3.11から10年という年月が経ちました。


ここにきて、また毎日の様に地震があります。

( 過去記事 2021.2.14  東日本大地震の余震  http://tensyow.com/archives/25117737.html をご覧くださいませ。)


10年前の地震直後、電気もガスも水道も使えなくなり、店という店から物が無くなりました。

子ども達にひもじい思いをさせたくないと、毎日の様に街を彷徨い、スーパーの長い列に何時間も並んだりしましたが、買いたいと思う物はほとんど無く、買える物にも数の制限がありました。


当時の事を教訓に、水やレトルトなど食料の備蓄、懐中電灯やカセットコンロなどの防災用品を備えています。


10年前のあの日は、一生忘れられないものとなりました。

また、忘れてはならないと思います。


未だ、津波にさらわれ行方不明の方々が大勢いらっしゃいます。

てんしょう家族も、津波にさらわれていたかもしれない身でした。


神様が救ってくださったこの命。

天寿全うするまでは、感謝を忘れず、日々を大切に生きていきたいと、改めて思います。



震災により命を失われた方々のご冥福と、被災地の更なる復興を心よりお祈りいたします。

IMG_1227

今日もお読みいただき、ありがとうございます。