パパ夫と小旅行を楽しんで、さあ帰りましょうと車に乗り込んだ時、キミ叔母から携帯に電話がありました。

キミ叔母から電話がある時は、スピ的な質問か、相談だと思い、隣りにパパ夫がいるので、ちょっと出るのを躊躇したのですが、滅多に掛かってこない人なので、出てみました。

案の定、スピ的なお話でした。


キミ叔母「 4・5日前から数日間、後ろに誰かいるような気配がしてたんだけど、誰なのかなと思って、てんちゃんに聞きたくて電話したの。
今、大丈夫?」

てんしょう「 主人と松島に来ててね、プリ子もプリ江もお友達と遊びに行っちゃって、夫婦2人旅なの。
お昼に牡蠣食べて、今車に乗った所。」


これで察してくれたキミ叔母は、牡蠣の話に持っていってくれました。( パパ夫の前ではスピな話はできない為。)

キミ叔母も過去、2回あたった事があったそうです。


キミ叔母「 美味しいから、あたった時の辛さ忘れて、また食べちゃうのよ。」


そんな話をしながら、またこちらから電話する旨を伝えて、切りました。



パパ夫が東京に戻り、プリプリ姉妹が勉強で静かな時に、キミ叔母の後ろにいる方がどなたか知っている方はいないか、聞いてみました。


すると・・・。


「 僕のお父さんだった人だよ。」


天使のエイジ君でした。


エイジ君の前世トキオの 父だった人が、キミ叔母の側で守護してくれているという事でした。


キミ叔母には、今、孫として生まれてきたワンホとワンキがいますが、この2人が天使だった時には、キミ叔母を守護してくれていました。

その2人がこの世に生まれ出た時、トキオの父がお空から降りてきていたのです。


キミ叔母の前世は、トキオの息子ヒロシでした。

トキオは、妻と息子を戦争で亡くしています。

トキオの父は、孫にあたるヒロシを不憫に思っておりました。

お空でも、可愛がっていたそうです。


その後、夫 ( てんしょうの前世 マサノリ ) を戦争で亡くしたアサ ( プリ子の前世 ) とトキオは再婚をし、トキオの末娘として、この世に生まれてきたのがキミでした。


キミがこの世に生まれる時にお空から見送ったのも、トキオの父でした。

   
トキオの父は、亡くなってから80年以上は経っていますが、生まれ変わるタイミングがなかったのと、孫のヒロシ可愛さに、ずっと守護していたそうでした。


キミ叔母の言う " 4・5日前から数日間の気配 " は、あまりに近付き過ぎて、キミ叔母に察知されてしまった事が分かり、怖がらせてはいけないと思い、気配を消したのだそうです。




この事を昨日、キミ叔母に電話で伝えました。


すると、キミ叔母も気配を感じる何日か前に、ふと、父トキオのお父さんってどんな人だったのかなぁと考えていたそうです。

突然にふと思ったのは、その時にトキオの父がキミ叔母に念を送ったからでした。

トキオの父は、自分の存在をキミ叔母に知って欲しかったのです。



てんしょうが話し終えると、声が聞こえてきました。

" 伝えてくれて、ありがとうございます。"

トキオの父でした。


キミ叔母は嬉しそうに、電話を切りました。




プリ子が学校から帰ってきた時、天使のエイジ君に、電話の話をしました。( エイジ君はいつもプリ子と一緒です。)

エイジ「 うん、ありがとう、ママ。
お父さん、とっても喜んでいたよ。
キミ叔母ちゃんに自分の事を知ってもらえて。」



このトキオの父、キミ叔母のすぐ上の姉スミの前世の夫でもありました。

つまり、スミの前世は、トキオの父の妻であり、トキオの母であり、キミ叔母の祖母でもありました。


ややこしくなりましたが、人はこうして、魂の絆で結ばれて、この世での関係から、絆はどんどんと強くなっていくのだという事が分かりました。


親戚や身内同士の距離感・人間関係から見ても、魂の絆の強さや深さは分かってくると思います。



魂の絆は、お空に上がっても、この世に生まれ変わってきても、決してなくなる事なく、永遠に続いていくのです。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング