これは、昨年2月頃、プリ江が体験したお話です。



プリ江が、自宅でお手洗いをしていた時の事。

当時、ひとりで入るおトイレが怖いと言うプリ江は、いつも、半分くらいドアを開けて入っていました。

この時も、いつもと同じ様にしていたそうです。

すると・・・。


プリ江 「ママーっ‼︎ 来てっ!早く来てっ!」


プリ江の尋常ではない叫び声に、てんしょうは慌ててトイレに向かいました。

開いているはずのドアが、カギまで掛かっています。

てんしょう 「プリ江!ママ来たよ!どうしたの?開けて!」

すぐにドアが開き、真っ赤な顔をしたプリ江が抱きついてきました。

てんしょう 「 プリ江、どうしたの?大丈夫?」

そう聞きながら、抱きついているプリ江の頭を撫でました。



落ち着きを取り戻したプリ江でしたが、また少し興奮気味に言いました。

プリ江 「あのね、ドアにね、灰色の手があったの。こうやってね・・・。」

プリ江は、一度トイレ前の廊下を誰もいないか確認する様に見渡してから、ドアに手をかけ、その時の状況を説明しました。



この様な事でした。

" プリ江が用を足し終わり、手を洗っている時、何か視線を感じ、ふとドアの方に目を向けると、開いているドアの所に、ふたつの灰色の手が出てきて、ドアの縦の部分に手をかける様にしてきた。
びっくりして、すぐドアを閉め、トイレのカベにへばり付いて、てんしょうを呼んだ。"



てんしょう 「もういないでしょ。大丈夫。お部屋に行こ。」

プリ江 「誰だろう。怖かった。」

てんしょう 「怖かったね。でも、ドア閉めた時、その手、はさまれなかった?」

プリ江 「すぐに、引っ込んだ。」




この日からプリ江は、2、3度この体験を繰り返しました。いつも、絶叫です。



それから、しばらくしての事です。



プリ江は、懲りもせず、相変わらずドアを半開きにして、用を足し、手を洗っていました。

そして、プリ江の絶叫に呼び出されました。

カギのかかったドアを開けさせ、大丈夫だよと、いつもの様に部屋に連れてくると、プリ江は、いつもと違う表情をしていました。

プリ江 「ママ、今ね、顔も出てきた。」

てんしょう 「 ⁉︎ 顔 ?」

プリ江 「最初、手が出てきて、すぐに顔も出てきたの。顔も灰色で目が大きかった。」

てんしょう 「顔、描ける?」



てんしょうは、紙と色えんぴつをプリ江に渡し、その出てきた顔を描かせました。

そうして描いたプリ江の絵のそれは、" 宇宙人、グレー "そのものでした。



てんしょうは、ネットで宇宙人グレーを検索し、その画像をプリ江に見せました。

プリ江 「 これ!この人が、トイレに来たの!」





この後、何日か経ったある日、プリ子もその存在を自宅の廊下で確認しました。

ですが、プリ江の言うグレーの目は黒かったのですが、プリ子の見たグレーの目は赤かったそうです。




天の声 「宇宙からのお客さまですね。」



何とも、お騒がせなお客さまのお話でした。



ちなみに、今プリ江は、トイレはしっかりとドアを閉め、カギも掛けて入っています。誰も入ってこない様に、だそうです。





初めてプリ江がグレーと遭遇した日の夜、プリ江はパパ夫にその話をしました。

パパ夫 「その手、ドアに挟まれなかった?」

・・・そこ?





こんな感じ?ニコッてしてたって。
















今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング