まだ、プリ子にチカラがある時のお話です。


ある日の夜中、てんしょうは叫び声で目が覚めました。

「 助けて!助けて!」

薄暗い寝室、子ども達が寝ている方に目を凝らすと、プリ子がうなされていました。

悪い夢でも見たかと思い、翌朝、プリ子に聞いてみると・・・。

プリ子 「 黒い影のお兄さんが追いかけてきたから、逃げてた。」

てんしょう 「 お兄さんって分かったの?」

プリ子 「 うん。小学6年生とか、中学生とかくらい。」

てんしょう 「 そっかぁ。怖かったね。」

その時は、それで話は終わりました。



そんな事があってから、4〜5日経ちました。

子ども部屋から、てんしょうを呼ぶ、叫び声に似た声が聞こえてきました。

「 ママーっ!ママーっ!」

てんしょうは慌てて子ども部屋に行きました。

子ども部屋のスライド式のドアが半開きになっていました。

声の主はプリ子でした。

半開きのドアの隙間に、" 夢に出てきた影のお兄さん " が立っていたと言うのです。

てんしょうは、天の声に聞いてみました。

てんしょう 「 どなたか、おられるのでしょうか?」

天の声 「 ○ ○ ○ さんです。」

てんしょう 「 !! 」

○ ○ ○ さん。

当時、イジメが原因で自死してしまった男の子の名前でした。

この男の子の事は、テレビのニュースで連日流れていました。

てんしょうも、二児の母として、この男の子の自死に胸を痛めていました。






プリプリ姉妹も、ひどいイジメにあった事がありました。

その事で学校へ何度も足を運び、された事を10枚の用紙にビッシリ書き、プリントした物を担任から、校長・教頭まで配り、イジメを訴えてました。

結局、会社を休んだパパ夫が、学校の昇降口まで行き、イジメの首謀者を睨みつけ、イジメは終息しました。

その時のパパ夫を見ていたプリ江は、" パパの顔、鬼みたいに怖かったよ。" と言っていました。

普段、穏やかなパパ夫ですが、やる時はやる男です。

ガタイの大きい男に睨みつけられ、首から下げた名札 ( 学校に入る時に付ける名札 ) の苗字を見たイジメの首謀者は、かなり怯えた様子だったそうです。

その翌年から、学校に " イジメ対策室 " ができました。( 対応が遅い。)







てんしょう「 あなた、○ ○ ○ 君なの?」

○ ○ ○ 君 「 そうです。ごめんなさい。
怖がらせてしまって。
でも、おばさん ( てんしょうの事 ) に気付いてほしかったんです。」

てんしょうには、声は聞こえても姿が見えない為、姿の見えるプリ子の所に来たとの事でした。

てんしょう 「 そうだったの。じゃあ、あの夢はあなただったんだね。」

○ ○ ○ 君 「 そうです。」

てんしょう 「 ならば、まずその姿、影ではなく、天使にしてもらいましょう。
神様、どうぞ、この子を天使の姿にしてください。」

てんしょうは、お願いしてみました。

てんしょう 「 プリ子、このお兄さん、もう影じゃなくなった?」

プリ子 「 うん。白い羽が生えた天使さんになったよ。」

自死してしまうと、理由はどうあれ、黒い影になってしまう様です。

○ ○ ○ 君 「 神様、ありがとうございます。」

てんしょう 「 天使になれて良かったね。
でも、いろいろ辛かったね。
だけど、何で夢の中でプリ子を追いかけたの?」

○ ○ ○ 君 「 ごめんなさい。
おばさんに僕の事を伝えてもらおうと思って話しかけたら、怖がらせてしまったみたいで。
でもその時は必死だったので、追いかけてしまったんです。」

てんしょう 「 そう・・・。
もう、大丈夫?
随分と辛い思いをしたんじゃないかと思って、おばちゃんもあなたの事、ニュースで見る度に胸が痛かったの。」

○ ○ ○ 君 「 僕はもう大丈夫です。
でも、お父さん達の事が心配です。
僕が死んでしまって、お父さん達、辛そうにしてるから・・・。」

てんしょう 「 そう・・・。
○ ○ ○ 君、天使さんになったから、お父さん達の側で見守ってあげてね。
ずっとお父さんに話しかけていたら、いつかお父さんにも、あなたの声が聞こえる時が来るかもしれない。」

○ ○ ○ 君 「 お父さん達を守りたいです。
ありがとうございます。」



○ ○ ○ 君、お父さんの元に、白い羽を広げて飛んでいきました。


後で、ネットに出ていた○ ○ ○ 君の顔写真をプリ子に見せたら、" このお兄さん!" と言っていました。








後に天の声から聞いたのですが、学校の昇降口まで乗り込んでいったその時、パパ夫には、パパ夫を守護してくださっているお不動様が重なっていたそうで、かなりの迫力があったそうです。


それから半年後の事、イジメの首謀者は、大きな声でこんな事を言っていたそうです。

首謀者「 学校の先生が、自分に正直になりなさいって言うから、正直に、気に入らないヤツに悪口言ってるだけなのに!
それの何が悪いの⁉︎
みんなだって悪口、言いたいよね⁉︎」

みんな 「 ・・・。」




今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング 



☆ てんしょう おすすめのひとしな ☆

光に浮かぶお不動様。

強いお力で守ってくださいます。


皆さまも おひとついかがですか?

               ☆ てんしょう ☆