「 プリ子、プリ江、ハナちゃん・・・。」

てんしょうは、3人の名前を呼びました。

すると3人は、泣きながらてんしょうの元に来て、抱きつきました。


プリプリ姉妹 「 ママ・・・。」

ハナ 「 お母さん・・・。」


てんしょうは、ハナちゃんを抱き上げ、その場に座りました。


てんしょう 「 プリ子、プリ江、ハナちゃん。

お話を聞いてね。

今、あっちのお部屋に神様が来られているの。」

プリ子 「 神様?」


下を向いていた3人は、同時にてんしょうの顔を見ました。


てんしょう 「 神様が来られていて、あなた達にお話をしてくださるの。

みんな、静かに聞けるかな?」

プリ江 「 お話って、ハナちゃんのお話?」

てんしょう 「 そう。とっても大切なお話。

だから、神様の所に一緒に行こうね。

ちゃんとご挨拶できるかな?」

みんな 「 ・・・はい。」





てんしょう 「 神様、お待たせしました。

さっ、みんな。」

プリプリ姉妹 「 こんにちは。」

ハナ 「 こんにちは。」

神様 「 こんにちは。

プリ子ちゃん、プリ江ちゃん、ハナちゃん。

皆、良きお子ですね。

これから、大事な話をしますから、こちらにおいでなさいな。」


3人は、神様の近くに座りました。

皆、神妙な顔をしています。



神様 「 プリ子ちゃん、プリ江ちゃん、あなた方はとても優しい心を持っていますね。

だから私は、ハナちゃんが、プリ子ちゃんとプリ江ちゃんに会える様にしました。

これは、偶然ではないのですよ。」

プリ江 「 じゃあ神様が、プリ江達に、ハナちゃんと会う様にしてくれたんですか?」

神様 「 そうですよ。

私は、あなた方の所に行けば、ハナちゃんは幸せな時を過ごせると思ったのですよ。

ハナちゃん、プリ子ちゃんとプリ江ちゃんは、優しくしてくれましたね?」

ハナ 「 うん!プリ子お姉ちゃんとプリ江お姉ちゃん、いつも優しいの!

だから、大好き!」

神様 「 そうですね。私もそう思います。

そしてハナちゃん、あなたも良きお子です。

いつもニコニコして、プリ子ちゃんとプリ江ちゃんと仲良くしていましたね。

プリ子ちゃん、プリ江ちゃん、ハナちゃんと楽しく遊んでいましたね?」

プリプリ姉妹 「 はい!ハナちゃんといると、すっごく楽しいです!」

ハナ 「 ハナも!」

神様 「 そうでしたね。

みなさん、とても仲良くしていて、私も嬉しいですよ。

みなさんには、楽しい思い出がたくさんありますね。」

プリ子 「 はい!一緒に遊んだり、お散歩したりしました!」

プリ江 「 海も行ったね!」

ハナ 「 ハナのご飯を買いに、お買い物もしたよ!」

プリプリ姉妹 「 うん!」

神様 「 その楽しい思い出、忘れないでくださいね。」

プリプリ姉妹 「 絶対、忘れないよ!」

ハナ 「 ハナも!」



神様 「 明日、ハナちゃんは、ハナちゃんのお父さんとお母さんの所に帰ります。」

ハナ 「 ハナのパパとママ・・・。」

プリプリ姉妹 「 ・・・。」

神様 「 明日の朝、プリ子ちゃんとプリ江ちゃんが起きる頃には、ハナちゃんはお父さんとお母さんの所にいます。」

プリプリ姉妹 「 ・・・。」

神様 「 明日からハナちゃんは、ハナちゃんのお父さんとお母さんと一緒に暮らす事になります。」


ハナ 「 パパ・・・ママ・・・。」

ハナちゃんの声が小さく震えました。

プリプリ姉妹は、ハナちゃんの震える声を聞いていました。



プリ子 「 ハナちゃん、パパとママに会えるね。」

プリ江 「 ハナちゃん、よかったね。」

ハナ 「 ・・・プリ子お姉ちゃん、プリ江お姉ちゃん・・・。」


プリプリ姉妹は、泣きそうになるのを我慢している様でした。

それは、ハナちゃんの幸せを思う優しさでした。





その後、神様はハナちゃんの眠っている病院に戻られました。


てんしょうは、神様がお伝えくださって良かったと思い、心から感謝しました。








ハナちゃんとプリプリ姉妹は、3人で過ごす最後の夜に、3人で過ごした思い出の日々を、遅くまで語り合っていました。


お布団の中からは、時々笑い声が聞こえていましたが、いつしか、3人の寝息に変わっていました。




天使さんのおじいちゃんは、3人の眠るお布団の側で、ハナちゃんの寝顔を見つめておられました。






明日に続きます。

IMG_7634


今日もお読みいただき、ありがとうございます。




皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング