8月中旬、パパ夫の会社がお盆休みに入る為、パパ夫の提案で、一泊の小旅行をする事になりました。



泊まるとなると、ネコのハナちゃんは留守番になるかもしれません。

プリプリ姉妹は、嬉しい反面、ハナちゃんも連れていけるのか、心配になりました。







パパ夫 「 このホテルなら、ハナちゃんも一緒に泊まれるぞ。」

プリプリ姉妹にスマホ画面を見せながら、言いました。

プリ子 「 ハナちゃんもいいの?」

パパ夫 「 置いて行けないだろ?」

プリ江 「 ハナちゃんも一緒に行けるの?」

パパ夫 「 一緒に行こうな。」

プリプリ姉妹 「 やったー!パパ、ありがとう!!ハナちゃん、やったね!」

ハナ 「 ミーミー。( お父さん、ありがとう!)」








旅行当日の朝。


三人は早く目を覚ましました。



てんしょうがキッチンに立つ頃には、プリプリ姉妹は帽子までかぶって、テーブルについていました。

ハナちゃんにもプリプリ姉妹が付けたのか、首に可愛らしくリボンが結んでありました。



三人 「 おはよー!準備できたよ!」

てんしょう 「 おはよう。今日はみんな早いね。

でもお帽子は取りなさいね。

ハナちゃん、そのおリボン、かわいいねー!」

ハナ 「 うん!プリ子お姉ちゃんが付けてくれたの!」

てんしょう 「 そうなのー、よかったねー!

プリ子、ありがとうね!

すぐ朝ご飯用意するから、みんなでパパ起こしてきてー。」

三人 「 はーい!パパー!起きてー!!」


ドタドタドタッ!






プリプリ姉妹 「 パパ、おはよー!起きてー!」

パパ夫 「 おはよー。みんな、もう準備したの?

早いなあ。」

プリプリ姉妹 「 見て!ハナちゃんもおしゃれしたの!」

ミイ 「 ミー!( 見て!)」

パパ夫 「 おー、可愛いね。お前達も可愛いよ。

パパもカッコよくなってくるね。」


パパ夫、洗面所へヒゲを剃りに行きました。












荷物を積んで、みんな、車に乗り込みました。


パパ夫 「 みんな、シートベルトしたな?

よし!出発っ!」

プリプリ姉妹 「 シンコー ( 進行 )!」

ハナ 「 ミー!( シンコー!)」

てんしょう 「 パパ、( 安全運転で ) よろしくね。」



ネコのハナちゃんは、プリプリ姉妹の間に置かれシートベルトで固定された、大きな白クマのぬいぐるみの、ヒザの間に座りました。


三列シートの一番後ろには、天使さんのおじいちゃんが座られています。




それを知っているのは、ネコのハナちゃんとプリプリ姉妹、そして、てんしょうだけでした。







明日に続きます。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。




皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング