☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

プリ子の前世の母親 

プリ子の前世アサの母親マスは、アサが生まれてすぐに亡くなっています。

24才の若さでした。

とある会社の社長の一人娘で、心優しい人間だったそうです。


今は、プリ子を守ってくれている天使のキャシーです。


アサを生んですぐに亡くなった為、生きてその成長を見る事は成らず、天使となり、今も、プリ子として転生したアサを守り続けてくれています。

キャシーは、昨日の記事で書きましたプリ子の様子を、母親の目線で温かく見守っていました。

眠ってしまったプリ子に寄り添い、プリ子の頭を優しく撫でながら、" アサちゃん・・・" と呟いていました。


普段のキャシーはプリ子と同い年の姿で、プリ子の事も " プリ子ちゃん " と呼んでいるのですが、昨日の記事の様な状態のプリ子を見つめるキャシーの眼差しは、母親そのものでした。

魂の存在になっても、やはり我が子というものは、いつまでも愛しい存在なのだと、キャシーを見ているとつくづく思い、涙してしまいます。

そして、魂の絆、深い愛情を感じ、学ばせてもらっています。 



先祖の深い愛で、魂の絆がより強く結ばれていくのだと、改めて先祖への感謝の気持ちが溢れてきます。



天使のエイジくんとキャシーは、いつかプリ子の子どもとして、この世に生まれてくる事が決まっています。

てんしょうとパパ夫の孫になる、エイジくんとキャシー。



いつか来る十数年後が、とても楽しみです。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング









タレント 磯野貴理子さんの事

昨日のネットで、タレントの磯野貴理子さんが離婚なさるというニュースを読みました。


お相手は、24才年下の元バーテンダーの方。

結婚して7年経つそうですので、当時の年齢は磯野貴理子さんが48才、男性は24才。

離婚理由は、男性の " 自分の子どもが欲しい " 。


現在55才の女性が、その台詞を言われたら、どうしようもないと思います。

ですが磯野貴理子さんは、その男性の言葉を受け止め、身を引こうとされています。


この事に関するご意見は、様々ありました。



魂のお話をしますと、磯野貴理子さんはお空におられる時、この様になる事は分かっておられました。

その男性もお空におられ、その様な話をされているのです。


それは、その事の良し悪しではなく、この世で体験する中の一つであり、それを体験したに過ぎないのです。


この様に書き、読み返しますと、何か冷たさを感じてしまいますが。


魂は、この世に肉体を持って生まれ出て、いろんな体験を積み重ねていきます。

この体験は、魂の修行の様なものです。

体験は、決して楽しいものばかりではありません。

辛い事の方が多いとも言えます。


けれど、この様な経験の積み重ねで、魂は鍛えられ、洗練されていくのです。


磯野貴理子さんの心の痛みは、同じ女性であるてんしょうにも、想像はできます。

てんしょうも高齢出産で、一度は " 子どもを持つ事を諦めなければいけないか " と思った事がありました。

そういった意味では、女性は、年齢の事を言われてしまうと、何も言えなくなってしまうと思います。


" 自分の子どもが欲しい " と言った男性に対するご意見では、" 年齢差を考えれば、結婚前に分かっていた事だろう " とか、もっとキツイ言葉 " 卑怯 " などがありました。

その男性にとっては、耳の痛い言葉だと思います。

けれども、これも魂の上では、修行の一つでした。

この男性の魂は、まだまだ未熟なものでした。


お空の上では、磯野貴理子さんの魂は、未熟な男性の魂の修行の手助けをした事になるのです。



魂は、この世で肉体の中に入ってしまうと、お空での事など忘れてしまいます。

ですが、知らず知らずの内に、お空で話し合った事の体験をしていっているのです。



てんしょうは、磯野貴理子さんのお話を文字で読みましたが、朝のテレビ番組では、ご本人がお話しされていたそうです。

それをご覧になった方は、涙した方もいらっしゃるという事でした。



磯野貴理子さんが脳梗塞で倒れた時は、その男性が気付き、そのお陰で大事に至らなかったそうです。



離婚に至っても、" 感謝しかない " という磯野貴理子さんの言葉。



てんしょうは、このお二人、良いご夫婦だったのだと思います。

魂の上でも、協力し合える良きパートナー。

このお二人、お空に帰られたら、この世での体験を懐かしくお話しされる事と思います。



いろんな形のパートナーがいます。

てんしょうとパパ夫も、お互い良きパートナーだと思っています。



良き魂の夫婦は、たとえ別れてしまっても、魂の上では、支え合っているものなのだと思います。

IMG_7109

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング















前世の祥月命日  前世の誕生日

今日3月1日は、" 豚の日 " だそうです。

アメリカ合衆国で行われる " 豚を祝う " 日だそうですが、各地で様々な催し物があり、豚のパレードや、無料で豚の焼肉が振舞われたり、逆に豚肉を食べるのを控えたり、豚の品評会があったりと、豚目白押しな日です。




そして同じ3月1日は、てんしょうの前世 マサノリ の祥月命日。

乗っていた艦船を撃沈され、遠い地に妻や我が子を残して、戦死しました。

当時、マサノリの次女 ジュン は " お父さんに会いたい " と言いながら、6才で病死しています。



先にお空に上がっていたマサノリは、ジュンがこの世を去る時に、その魂を迎えに行き、その後、マサノリがてんしょうとして生まれ変わる時まで、いつも一緒にいました。


マサノリが生まれ変わる為にお空を去る時、ジュンに " その時が来たら、お父さんの元に生まれてきなさい " と言い、この世での再開を誓い合いました。

そしてジュンは、神様に " お父さんの命日に生まれたい " と誕生の日を申請しました。

父親であるマサノリ ( てんしょう ) に、自分がジュンである事を分かってもらえる様に、との思いでした。


ジュンは、その命日に近い日に生まれ、プリ江として、今を生きております。


プリ江が生まれた病院では、生まれたばかりの時、その病院でその年に生まれた赤ちゃんの順に、番号札を付けてもらいます。( 赤ちゃんの取り違え防止の為 )

プリ江は " 301 " の札でした。

その番号札の数字を見た時、" もしかしたら、この子は マサノリおじいちゃんの生まれ変わりかもしれない " と思いました。( マサノリは、この世では、てんしょうの祖父にもあたります。)

" 301 " を3月1日の " 命日 " と重ねたからです。

プリ江の生まれた日も、マサノリの祥月命日に近いものでした。


実際は、マサノリを慕って、父親を追いかける様にして生まれてきたジュンでした。



我が子であるプリプリ姉妹は、てんしょうにとって、かけがえのない存在です。

けれど、神様や天使さん達からのお話で、前世での、そしてお空での深い繋がりを知った時、何か、魂から溢れてくる様な、形容しがたい程の感情や喜びに満ち、より " この子達を命懸けで守らねば " という気持ちが芽生えました。



プリ江の場合、 " 私がジュンだよ。お父さんの所に生まれてきたよ。" とてんしょうに知らせる為に、てんしょうの前世マサノリの祥月命日を誕生の日に選びました。

結果、てんしょうは " プリ江がマサノリの生まれ変わり " と思い違いしてしまいました。



これを踏まえて、てんしょうが出した結論。


" どなたかに、自分は〇〇の生まれ変わりだという事を知ってもらいたいと願うなら、神様への誕生の日の申請は『 自分の前世の祥月命日 』、もしくは 『 自分の前世の誕生日 』にすべし。" です!

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング














私を忘れないで

アメリカで2017年に、日本では2018年に公開されました映画「 リメンバー ミー 」は、ご存知の方も多くいらっしゃる事と思います。

この世とあの世が繋がる、死者の日に繰り広げられるお話です。


昨年の春、てんしょうとプリプリ姉妹が実家に帰省した際、伺ったお寺 ( この年始にも伺いました ) 高福寺様のご住職様がお勧めくださった映画でもあります。


プリ江が、この映画を勧められた事を覚えていて、「 リメンバー ミー、見たい 」の声にDVDを借りてきました。


ネタバレになるといけませんので、内容はお伝えできないのですが、映画に映し出される映像の中で、実際の天使さん達 ( エイジくん達 ) が、" これ、あるある ( 天使さんあるある ) " という事がありました。

例えば、あの世の人達が、この世の人達の出すお供え物などを手にする時、その実際にある物が分身の術の様に、もう一つ出てきて、あの世の人達はそれを受け取れるのです。

その表現が、忠実に再現されているのだそうです。

てんしょう家族4人で見ていたのですが、その隣りでは、天使のエイジくん達と、神様もとても興味深くご覧になっておられました。



「 リメンバー ミー 」  〜 私を忘れないで 〜


亡くなられた方は、この世に残してきた大切な人達を思いながら、あの世へと上がっていかれます。

そしてあの世から、" 忘れないで。いつも見守っているよ。" と、この世にいる私達を励ましてくれています。


そして日本では、お盆になるとご先祖さま ( 天使さん ) が私達に会いに、この世に降りてこられます。


降りてこられるのはお盆ですが、いつも見守ってくださっているご先祖さまを、時には心に思い出し、話し掛けたりなさってくださいませ。

ご先祖さまはお聞きになっておられます。

その事が、ご先祖さまの励みになり、私達との魂の絆が、より深く強くなっていくのです。





皆さまも機会がおありでしたら、映画 「 リメンバー ミー 」を是非ご覧くださいませ。

ご先祖さまを より身近にお感じになる事と思います。

IMG_5047

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング










幸せを実感 結婚記念日 

昨日は、パパ夫とてんしょうの結婚記念日でした。


2001年に知り合い、2002年から付き合いだし、その後1年間の遠距離恋愛を経て、2005年の昨日、入籍しました。

結婚14周年、" 象牙婚式 " だそうです。

年齢的には遅めの結婚でしたが、いい年のおじさん・おばさんになった今、とても幸せな日々を過ごさせていただいております。


単身赴任のパパ夫ですが、心の繋がりをとても強く感じ、結婚当初よりも更に、愛が深まっている事を感じます。

そこには、プリプリ姉妹という我が娘達も、大きな存在としております。


パパ夫とプリプリ姉妹という家族の存在があるからこそ、生きる喜び・幸せを実感できているのだと、心から思います。



今回、記念日当日を一緒に祝えませんでしたが、3連休だった13日の夜、家族で乾杯しました。



てんしょう「 ねえ、今月の18日って何の日か知ってる?」

パパ夫「 ん?結婚記念日でしょ?

そんな大事な日、忘れる訳がない。

覚えてるに決まってるだろぉ。」

てんしょう「 それなら、良いけど♡ 」


新婚の頃、数年は、すぐに答えられなかったパパ夫。

学習した模様です。( 鬼嫁恐し? うふっ♡ )



来年は15周年、" 水晶婚式 " 。

できますれば、50周年の " 金婚式 " を迎えるまで、手と手を取り合い、元気に生きていけたらなぁとしみじみ思う、妻てんしょうでした。






あぁ、懐かしや・・・。

IMG_5046

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング