天の声とてんしょう

☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

プリプリ姉妹との今朝の会話  続き

プリ江の披露する雑学を聞いて、てんしょうも学生時代に体験した事を話しました。

それは学生の頃、2週間の病院実習をした時の事です。

( これから ☆印から ☆印まで、手術の生々しい様子を書きますので、苦手な方はスルーしてくださいませ。)




☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆



実習は、実家近くの総合病院で行う事になりました。



初日、外科外来を見学したのですが、包丁で指先を切った年配の女性が受診されていました。

ザクッとしてしまった様で、指の肉の内部が見えていました。

先生が縫合するところを、近くで見ていたてんしょうは貧血を起こし、膿盆や消毒液などが置いてあるカートに倒れこんでしまい、看護師さんに引きずられながら、隣りの処置室の台に寝かされ、血圧を測ってもらいました。

その患者さんも、ビックリなさったかと思います。
( ご自分の怪我でも動揺なさっているところに、やらかしてしまい、申し訳なさでいっぱいでした。)


看護師さん「 明日からいくつか手術を見てもらうのに、大丈夫?」

てんしょう、ますますめまいがしました。



2日目。

おじいさんの脱腸の手術を見る事になりました。

髪をまとめ、それ用の帽子と大きなマスクをして、手術室に入ります。

手術台に寝ているおじいさん、部分麻酔の為、意識はハッキリとしていて、看護師さんとおしゃべりしています。

お腹の上からカーテンで仕切られている為、おじいさんからは手術部の下半身は見えません。

てんしょうは、カーテンの左側におじいさんの上半身、右側に下半身が見える位置で見学します。

手術が始まりました。

先生がメスで腹部を切り、中から腸を引っ張り出します。


おじいさん「 腸、出しとるかね。」

看護師さん「 おじいちゃん、腸出てるの分かるんですか?」

おじいさん「 何か出てくる感じがしとるわ。」

看護師さん「 引っ張り出してますよー。」

おじいさん「 そうか、引っ張り出しとるかー。」


指の縫合を見ただけで倒れたてんしょうでしたが、この脱腸手術は、最後まで見る事ができました。

というより、おじいさんと看護師さんとの会話を聞いていて、笑いを堪えるのに必死でした。



それから数日後。

今度は、骨折をしたおばあさんの手術でした。

手術室の辺り一面、血の海と言っても過言ではない状態で、手術台では先生がおばあさんの骨折した足に、カナヅチの様なもので、まるで大工仕事の様に " カーンッ!カーンッ!カーンッ! " と、すごい音で何かを打ち込んでいました。

さすがに全身麻酔で眠っているおばあさんでしたが、こんなの見たら、心臓止まると思いました。



☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆



更に数日後。

母子共に危険な状態という妊婦さんの、帝王切開の手術でした。

" 予断を許さない " という張り詰めた空気の中、妊婦さんの腹部から、小さな赤ちゃんが出されました。

泣かない赤ちゃんに、先生や看護師さん達は、速やかに処置を施していきます。

皆、目が怖いくらいに真剣です。

別の先生は、後産の後、開腹した部分の縫合を始めていました。

その様子を、てんしょうは泣きそうになるのをグッと堪えながら見ていました。


しばらくすると、張り詰めた空気が一変しました。


" オギャーッ!" 


赤ちゃんの元気な泣き声。

それと同時に拍手がわきました。

先生と看護師さん達の目が笑っていました。

全身麻酔で眠っているお母さんにも、産声聞こえたらいいなと思いながら、てんしょうも泣きながら拍手をしました。


手術が終わり、看護師さん達と手術室の片付けをしている時、看護師さんがてんしょうに " はい、これプレゼント。" と、黄色い小さな何かの塊を手渡しました。

妊婦さんのお腹を切った時に落ちた、お腹の脂肪でした。




その日からしばらくの後、新生児室に行く事になりました。


赤ちゃんの検温の時間で、オムツを外して、お尻に体温計の先を少し入れて測りました。

看護師さんが " この赤ちゃん、この前の手術の時の子だよ。" と教えてくれました。


ちょうどその時、その赤ちゃんのお母さんが車椅子に乗せられ、授乳に来られました。

お母さんもお元気そうでした。

てんしょうはお母さんに " おめでとうございます。" と伝え、出産に立ち会わせていただいた時の事を話しました。

赤ちゃんの元気な産声の事、先生や看護師さんからの拍手の事。

残念ながら、お母さんには産声が聞こえなかったという事でしたが、その話を、少し目を潤ませながら、嬉しそうに聞いてくださいました。


赤ちゃんは小さいながらも一生懸命、お母さんのおっぱいを飲んでいました。






話終わるとプリプリ姉妹、手を叩いて " 赤ちゃん、無事でよかった。" と言いました。

感動したと同時に、二人とも " ママがそんな体験してるとは思わなかった。" と言っていました。


話しているうちに登校時間になり、二人出掛けていきました。



何でもない日常の、何でもない会話から、懐かしい話になり、誰もいなくなった部屋で、しばらくの間ぼーっとその当時を懐かしんでいました。



その実習でドジった事 ( 貧血で倒れた以外の事。まだあるんかい!)、プリプリ姉妹には内緒にしようと心にしまい込む、娘には弱みを見せたくない、強気の母てんしょうでした。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング











プリプリ姉妹との今朝の会話

今朝の朝食の時、プリ江がこんな話をしました。


プリ江「 ウチ、たまに頭痛になるでしょ?
その痛みを楽しんでる時があるの。」

てんしょう「 痛みを?辛くないの?」

プリ江「 痛いんだけど、これは本当は痛みではなく、何か違うものを痛みと感じているのではないかって思うと、何か面白くなってくるの。」

てんしょう「 発想が面白いね。」

プリ江「 それからね、宇宙の誕生のきっかけになったビッグバンってあるでしょ?
圧縮されたものが爆発したって。」

プリ子「 爆発して、宇宙が広がったんだよね。」

プリ江「 爆発の前はどんなだったんかなっとか思うと、気が遠くなる時があるの。」

てんしょう「 爆発前は、真っ暗な闇だったんじゃないかな?」

プリ子「 今の宇宙の前にも、違う宇宙が存在してたかもしれないね。」

プリ江「 あるとしたら、何千億年も前の事だよね。」

てんしょう「 もっと前じゃないかな?
生きてる人間には時間という概念があるけど、そういうのを超越したものなんだろうね。
ママも中学生の頃、理科の先生に宇宙について質問しに行った事があるよ。
" 宇宙は少しずつ大きく広がっているって聞いたのですが、広がっていく所があるって事は、宇宙の外側があるって事ですよね。その外側ってどうなっているんですか?" って。」

プリ子「 先生、何て言ってた?」

てんしょう「 何か説明してたけど、結局、先生もよく分からないみたいだった。
人類なんて月の裏側も分からないんだから、増して宇宙の外側なんて分かるはずもないよね。」


この他にも、いろんな話をしました。

プリ江は読書好きで、本や漫画などからいろんな情報を得て、何でそんな事知ってるのっていうくらい、雑学を披露してくれます。

病気の話から、安楽死の方法も説明していました。
( これは、手塚治虫先生の漫画 " ブラックジャック " を読んで知ったそうです。)



その話から、てんしょうが学生の時に体験した話をしました。




長くなりそうですので、明日に続きます。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング









気持ちの良い 朝

いつもの様に、朝起きて、居間の東の窓から見える太陽と、太陽の光が反射してまぶしく光る、近くのお寺様の屋根に向かい、今日一日の無事と感謝の祈りを捧げました。

東の窓にはサンキャッチャーをぶら下げてあり、小さな虹が部屋一面に広がっています。

気持ちの良い朝です。


最近、朝はテレビを付けず、会話を大切にして、温かいミルクティーで目を覚ましていくプリプリ姉妹を見ながら、今日も笑顔で過ごせます様にと祈ります。


二人とも髪を結んでいくので、それもてんしょうの仕事になります。

もう少ししたら、こんな事も自分でする様になっちゃうのかなぁと思いながら、幼稚園児だった頃の、慌ただしい朝を思い出しました。


今のプリプリ姉妹は、ほとんどの事を自分でしてしまいます。

時間に余裕のある時は、プリ江が、朝食の卵料理を作ってくれる様になりました。

今朝もそうでした。

母てんしょうより上手に、フワフワに作っています。

幼い頃から食事の時は、二人とも食べる事に集中して、美味しそうに黙々と食べます。

そんな二人を見ながら、" 食べてる時の姿は小さい頃から変わらないなあ。" と思います。



太陽の光を背に受けながら、二人は今日も元気に登校していきました。



空を見上げると、天龍様がいらっしゃいました。

天龍様の波動で、空の雲がそのお姿に見えます。

( 建物を消したので右下の方、白くなっています。)

IMG_6540



今日も気持ちの良い朝でした。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング












良い事ばかりじゃないけれど

この世を生きていると、" 良い事ばかり " はありません。

むしろ、よろしくない事の方が多いとさえ思える時もあります。

また、悪い事があった訳でもないのに、何かモヤモヤして、スッキリしない感じがまとわりついている様な、そんな時もあると思います。



この記事を書いている、まさに今のてんしょうがそんな感覚に陥っております (T ^ T)

何故かな?と思い返すと、今朝のプリ子の様子が少し辛そうだった事が、てんしょうの心にも引っかかっている様でした。

中学校までの道のりが片道30分程掛かる為、途中でお友達に会わないと、延々と続く長い道の様に思えて、憂鬱になってくるのだそうです。

また、慣れない環境に、不安も解消されてはいない為、余計にそんな気持ちになるのだと思います。


てんしょうにも、このプリ子の憂鬱を経験した事がありました。

中学も高校も、遠い道のりを通っていました。

ですので、プリ子の気持ちが分からないでもないのです。


プリ子には、" そうだよね。学校まで遠いねー。ママもそうだったから分かるよ。でも来年からプリ江も一緒だし、途中でお友達と会える時もあるから、お友達に時間聞いて、会える時間に合わせてみてもいいかもね。今日も会えるといいね。" と送り出しました。


親の手を離れてきたかなと思っていたけど、形を変えて、まだまだ手の掛かる我が子に、結局はこれからも、受験の事、就職の事、結婚の事、節目節目での事で、親子で悩んでいくのかなと思うと、自分も親にそんな風に気に留めてもらいながら、成長してきたんだなあと有り難く思いました。



長い人生、良い事ばかりじゃないけれど、周りの人達に支えられながら、時には支える側になったりして、この世を何とかうまく生きていくものだと思います。

そして何より、目に見えないご存在の方々の、手厚い支えもいただけます。



今日は15日なので、改めて神様にお参りさせていただき、プリプリ姉妹の事を含め、お願いをさせていただこうと思っております。



てんしょうの不器用な生き方、プリ子も似てしまったかなと申し訳ない気もしますが、これからの経験値を上げて、たくましく生きていってほしいと願う、母てんしょうでした。







今日も母の心配をよそに、" 楽しかった〜!" って帰ってきます様に。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング










桜のおまつり

昨日はプリ江の通う小学校で、桜のおまつりがありました。

卒業生のプリ子もお友達を誘って、プリ江と一緒に出掛けていきました。

てんしょうも家事を済ませてから、小学校へと向かいました。




朝からお天気に恵まれ、満開の桜を愛でる事ができました。

IMG_6482

この桜の木は樹齢400年程で、スピ的な話をしますと、神様が宿っておられます。


てんしょうは、エドヒガンザクラの神様とお呼びしております。

こちらの神様はいつも、学校に通ってくる児童達を見守ってくださっているそうです。

プリプリ姉妹の事もご存知でいらっしゃいました。

有り難い事です。




見渡すと、校庭の隅っこで、プリプリ姉妹とお友達が遊んでいました。

FullSizeRender


プリ子と二人のお友達は、同じ部活に入る事にしたそうです。

穏やかな優しいお友達で、安心して見ていられます。




てんしょうは子ども達と別れて、桜の写真を撮り、帰ってきました。

FullSizeRender

美しく咲き誇っています。

FullSizeRender



その後、プリプリ姉妹が他の卒業生のお友達とも合流して遊んでいたら、6年生の時の担任の先生方が来られ、気を利かせたプリ江は、自ら " 桜の前で集合写真撮りましょうか?" と買って出たそうです。

こういう気の利かせ方は、我が子ながらお見事と思います。

IMG_6524

この写真は LINEやメールで、お友達に送っていました。



数時間の後に、プリプリ姉妹は帰ってきました。

" 楽しかった〜!" 

ハモっていました。



桜のおまつり、昨年までは、てんしょうとプリプリ姉妹の3人で来ていましたが、親離れがまた一歩進行してきました。



てんしょうが学校に出掛ける前、単身赴任で一人東京にいるパパ夫から、メールが来ました。


パパ夫 :  つまんない。

てんしょう :  私も。置いてかれた。


こんな感じでした。



親離れも成長過程の一つ。


寂しいような、嬉しいような、パパ夫の気持ちがよく分かった、母てんしょうでした。

IMG_6522

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング