私達人間は、肉体を持ってこの世を生きています。

この世を生きるという事は、思う事がすぐに叶ってしまう魂だけの存在では経験できない事、つまり、肉体を持つ事により不自由を体験する事になります。



人間が生命を維持する為には、食べなければなりません。

食べていく為には、食べ物を買うお金が必要です。

お金を手にするには、働かなければなりません。

働く為に、何らかの仕事に就き、その労働により、お金を手にします。

仕事をしていく上では、様々な経験をします。

その経験の中には、仕事に関する事の他、人間関係の事などがあります。

決して良い経験ばかりではありません。

失敗したり、悩んだりといった事も少なくありません。

むしろ、そちらの方が多いくらいです。

けれど人間は、その失敗や悩みを経験する為に、この世に生まれ出るのです。


肉体を持ってでしかできない様々な経験、体験を通して、人間は成長していきます。

この成長とは、人としての成長もありますが、魂の成長でもあります。

悩み、苦しみ、哀しみ、辛さを経験し、それを乗り越えた時の喜びが生きる糧となり、この喜びを知る事が、魂の成長に繋がるのです。


仕事を例にお話しましたが、仕事に限らず、人間だからこそできる体験は数多くあります。


それは、病であったりもします。

病気になれば、ご本人は辛い思いをされますし、周りの方も心配なさったり、看病にあたられたりと、大変な思いをされる事になります。

けれども、お互いの成長の為に必要な体験の一つであったりするのです。



この世で体験する事に、無駄な事など何一つ無いと、神様は仰いました。



心が傷付けば、その分、魂は輝いていきます。

魂は、この世での多くの体験を通して、輝きが増していくのです。

そして、輝きが増せば、霊格が上がっていきます。

その為にも、魂はこの世に生まれて来るのです。



生き辛い世の中ではありますが、私達人間の魂は、この生き辛さを望んで体験しに、この世に来ているのです。

IMG_3621

今日もお読みいただき、ありがとうございました。


☆ Twitterのてんしょう86もよろしくお願いいたします♪

Twitter
https://mobile.twitter.com/tensyow86