4月。

病室に眠るハナちゃんの側には、ハナちゃんの両親が寄り添っていました。


「 パパ、明日は何の日か、覚えてる?」

「 ハナの誕生日だろ?忘れてないよ。」

「 ありがとう。明日、ケーキを買ってきて、お祝いしましょうよ。」

「 そうだね。ハナは6才になるのか・・・。」

「 ハナ、来年は小学生になるのよ。

・・・ハナ、早く目を覚まして・・・。」


ハナちゃんのママ、サキさんがハナちゃんの小さな手を、優しく握りました。


「 !!・・・ハナちゃん?!」

「 サキ、どうした?」

「 今、ハナの手を握ったら、ほんの少しだけど、握り返してきた様な気がしたの!」

「 そっ、そうなのか?」

「 パパ、そっちの手を握ってみて!」

「 えっ、おぉ。」

「 どう?」

「 ・・・あぁ、握った・・・、握り返した!

看護師さん呼んで!」

「 うん!」





看護師さん 「 どうされましたかー?」

サキ 「 ハナの意識が戻ってるみたいなんです!」

パパ 「 手を握ったら、握り返してきたんです!」

看護師さん 「 ちょっと診せてくださいね。

・・・ホントだ・・・先生を呼んできます。

待っててくださいね!」







医師 「 ハナちゃん、診せてもらいますね。」

サキ 「 ハナ、手を握り返してきたんです。」

医師 「 そうですか・・・。

ハナちゃん、先生の声、聞こえるかな?」

サキ 「 ハナ、聞こえる?

聞こえたら、おてて、動かしてみて。」


先生は、ハナちゃんの手の動きを確認されました。


医師 「 お父さん、お母さん、ハナちゃんの意識は戻っていますね。」

サキ 「 ありがとうございます、先生!」

パパ 「 先生、ありがとうございます!」

医師 「 急には動けないと思いますが、少しずつ、食事もできるようになると思いますよ。

慌てずに、ゆっくり、体を戻していきましょう。」

両親 「 はい!ありがとうございます!」





神様と天使さんのおじいちゃんは、その様子を天井からご覧になっていました。


神様 「 もう大丈夫ですよ。

医者が言うように、じきに口から食べる事もできる様になります。

来年は、ランドセルのハナちゃんを見られますよ。

私はもうしばらく、ハナちゃんにチカラを授けます。

そうですね、あと1か月もすれば、退院できましょう。」


おじいちゃん 「 神様、ありがとうございます。

本当に、ありがとうございます・・・。」


天使さんのおじいちゃんは涙を流しながら、ハナちゃん達を見守り続けました。











明日に続きます。

IMG_7637
今日もお読みいただき、ありがとうございます。




皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング