丁寧に " その痛み、つらさを知っているからこそ、人に優しくなれる。負の連鎖をどこかで断ち切ろう。" という、担任の感想が赤ペンで書かれ、他の作文と一緒に貼り出されました。

そして、その作文が貼り出された事により、いじめをする者達などの目に晒される事になり、いじめは更にエスカレートしていき、その作文を書いた児童は不登校になりました。



まだ、こんな教師がいるのかと、嘆かわしく思います。( むしろ、こんな教師の方が多いのでしょうか?)


この児童は、どんな思いでこの作文を書いたのでしょうか。


赤ペンで、さもご立派な事が書いてありますが、この教師には、この作文を書いた児童が何を求めているのか、想像する頭と心が無いとしか言いようがありません。

実際に「 児童の気持ちに思い至らなかった。」と言っていたそうです。


児童の家に謝罪に来た校長達に対し、児童は言いました。


「 僕が死んだら対応が変わったのですか。」


この児童の心を思うと、胸が痛くなります。



この教師も、教育の現場から外すべきだと思います。

IMG_9760

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング