ある日の朝、キミ叔母からメールがありました。

キミ叔母  " カナコさんが明け方の4時頃、女の子の夢を見たそうで、その子は、8〜9年前にも夢に出てきた事があって、おかっぱで、ピンクのワンピースを着ていたそうです。
その子には、スポットライトの様な光がさしていて、周りにはたくさんの子ども達がいて、女の子は笑顔だったそうです。"

てんしょうは、プリ子を通して天使さん達に聞いてみました。

「 私です!」

テンホちゃんが手を挙げ、答えました。

テンホちゃんと子ども天使さん達は、お母さんと仲の良いカナコさんに念を送って、頭の中に入り、夢となって出てきたのです。

今の自分の様子や気持ちを、カナコさんの夢からキミ叔母に伝えたかったのでした。






その日の夕方、神様は翌日のジュモンのスケジュールを教えてくださいました。






そして翌日の午前11時頃。

予定ではそろそろ神様方が休憩に来られる時間かなと思い、おやつの準備をする為に立ち上がると、キッチンの方で、" カンッ!"という金属音、例えばヤカンをオタマで叩いた様な音がしました。

ラップ音でした。

" ビクッ " としましたが、もしかしてと思い、" 神様、休憩に来られましたか?"と聞くと、右腕が上がりました。


そして、いつものコーヒーブレイクが始まりました。

てんしょうに気を遣ってくださった神様が、ご自分でコーヒーをいれようとなさった時の音でした。
かなり大きな音で、本当にビビりました。



神様方が休憩を終えると、学校にいるプリプリ姉妹には美しいジュモンの声が聞こえてきて、ジュモンが始まった事が分かるそうです。

てんしょうにはラップ音しか聞こえないので、プリプリ姉妹を羨ましく思いました。





てんしょうは、ひらがな表や右腕を使って、神様方と会話をしていましたが、お互いに大分慣れてきて、割りとスムーズなやり取りができる様になっていました。

まだひらがな表をした事のない子ども天使さん達は、ひらがな表に興味を持ち、ひらがな表遊びが始まりました。

" あ " はどれかな?

" あ "

プリ子の " こ " はどれかな?

" こ "

プリ江の " え " は・・・と遊んでいました。

てんしょうは、子ども天使さん達に、" おばちゃんの事、すき?" と聞いてみました。

すると、" き " と動きました。

きらい?と思っていたら、すぐに、" す・き " と動き、続けて、" お・あ・い・て・き・て・う・れ・し・い "と動きました。

" お会いできて嬉しい。"

てんしょうは、嬉しさで涙があふれてきました。

何度も、" お・あ・い・て・き・て・う・れ・し・い " と動きました。

てんしょうも、" あ・り・か・と・う " と動かしました。

てんしょうの声は神様方には聞こえているので、ひらがな表は使わなくても伝わりますが、てんしょうも文字で感謝の気持ちを伝えたかったのです。


最初の "お・あ・い・て・き・て・う・れ・し・い " は 神様。
その後は、エイジ君、キャシー、子ども天使さん達、交代で動かしたという事でした。



心と心がつながった様な、温かな気持ちに包まれていたてんしょうでした。


















今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング