病院のハナちゃんの所に行かれていた天使さんのおじいちゃんは、お雛祭りの夜、子ども達が寝静まった頃に帰って来られました。





おじいちゃん 「 てんしょうさん、ただいま戻りました。

遅くなってしまい、申し訳ないです。」

てんしょう 「 お帰りなさい、おじいちゃま。

ハナちゃん、いかがでしたか?」

おじいちゃん 「 はい。ハナの魂を体に戻す日が決まりました。」

てんしょう 「 そうでしたか・・・。いよいよですね。

それで、いつに・・・?」

おじいちゃん 「 今月の21日です。」


てんしょうはカレンダーを見ました。


てんしょう 「 21日・・・春分の日・・・。」

おじいちゃん 「 ハナの体は、良くなっていました。

神様が、体に魂を戻しても、ハナは苦痛を感じることなく生きていける状態にまで、回復したと仰ってくださったのです。」

てんしょう 「 そうですか。良かった・・・。

本当に良かったです・・・。」


てんしょうは、胸の内から溢れてくるものを感じていました。


おじいちゃん 「 てんしょうさん、長い間ハナの面倒を見てくださって、本当に感謝しています。

あなた様やパパ夫さん、プリ子ちゃん、プリ江ちゃんの優しいお心に触れて、ハナも私も幸せでした。

あと半月程、お世話になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。」





てんしょうは、その時が来た事を実感していました。

天使さんのおじいちゃんがずっと心待ちにしてこられた事、そして、てんしょうが毎日祈ってきていた事。


" 一日も早く、ハナちゃんの魂が元気になったハナちゃんの体に戻り、ハナちゃんの両親と幸せに暮らせます様に。"





この事はてんしょう家族にとって、ネコのハナちゃんとの別れを意味しています。

ネコの体は変わらなくても、魂は変わってしまうのです。





てんしょうは、この事をプリプリ姉妹にいつ、どの様に伝えるか、そして、ハナちゃんとの別れをどの様にして迎えたら良いか、悩み考えていました。








明日に続きます。

IMG_7625

今日もお読みいただき、ありがとうございます。




皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング