天の声とてんしょう

☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

本末転倒?のPTA活動

プリプリ姉妹が2人共に中学生になりましたが、中学校でもPTAがあり、今年は長の付く役員になってしまいました。


今年はコロナ禍という事で、行事もかなり縮小され、PTAの仕事も軽減されたかと思いきや、いきなりのトラブルに巻き込まれ、しばらくの間、混乱の中におりました。

夜10時過ぎや、休みの日の朝にメールのやり取りをする事もありました。

その間、家事や私事が滞り、 身体も血圧が上がり、動悸が治まらず、" 保護者と教師が協力し合って、子ども達を支援していく " というはずのPTA活動により、支援されるべき側のプリプリ姉妹にも、負担を掛けてしまいました。

これでは、本末転倒になってしまいます。


PTAとは、戦後アメリカから推奨され発足されたものだそうですが、本来のPTAの仕事だけでなく、無くても良い様な、一部の保護者の負担ばかりが目立つ所もあります。

本来、任意なはずですが、仕事を持っていたり、幼いお子さんをお持ちの方や介護をなさっている方も有無を言わせず、入学と同時に会員になっており、皆が一度は役員にならないといけない様な雰囲気があります。

PTAで知り合った方の中に、仕事をお持ちでしたが強く断れず、一度に二役員を務めた結果、体調を崩し入院されたという過去をお持ちの方もおられました。


元々てんしょうは、このPTAの在り方にずっと前から不信感を持っていましたが、中には熱心な方もいらっしゃるので、声は上げられずにおります。


役員決めは、皆押し付けあいになってしまうので、ほとんどはくじ引きで決めている様です。

てんしょうも、くじ引きで大当たりを引いて、委員長になりました。


変な話ですが、このくじ引きの前に、てんしょうの中で変な現象が起きていました。

てんしょうの頭の中で、" くじがハズレます様に。ん? でも宝くじは当たります様に。ん? このくじはハズレを当てなきゃ。ん? ハズレ?当たり? " と、自分のものだか何だか分からない思念がグルグルしだしたのです。

宝くじの事なんて考える場面ではないのに、何故あの様な事を・・・と今になって思います。


その日、副委員長になられた方 ( 中当たり ) とお話しましたが、" 当たりくじ引いたから、この勢いで宝くじ買いましょうか。" と冗談を言い合いながら、励まし合って帰りました。


以前に神社からいただいた暦を見ますと、今年、てんしょうの運勢は八方塞がりでした。

あぁ、この事かと納得し受け入れ、粛々と進めていこうと腹を括りました。


トラブル解決の間 ( まだ未解決な部分はありますが、一応落ち着いております。) 、他のPTAの方のご意見をいただいたのですが、それぞれの方との温度差があり、中には鼻息荒い方もおられ、学校側との間に挟まれ、かなり魂削られました。


私事でも抱えるものがあり、せめて神様に、事がうまく運ぶ様にお願いしようとお話させていただいたら、" あなたなら乗り越えていかれますから、ご安心なさいな。皆で見守っておりますよ。" との事でした。

また神様は、" どなたにも、山あり谷あり、人生には何某かあるものです。前を向いて歩んでお行きなさい。どの様な事が起きても、諦めずにお行きなさい。必ず報われる時がきますよ。" と仰っておられました。


最近、神様依存になり過ぎていないかと、自分に問い掛けていましたが、神様のお言葉で心のザワツキが落ち着いた様に思いました。

お陰で、動悸もなくなり、血圧も下がってきました。

神様のお言葉って、凄いお力があるのだなぁと、改めて感じました。




・・・と、この様な日々を送っておりました。

そんなこんなで愚痴みたいになってしまい、お読みくださった皆さまには申し訳ありませんでした (>人<)



神様・仏様・ご先祖さま、そしてお読みくださっている皆さまに感謝の気持ちを込めて、ブログを綴っていきたいと思いますので ( ペースダウンしがちですが )、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます(^人^)






東北仙台、梅雨明けしました。

久しぶりの青い空!

IMG_1455

今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング 










寺社への月参りは大切です。

この2か月近く、てんしょうは寺社参拝に伺っていませんでした。

ずっと伺いたいと思いながら、なかなか機会を作れていなかったのです。


だからでしょうか。

最近、意識して神様や仏様と繋がりたいと思っていても、スイッチを入れると、悪しき者達の念と繋がってしまう様になっていました。


一時、神様方と繋がる事を自粛していた事もあり、" このまま神様と繋がらなくなってしまったら " という、少しの焦りを感じてもいました。


そんな日々が続いたある日、用事で出掛けた先の、お寺と神社に伺う事ができました。

いつも、その用事がある時は、必ず参拝させていただく寺社の神様仏様です。

いつもの様にお参りさせていただきました。


その夜、マンション下のポストに行く為、外に出たのですが、最近繋がれなかった月詠様が話し掛けてくださいました。

また、月詠様のフリをした悪しき者達かもしれないと思ったのですが、そうではなく、本物の月詠様でいらっしゃいました。

久しぶりにお話させていただけて、胸が熱くなり、涙が滲んでしまいました。


その翌日、また違う寺社へ伺う機会ができました。


2日共、お寺はお不動様でした。

お不動様が祓い清めてくださり、神社では神様が御力を授けてくださいました。


その事により、より神様方と繋がりやすくなったのです。



今まで、1か月に1〜2回は参拝していたのが、2か月近くあいてしまい、神様方と繋がるアンテナというのでしょうか、繋がる感度が低くなってしまった様でした。


今回の事で、月参り (1日・15日の参拝 ) は大切な事なのだと、つくづく感じました。


ぴったり1日・15日に参拝できずとも、" お参りしたい " と思った時は、神様方がお呼びくださっている時で、心のままに伺う事で、神様方とより深く繋がるという事がよく分かりました。


神様方とお話でき、最近モヤモヤしていた頭の中が、クリアになった気もします。

スイッチを入れると悪しき者達の念が来るので、オフにしていたのですが、今はスッキリしています。



この経験を機に、いつも神様方と繋がっていられる様に、心身を清めていただき、御力を授けていただける様に、月に1度は寺社へ伺いたいと強く思っております。






神社に伺った時にいた、カミキリ虫さんです。

神様の歓迎の印でした。

色鮮やかで、とてもキレイでした。

IMG_1437

今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング 










心配からの 高血圧?

先週の日曜日、プリ江が熱を出しました。


微熱でしたが2日続いたので、学校を休ませ、近くのクリニックへ連れて行く事にしました。

準備している間、このご時世なので、心配そうなプリ江に " 大丈夫だよ。心配なら、スマホで 'コロナ 症状 ' って検索して読んでごらん。" と伝えました。

読みながら、プリ江、涙目でした。

コロナの症状の一部が、プリ江の症状に当てはまっていたのです。

微熱と筋肉痛がそれでした。


てんしょう、プリ江のその様子を見ていたら、動悸がしてきました。

けれど、これ以上、プリ江の心を乱してはいけないと思い、平静を装っていました。


クリニックに着いて、長い待ち時間があったので、プリ江にはスマホを貸して、てんしょうは隣に座っていたのですが、動悸が治まらず、顔も熱く、変な汗が出ていました。


その待合室には、血圧計が設置してありました。

自分の身体も心配になってきて、血圧を測ってみました。


上が147、下が86!


数値が130を超えると、高血圧だそうで、かなり上回っていました。


その数字を見て、更に動揺し、動悸が激しくなっていきました。


とりあえず、プリ江の隣に戻り、静かに目を閉じました。


身体に何か出てきてもおかしくないお年頃のてんしょう。

更年期障害か、高血圧症かと思いました。


プリ江が診察室に呼ばれ、口コミで高い人気の院長先生が診てくださいました。

結果、扁桃腺の炎症からくる熱でした。

症状の一つの筋肉痛は、体育の授業で激しいダンスをしたため、休校中になまった身体が悲鳴をあげていたからでした。


まずはプリ江、一安心。


会計を待つ間、もう一度血圧を測ってみました。


上が138、下が76まで下がっていましたが、まだ動悸はありました。


プリ江を心配し過ぎての動悸だと思ったのですが、これをきっかけに高血圧症になってしまったか?と心配になりました。


家に帰り、プリ江に薬を飲ませ、自分も落ち着く様にお茶を飲んでいました。


動悸は治ってきていましたが、たまに心臓がドクンと高鳴り、心配が募ります。


医者に行くか迷いましたが、しばらく様子を見る事にしました。

そして、神様にお聞きしてみました。


てんしょう「 神様、この動悸と血圧の高さは何でしょうか。プリ江の事が心配なあまりになったのでしょうか。その少し前も動悸はあった様に思うのですが、更年期障害でしょうか。」


神様「 案ずる事はございません。力を授けております。じきにおさまっていきますよ。」


神様のお言葉で安心しましたが、日々の健康管理は必要と思い、ネットショッピングで血圧計を購入しました。


それが昨日届き、早速計測してみました。


結果、上が118、下が69!


全くの無問題!


「 神様、ありがとうございます!」


お陰様で、プリ江は受診した翌日から元気に登校でき、てんしょうの動悸も無くなっていました。



昨夜、プリプリ姉妹の血圧も測ってみました。

プリ江は、上が107、下が56と問題無しでした。


てんしょう「 プリ江は正常値だね。ママ、クリニックでは147だったけど、118まで下がったよ。」

プリ江「 すごい!良かったね。でも、何であんなに高かったんだろうね。」

てんしょう「 プリ江の事が心配だったからだよ。」

プリ江「 ・・・ありがとう、ママ。」



朝に弱い、プリ子の血圧も測ってみました。


上が92。

92?

下が44。

44?

低血圧なの?

だから、朝起きられないの?





やはり、健康管理は大事だとつくづく思う、更年期なお年頃のてんしょうでした。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング 







ある知人の ご両親のお話 〜 七夕によせて 〜

知人から聞いたお話です。



その知人のご両親は、お見合い結婚でしたが、仲の良いご夫婦でした。


ところがある時、ご主人の方が浮気をし、それが奥さんに分かってしまいました。

分かってしまったのですが、ご主人を問い詰める事はせず、知らぬふりをしていました。


まだ携帯電話なども普及していない頃で、ご主人が家の固定電話で、コッソリ浮気相手と連絡を取っていました。

その固定電話には子機があり、奥さん、その子機から、ご主人と浮気相手の会話を密かに聞いていました。


そんな事が何度かあったのですが、ある日の電話で・・・。


ご主人「 今度会う時、お前の好きな〇〇買ってやるから、楽しみにしててな。」
( 〇〇は、ブランドものの様な高価な物だったかと )

浮気相手「 嬉しい!」

すると・・・。

奥さん「 ダメーッ! ( 旦那の ) 身も心もくれてやるが、金目のものはやらん!!」


奥さん、思わず叫んでいました。


尽くした旦那に裏切られ、それでもいつかは、との思いに限界が来て、愛も情も枯渇してしまったか・・・。






今日は7月7日、七夕まつり。

織姫様と彦星様の、年に一度のデートの日。


毎年この日は曇りや雨で、今日も全国雨模様です。


いい加減、寂しさに耐え切れなくなった彦星様が、他の姫さまに目移りする事のない様、また織姫様も然りで、いつか現れる晴れた天の川を夢見て、心からお二人の幸せを願いたいと思う、単身赴任の夫を持ち、愛の絆を信じる妻てんしょうでした。






↓ プリ子、昨年学校で書いた短冊。
↓ ご覧になられた神様、笑っておられました。

IMG_1381

今もまだ降り続く大雨に、各地で災害が起きております。

被災地の方々のご安全と、災害によりお亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。




今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング 








" 死後の世界 " について

このブログを書かせていただく様になったきっかけは、プリ子やプリ江が神様からチカラを授かり、お空の世界、つまり " 死後の世界 " の事や生まれかわりの事、天使さんの事を話す様になった事からでした。

( 2017.8.27 " きっかけ ① 前世話 " 〜 2017.10.14 " きっかけ ㊾ いただいたチカラ " 、2017.9.1 " プリ子から聞いた 天使の話 " 、2017.9.2 " プリ子から聞いた お空の話 " をご覧くださいませ。)



ある日突然、プリ子が自分の前世を語ってきた事から始まります。

当時7才だったプリ子が、意外な内容の話をするので、てんしょうは不思議と思いつつも、その内容を書き留めていました。


プリ子は、自分の前世話の他にも、天使さんだった頃の、お空にいる時の話もしていました。

お空では、この世と殆ど変わらない生活をしていたそうですが、天使だったプリ子の住む所は、皆同じ様な霊格の人が集まり、心穏やかに楽しく暮していたそうです。

また欲しい物は、思えばすぐに手に入る為 ( 欲しい物を思えば目の前に出てくるそうです。)、物欲とも縁の無い世界でした。

そこにはプリ江もいたそうです。



それとは逆の悪しき魂の者達も、また、同じ様な霊格の人が集まり、住んでいるそうです。

悪い意味での、類友です。

悪しき考えの人ばかりな為、気が合う者同士、仲が良いと思いきや、そこは地獄の様な所だそうです。


以前、神様からお聞きしたお話ですと、その悪しき魂の中には、生前は、政治家だった人や、位の高い僧侶だったり、所謂この世では偉いと言われた人もいるという事でした。

そういう人達は一見、人様の為にという善人の顔をしている様で、実は、名誉やお金や物欲にまみれた思考で、自分の事しか考えられない未熟な魂なのだそうです。


また生前に、身勝手な考えで人を傷付けたり、人の大切な物を強奪したり、人を騙したり、命を奪った様な者もいます。

そういった魂は、魂に磨きを掛けるという概念も無い様です。

なるほどなぁと思います。

だから、地獄の様な所になってしまうのかと理解できます。


想像してみてください。

一つの街に、殺人犯・強盗・詐欺師、偽善的な政治家、生臭坊主、他にも、いじめなどで人を死に追いやった者などが、所狭しとひしめき合い、互いを傷付け合っているのです。

それは、地獄です。



魂の性格は、良くも悪くも、生きている時の性格と変わらないそうですので、例え、上記の様な者達がこの世に生まれ変われたとしても、魂の修行もせず、また同じ様な人生を、無駄に送る事になるのです。

その様な者からの被害が出ない様にする為にも、本当に生まれ変わって欲しくないです。



人は、苦難や悲しみを乗り越え、人と喜びを分かち合う事で、魂を磨き、魂の絆を結んでいきます。

魂を磨き、霊格を上げる為に、苦難を承知でこの世に生まれてきます。

この世に肉体を持って生きる時間は、魂だけの存在の時に比べれば、ほんの僅かです。


そういった意味でも、この世に生まれ出る事ができるのは、ある意味では奇跡なのです。



せっかくの命、天寿を全うしてお空に帰った時、自分がこの世で経験してきた事を、他の魂の方々に語って聞かせられる様な人生を送りたいものです。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング