先週の日曜日、プリ江が熱を出しました。


微熱でしたが2日続いたので、学校を休ませ、近くのクリニックへ連れて行く事にしました。

準備している間、このご時世なので、心配そうなプリ江に " 大丈夫だよ。心配なら、スマホで 'コロナ 症状 ' って検索して読んでごらん。" と伝えました。

読みながら、プリ江、涙目でした。

コロナの症状の一部が、プリ江の症状に当てはまっていたのです。

微熱と筋肉痛がそれでした。


てんしょう、プリ江のその様子を見ていたら、動悸がしてきました。

けれど、これ以上、プリ江の心を乱してはいけないと思い、平静を装っていました。


クリニックに着いて、長い待ち時間があったので、プリ江にはスマホを貸して、てんしょうは隣に座っていたのですが、動悸が治まらず、顔も熱く、変な汗が出ていました。


その待合室には、血圧計が設置してありました。

自分の身体も心配になってきて、血圧を測ってみました。


上が147、下が86!


数値が130を超えると、高血圧だそうで、かなり上回っていました。


その数字を見て、更に動揺し、動悸が激しくなっていきました。


とりあえず、プリ江の隣に戻り、静かに目を閉じました。


身体に何か出てきてもおかしくないお年頃のてんしょう。

更年期障害か、高血圧症かと思いました。


プリ江が診察室に呼ばれ、口コミで高い人気の院長先生が診てくださいました。

結果、扁桃腺の炎症からくる熱でした。

症状の一つの筋肉痛は、体育の授業で激しいダンスをしたため、休校中になまった身体が悲鳴をあげていたからでした。


まずはプリ江、一安心。


会計を待つ間、もう一度血圧を測ってみました。


上が138、下が76まで下がっていましたが、まだ動悸はありました。


プリ江を心配し過ぎての動悸だと思ったのですが、これをきっかけに高血圧症になってしまったか?と心配になりました。


家に帰り、プリ江に薬を飲ませ、自分も落ち着く様にお茶を飲んでいました。


動悸は治ってきていましたが、たまに心臓がドクンと高鳴り、心配が募ります。


医者に行くか迷いましたが、しばらく様子を見る事にしました。

そして、神様にお聞きしてみました。


てんしょう「 神様、この動悸と血圧の高さは何でしょうか。プリ江の事が心配なあまりになったのでしょうか。その少し前も動悸はあった様に思うのですが、更年期障害でしょうか。」


神様「 案ずる事はございません。力を授けております。じきにおさまっていきますよ。」


神様のお言葉で安心しましたが、日々の健康管理は必要と思い、ネットショッピングで血圧計を購入しました。


それが昨日届き、早速計測してみました。


結果、上が118、下が69!


全くの無問題!


「 神様、ありがとうございます!」


お陰様で、プリ江は受診した翌日から元気に登校でき、てんしょうの動悸も無くなっていました。



昨夜、プリプリ姉妹の血圧も測ってみました。

プリ江は、上が107、下が56と問題無しでした。


てんしょう「 プリ江は正常値だね。ママ、クリニックでは147だったけど、118まで下がったよ。」

プリ江「 すごい!良かったね。でも、何であんなに高かったんだろうね。」

てんしょう「 プリ江の事が心配だったからだよ。」

プリ江「 ・・・ありがとう、ママ。」



朝に弱い、プリ子の血圧も測ってみました。


上が92。

92?

下が44。

44?

低血圧なの?

だから、朝起きられないの?





やはり、健康管理は大事だとつくづく思う、更年期なお年頃のてんしょうでした。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング