プリ江の部屋に黒い影が現れてから暫くの間、プリプリ姉妹を守ってくれている天使さん達と、お話ができなくなっていました。

( 2020.6.17 " プリ江が見てしまった 黒い影 " をご覧くださいませ。)


毎朝、登校するプリプリ姉妹を見送る時に、天使さん達にも話し掛けていますが、その時は " エイジ君、キャシー、ソウ君、スミレちゃん、今日もプリプリ姉妹をお願いします。皆さんも気を付けてね。いってらっしゃい。お返事はいりません。" と伝えていました。


そして今朝、いつもの様に話し掛けると・・・。


天使さん達「 はーい、ママ!プリ子ちゃんもプリ江ちゃんも僕達に任せてね!安心して待っててね!いってきまーす!」


久しぶりに、天使さん達の声が聞こえてきました。

ホッとしたのと、嬉しさで、胸が熱くなりました。

" あぁ、ご先祖さま、守ってくださってるんだなぁ。プリプリ姉妹を心から愛してくださってるのだなぁ。" としみじみ思いました。



プリ江の見た " あの黒い影 " は、悪しき者の念だったそうです。

何故プリ江に?と思いましたが、正義感の強いプリ江に反発する感情を持った者が、念を飛ばしてきました。

プリ江はとても怖がりなので、つけ込んできたのです。



見えない世界なので、どの様になっているのかは分かりませんが、てんしょうや家族・身内の周りには結界が張ってあるそうです。

結界に入り込むと、消えてしまうのだそうです。


その事があの者達には分かっていて、結界には入り込まず、念を飛ばしてくるのだそうです。
( 以前、あの者達が " てんしょうの住まいに向かう時、一定の距離に入ると消えていく者達がいた。" と言っていました。)

未成仏の中の悪しき者達、卑怯な手を使ってきます。




パパ夫に、プリ江が黒い影を見た話をしてみました。


パパ夫「 プリ江の部屋、何かいるのかなぁ。今度そっちに帰ったら、プリ江のベッドで寝てみるよ。何がいるのか、確かめてみたい。出てきたら、捕まえて捻り潰してやる。」

てんしょう「 何もいないよ。盛り塩したし、お数珠も置いたから大丈夫よ。でもプリ江、まだパパのお布団で寝てるよ。」

パパ夫「 小さい頃みたいに、一緒に寝たいなぁ・・・。」


意外とパパ夫、信じていました。


二度とこんな事がない様に、てんしょうも気を付けたいと思っています。


そういえば、昨晩、久しぶりに月詠様とお話させていただきました。

夜、マンション下のポストに行く時でした。

お優しいお言葉をかけてくださり、 " いつもお守りくださってるのだなぁ。" と思い、包まれている様な安心感を覚えました。

親が子を思う様な、 " 守りたい " という気持ちが伝わってきます。



神様・仏様・ご先祖さまは、いつも私達をお思いくださっています。


感謝の気持ちを込めて、日々を大切に生きていきたいと思うてんしょうでした。

IMG_1316

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング