プリ江から聞いた話

☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

キリスト様とプリ江

3年前、プリ江がチカラを授かって、しばらく経った時のこと。



ある日の夕方、てんしょうはいつもの様に、プリプリ姉妹とお風呂に入っていました。

プリプリ姉妹を洗い終え、湯船に浸からせ、てんしょうは身体を洗っていました。



プリ江 「 ママ!ママの後ろに、背中にこんな木がくっついてて、手をこうしてる人がいる!」

ジェスチャーで、腕を縦のバッテンにしたり、両腕を左右に広げたりしています。


突然、興奮した様に一生懸命に説明するプリ江の様子に、てんしょうは、" また、どなたか来られたのだ " と分かりました。( 何故か、お風呂の時によく来られます。)


てんしょう 「 プリ江、その方、頭にチクチクの輪っかをのせてる?」

プリ江 「 ママにも見えるの?
チクチク、のってる!」


てんしょうには見えていませんが、プリ江ジェスチャーの、背中にくっついているバッテンの木と、両腕を左右に広げている様子から、キリスト様ではないかと想像しました。


てんしょう 「 キリスト様でいらっしゃいますか?」

プリ江 「 そうですって言ってる!」



てんしょうは、もう一つ心当たりがありました。


プリ江を出産した所がカトリック系の病院で、敷地内に教会があり、出産前に教会で、" 無事生まれてきます様に " とお祈りをしました。

写真はその教会です。


















入院した部屋にもキリスト様が壁に掛けられていて、てんしょうはいつもそのキリスト様に、" プリ江が元気に成長します様に " とお祈りをしていました。




















      
  やはり、その時のキリスト様でした。



キリスト様は、プリ江がチカラを授かった事をお知りになり、そのお姿をプリ江にと、お越しくださったのでした。



てんしょう 「 キリスト様、その節はプリ江がお世話になりました。

おかげ様で、元気に成長しております。

キリスト様、どうぞ十字架からお降りください。

頭の上の物もお外しください。」



プリ江 「 木と、頭のチクチクが無くなったよ!」



キリスト様 「 あの小さなお子が、こんなに大きくなられたのですね。」( プリ子が通訳してます。)


てんしょう 「 キリスト様、ありがとうございます。」


てんしょうは、プリ江の事をお思いくださり、プリ江に会いに来てくださったその御心が嬉しくて、涙が出ました。





プリ江がお腹にいる時、とある事で破水してしまい、1ヶ月早く出産する事になってしまいました。

小さな赤ん坊でした。

ですが、泣き声はどの赤ちゃんよりも大きく、新生児室まで授乳させに行くのですが、プリ江の泣き声に反応して、他の赤ちゃんも泣き出してしまう様な事もありました。( 赤ちゃんたち、ごめんなさいね。)

プリ江の元気な泣き声に、てんしょうはあまり心配はしていませんでしたが・・・。



キリスト様は、その小さな赤ん坊のプリ江をご心配くださっていたのでした。







新生児室、ガラス越しのプリ江とてんしょうです。















パパ夫に抱っこされてます。




















  プリ子とプリ江。二人とも赤ちゃん。
























今日は、クリスマス イヴ。

キリスト様、どうぞ世界中の心美しい人たちが皆、心穏やかに過ごせます様に。



皆さま、どうぞ素敵な聖夜をお過ごしください。









パパ夫 & プリプリ姉妹   作  

「 宇宙人 雪だるま 」・・・なぜ宇宙人?























  今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング  



☆ てんしょう おすすめのひとしな ☆

可愛いツリー見つけました。

テーブルに飾って、クリスマスディナーをどうぞ。


皆さまも おひとついかがですか?

               ☆ てんしょう ☆

白いお着物の女神様

プリ江にもチカラが授かり、目に見えない方々が見える様になって、しばらく経った時の事。


プリ江 「 今日、学校で白いお着物を着た女の人がいたの。
学校の廊下の向こうにいて、プリ江に頭を下げたから、プリ江も頭を下げてご挨拶したの。
すごいキレイな人だったよ。」

てんしょう 「 その方、人じゃないと思うんだけどな。」

てんしょうの頭の中にも、その時の映像が映し出されました。


天の声 「 木花咲耶姫様にございます。」


日本書紀にも出て来られる神様です。

プリ江からその事を聞いた、その前夜だったか、てんしょうはネットで、富士山に祀られている神様の事を調べていました。

富士山 本宮浅間大社の御祭神、木花咲耶姫様。


桜の花の様にお美しい女神様だそうですが、芯のお強いお方でもあります。


プリ江の出産予定日が桜の季節だった事もあり、プリ江の本名にも " 咲 " の字が入っており、木花咲耶姫様の様な女性に、と親バカながら、ネットを見て思っていた矢先の事でした。


天の声 「 偶然ではありませんよ。
てんしょうさん、あなたの思いが咲耶姫様に届いていたのでございます。」


本当に有難い事です。

この日からプリ江は、木花咲耶姫様にお守りいただける事になりました。




そしてこの日からプリ江は、学校や家の廊下で度々、咲耶姫様のお姿を見つけては、お辞儀をするのでした。

















今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング 



☆ てんしょう おすすめのひとしな ☆

桜咲く! " 合格祈願 ブレスレット " 。

プリプリ姉妹にも必要な時期が来るのかな。


皆さまも おひとついかがですか。

               ☆ てんしょう ☆

宇宙からのお客さま?

これは、昨年2月頃、プリ江が体験したお話です。



プリ江が、自宅でお手洗いをしていた時の事。

当時、ひとりで入るおトイレが怖いと言うプリ江は、いつも、半分くらいドアを開けて入っていました。

この時も、いつもと同じ様にしていたそうです。

すると・・・。


プリ江 「ママーっ‼︎ 来てっ!早く来てっ!」


プリ江の尋常ではない叫び声に、てんしょうは慌ててトイレに向かいました。

開いているはずのドアが、カギまで掛かっています。

てんしょう 「プリ江!ママ来たよ!どうしたの?開けて!」

すぐにドアが開き、真っ赤な顔をしたプリ江が抱きついてきました。

てんしょう 「 プリ江、どうしたの?大丈夫?」

そう聞きながら、抱きついているプリ江の頭を撫でました。



落ち着きを取り戻したプリ江でしたが、また少し興奮気味に言いました。

プリ江 「あのね、ドアにね、灰色の手があったの。こうやってね・・・。」

プリ江は、一度トイレ前の廊下を誰もいないか確認する様に見渡してから、ドアに手をかけ、その時の状況を説明しました。



この様な事でした。

" プリ江が用を足し終わり、手を洗っている時、何か視線を感じ、ふとドアの方に目を向けると、開いているドアの所に、ふたつの灰色の手が出てきて、ドアの縦の部分に手をかける様にしてきた。
びっくりして、すぐドアを閉め、トイレのカベにへばり付いて、てんしょうを呼んだ。"



てんしょう 「もういないでしょ。大丈夫。お部屋に行こ。」

プリ江 「誰だろう。怖かった。」

てんしょう 「怖かったね。でも、ドア閉めた時、その手、はさまれなかった?」

プリ江 「すぐに、引っ込んだ。」




この日からプリ江は、2、3度この体験を繰り返しました。いつも、絶叫です。



それから、しばらくしての事です。



プリ江は、懲りもせず、相変わらずドアを半開きにして、用を足し、手を洗っていました。

そして、プリ江の絶叫に呼び出されました。

カギのかかったドアを開けさせ、大丈夫だよと、いつもの様に部屋に連れてくると、プリ江は、いつもと違う表情をしていました。

プリ江 「ママ、今ね、顔も出てきた。」

てんしょう 「 ⁉︎ 顔 ?」

プリ江 「最初、手が出てきて、すぐに顔も出てきたの。顔も灰色で目が大きかった。」

てんしょう 「顔、描ける?」



てんしょうは、紙と色えんぴつをプリ江に渡し、その出てきた顔を描かせました。

そうして描いたプリ江の絵のそれは、" 宇宙人、グレー "そのものでした。



てんしょうは、ネットで宇宙人グレーを検索し、その画像をプリ江に見せました。

プリ江 「 これ!この人が、トイレに来たの!」





この後、何日か経ったある日、プリ子もその存在を自宅の廊下で確認しました。

ですが、プリ江の言うグレーの目は黒かったのですが、プリ子の見たグレーの目は赤かったそうです。




天の声 「宇宙からのお客さまですね。」



何とも、お騒がせなお客さまのお話でした。



ちなみに、今プリ江は、トイレはしっかりとドアを閉め、カギも掛けて入っています。誰も入ってこない様に、だそうです。





初めてプリ江がグレーと遭遇した日の夜、プリ江はパパ夫にその話をしました。

パパ夫 「その手、ドアに挟まれなかった?」

・・・そこ?





こんな感じ?ニコッてしてたって。
















今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング