てんしょうは、子どもの頃から空を眺めるのが好きでした。

快晴の空、曇り空、夕焼け空、朝日に輝く空・・・いろんな空。

空を見上げながら、" あの雲、変わった形してるな。" とか、" 一番星、見つけた!" とか、お空を相手に、一人遊び。




今もよく、空を見上げながら歩いています。

そして、" わぁ!キレイ!" と思う空を写真に撮ったりしています。

最近では、空を見ていると、" この空は宇宙へと繋がっているのだなあ。" などと思い、魂が空に吸い込まれていく様な錯覚を覚える時があります。

アブナイ、アブナイ。




プリ江が生まれるその日も、早く目が覚め、病院の窓から空を眺め、昇ってくる朝日を撮っていました。

「 今日はきっと、生まれる。」

そう思いながら。














上の写真がその時のものです。

この14時間後、プリ江は無事生まれました。




皆さまも大切な記念日や、お誕生日の空を写真におさめてみてはいかがでしょう。

また違った思い出ができるかもしれませんよ。




















今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング



☆ てんしょう おすすめのひとしな ☆

一度はこの目で見てみたい。

空のカーテン、オーロラ。

写真の中に飛び込んで行きたい。


皆さまも おひとついかがですか?

               ☆ てんしょう ☆