昨夜、突然に表明された " 全国小中高 特別支援学校 一斉休校 " 。


新型肺炎の感染拡大防止の為、3月2日 月曜日から春休み明けまで、学校が休みになります。


てんしょうはネットニュースで知りました。



プリプリ姉妹に伝えると、小学校の卒業式を間近に控えたプリ江は泣いてしまいました。

残り少ない学校生活の、最後の思い出作りができない状態になってしまったからです。

来週には、" 卒業生を送る会 " も予定されていました。



学校の関係者の方々も混乱をしているのではないかと思います。

期末試験や成績表、入学試験など、多くの問題が残され、当事者になる子ども達の心の負担にもなっていくと思います。



学校関係者だけでなく、幼いお子さんをお持ちの働くお母さん方の困惑も報道されていました。 

家が留守の間の、子どもの居場所を考えなければならないのです。



子どもの健康と安全の為と言うならば、もっと早い対応が必要だったのではないか、という事も言われています。


あまりにも突然過ぎて、何の準備もなく休校にされ混乱してしまう事も、子を持つ働く親御さんの苦悩も、社会に及ぼす影響も、何も考えていない様に思えます。





今朝のプリ江、笑顔で登校してはいきましたが、朝食の時の様子は、沈んだ顔をしていました。


昨日のプリ江、どの様な形になったとしても、せめて卒業式だけはしてほしいと言っていました。

卒業間近な子ども達も皆、同じ気持ちと思われ、不憫に思えてしまいます。




いつも後手後手の国の方針に、子どもまでもが巻き込まれる現実に、苛立ちを隠せません。






ランドセル姿のプリ江。

プリ江にとって、今日が最後の小学校登校日という現実に、胸が痛みます。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング