今日、プリ子が学校から帰ってきて、お風呂に入っている時に、てんしょうは天使のエイジ君とお話をしていました。


てんしょう「 エイジ君、いつも、お茶の時間にプリ子の所から来てくれて、神様方に御給仕してくれるけど、遠いのに大丈夫?」

エイジ「 大丈夫、遠くなんてないよ。
それに、僕もおやつ食べたいし!」

てんしょう「 そっか、ありがとう。」

エイジ「 ううん、ママもありがとう!」


こんな会話をしていたてんしょうでしたが、ふと見ると、プリ子に言い付けていたある事を、していない事に気付きました。


てんしょう「 まったく、もう!言っておいたのに!プリ子はーっ!」

エイジ「 ママ、プリ子ちゃんを叱らないでね!」


エイジ君に、優しく諭されました。


このエイジ君とのやりとりをプリ子に話しました。

すると・・・。


プリ子「 ふふふっ♡」


照れながら、笑っておりました。


何だか、プリ子と天使のエイジ君の間にある、あたたかな絆を感じました。


前世では、夫婦だったプリ子とエイジ君。

今度は親子になります。


てんしょう「 今度は親子になるんだよね。
夫婦みたいにラブラブな関係ではないけど、いいの?」

エイジ「 うん、もっともっと、深くて強い絆になるんだよ。
僕、プリ子ちゃん大好きだから、もっと大切にするよ。」


" そうか〜 " と思いました。


思えば、てんしょうの前世マサノリとプリ子の前世アサも夫婦でした。

マサノリが戦死し、戦後にアサとエイジ君の前世トキオは再婚しています。
( トキオも妻子を戦争で亡くしております。)

マサノリもトキオも、アサの夫にあたるのです。


そして、トキオとアサは、てんしょうの祖父母にあたります。


魂の絆は、こうして強く深く繋がっていくのだなぁと、改めて思いました。





エイジ「 ママ、いつもありがとう!」


明るくて、優しいエイジ君。

穏やかで、優しいプリ子。


てんしょう「 エイジ君、こちらこそ、ありがとう。これからも、プリ子をよろしくお願いします。」


きっと、素敵な親子になるのだろうなぁと、ほのぼのとしてしまう、母てんしょうでした。






一昨日の節分で、恵方巻にかぶりつくプリ子。

エイジ君は100本食べたそうな。

IMG_0542


今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング