今朝、パパ夫が帰ってきたので、久しぶりに愛車Bに乗って山の中のカフェに行ってきました。


9月に看板犬アキがお空に上がってしまい、11月末にお墓参りに行った時、カフェのマスターから、12月にアキの妹を迎える事になったと聞いていました。

パパ夫がそれを覚えていて、会いに行ったのです。



名前は " ラッキー " 。

" ラッキー " と呼ぶと、" アキー " と呼んだ時の響きと似ている事に気付きました。


この子が、新看板犬のラッキーです。

FullSizeRender

アキが小さかった頃に似ています。

つぶらな瞳がたまりません。


肉球です。

これまた、たまりません。

IMG_9932



声と匂いを覚えてもらう為に、早速抱っこ攻撃!

IMG_9930


からの、お顔接近攻撃!

IMG_9890



アキはこの攻撃ですっかり懐いて、ヒザの上で寝てしまいましたが、ラッキーは人見知りをする子だそうで、隙を見ては逃げてしまいました。


プリ子「 姉妹でも、性格は違うね。」

てんしょう「 プリ子とプリ江みたいね。」


皆、頷きながら笑いました。


笑っている皆の傍らに、天使のアキが座って、ラッキーを抱っこしているプリプリ姉妹の顔を見上げていました。


" アキ、妹を見守ってるんだなぁ。"  




カフェを出てから、アキのお墓参りに行きました。


アキの眠っている所に、天使のアキがこちらを見ながら座っていました。

" アキ、ラッキーが来てくれてよかったね。これからもラッキーを見守ってね。ありがとう。"


アキは途中まで、見送ってくれました。






家に帰ってから、パパ夫がいない時に、プリプリ姉妹にアキの事を話しました。


てんしょう「 今日ね、ラッキーを抱っこしている時にね、アキが側にいたんだよ。」

プリ江「 ・・・アキ、呼んだら、ここ来てくれるかなぁ・・・。」

てんしょう「 ・・・天使のエイジ君が連れてきてくれるって言ってるよ。」

プリ江「 あー、無理は言わないよー。」

てんしょう「 来てくれたって。プリ江の足元にいるよ。」


てんしょうが手の甲を差し出すと、アキはクンクンと匂いを嗅ぎ、ペロッと舐めました。

アキがいつもしてくれていた事です。


プリ江は、その様子を見ながら、静かに涙をこぼしました。

プリ江にアキは見えませんが、気配は感じたのかもしれません。


アキはすぐに帰っていきました。

ラッキーの側にいたいのでしょう。


アキを送っていった天使のエイジ君「 アキちゃん、嬉しそうだったよ。プリ江ちゃんと遊んでた頃の事、思い出してたよ。」





いつかアキは、ラッキーの元に生まれ変わってきます。


その時を楽しみに、ラッキーとも仲良しになりたいと思います。

IMG_9931

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング