プリプリ姉妹

☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

プリ子 中学生になります

本日午後から、プリ子入学予定の中学校の説明会があります。


プリプリ姉妹は中学受験をしないので、何だか呑気です。

そして、仲良しのお友達も同じ中学校なので、とても嬉しそうです。



仙台に引越した当時、パパ夫が東京に転勤する時点で、プリプリ姉妹とてんしょうも一緒に東京に戻る事にしていました。

が、小学校も高学年になり、自我もしっかりとしてきた為、" 仙台で卒業したい。お友達と離れたくない。" というプリプリ姉妹の思いを尊重し、残る事にしました。
( プリプリ姉妹は " パパも仙台に残るの!" と言っていましたが・・・。)

パパ夫の本音は、家族皆で東京に戻りたかったのですが、プリプリ姉妹の気持ちを確認し、単身赴任を選びました。


結局、中学卒業までは、仙台に残る事になりました。




引越し当時、プリ子4才になりたて、プリ江2才後半。

そんな幼かったプリプリ姉妹が、この春、中学生と小学6年生になります。


仙台での生活は、東日本大震災に始まり、いろんな問題が次から次へと起こったりもしましたが、プリプリ姉妹がきっかけとなり、目に見えないご存在の方々との交流が始まり、今はとても穏やかで、幸せをしみじみと感じる日々を過ごさせていただいております。



プリ子が中学生。

てんしょうは中学生の母親。

何だか信じられないって気持ちもありますが、こうして年をとっていくのも良いものだなぁと、改めて喜びを噛みしめる母てんしょうでした。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング










プリプリ姉妹の 雪だるま作り ☃️

昨日は朝から5cm程の積雪があり、午後から公園へと足を運びました。



FullSizeRender



公園に着くと、雪が溶けて、なくなっていました。

IMG_3855


それでも日陰には、なんとか残っていました。

IMG_3924


公園の奥にある、屋外ステージへ。

ベンチには、真っさらの雪が残っていました。

プリプリ姉妹、大はしゃぎ。

FullSizeRender


何やら、手分けして作業を始めます。

IMG_3925


IMG_3927


IMG_3928


結構な大きさの雪玉。

IMG_3930


IMG_3929


雪だるま?

IMG_3900


顔ができてきました。

ピンク色の手袋は、プリ子のもの。

鼻は松ぼっくり。

IMG_3931


完成! きつね雪だるま?

かわいくできました!

IMG_3932











・・・ " くま " でした。

切ない背中・・・。

IMG_3914

今日も平和な一日でした。





ポッポちゃんの足あと。

かわいい ^ - ^

IMG_3920

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング







プリ江が似てる人

ある日、プリ江がてんしょうに聞いてきました。


プリ江「 ねえ、ママ。

◯瀬はるかっていう人知ってる?」


てんしょう「 うん。" は〜るかな、う〜ま〜みぃ〜♪ " の人。」


プリ江「?」


てんしょう「 お醤油の宣伝してる人だよ。」


プリプリ姉妹「 あぁ!わかった!」


てんしょう「 この人がどうしたの?」


プリ江「 お友達が " プリ江ちゃん、◯瀬はるかに似てる " っていうから、誰かと思って。」


てんしょうは、ネットで検索して、画像を見せました。


てんしょう「 この人、女優さんだよ。

キレイな人だね。」


プリ子「 キレイ。」


プリ江「 うん。この人に似てるかなぁ。

ママ、プリ子、似てると思う?」


プリ子「 ちょっと似てるかな?」


てんしょう「 どうかな?

でも、似てるって言ってくれるお友達は、プリ江の事、可愛いって思って、言ってくれたんだと思うよ。

優しいね。」


プリ江「 うん!優しい子だよ!」


てんしょう「 ねえ、これからプリ江の事、" うまみ " って呼んでいい?」


プリ江「 ・・・返事しないっ。( *`ω´)」



怒らせてしまいました f^_^;



何でもない、親子の会話でした。

IMG_3840

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング












今日は 授業参観日

今日はプリプリ姉妹の通う、小学校の授業参観日です。


プリ子は6人程のグループで、自分達の住む街の良い所をまとめ、発表するそうです。


プリ江は、自作の俳句を発表するそうです。





プリ子が3年生、プリ江が2年生の時の授業参観日のお話。


45分の授業時間をプリプリ姉妹半分ずつ見るので、1分の教室移動時間に、1人22分と決め、それを2人に伝えていました。


最初にプリ江の教室に行き、途中22分経ったので、プリ子の教室へ向かいました。


教室の後ろはいっぱいで、途中で入ったてんしょうの居場所がない程でしたので、教室の窓の方の狭い通路へ移動しました。


その通路にも、2〜3人の保護者がいたのですが、プリ子は教室の時計をチラッと見て、それから後ろにいるであろう母てんしょうを探して、何度か後ろを振り返っていました。


後ろにはいないので、何度見てもてんしょうは見つかりません。


てんしょうは、狭い通路から、プリ子をもどかしく見ていました。


" ママ、こっちだよ〜。"


プリ子の顔が悲しみの表情になってきました。

今にも泣きそうです。

てんしょうは横から見ているので、プリ子の顔がよく見えるのです。


てんしょうは、あっと思い、" そうだ!天使のエイジくん!" と思いました。


その頃は、てんしょうにもプリプリ姉妹にもチカラがあり、天使さん達とお話できる状態でした。


てんしょうは、天使のエイジくんに念を送りました。


" エイジくん、聞こえる? プリ子に、ママは右側の窓際にいるって伝えて!"

" はーい!"


その瞬間、プリ子はハッとした顔になり、パッとてんしょうに顔を向け、恥ずかしそうな笑顔を見せました。


" ママ、よかったね!"

" エイジくん、ありがとう!"




今のプリプリ姉妹には、チカラがありません。

神様の仰る通り、9才を迎えてから、そのチカラは少しずつ消えていきました。

そして、チカラを持っていた頃の事や、ハッキリと見えていた神様や天使さん達の姿も忘れてしまったそうです。



授業参観に行くと、プリプリ姉妹の隣りには、人間のお友達にまざって、天使のエイジくん・キャシー・ソウくん・スミレちゃんが一緒に授業を受けています。


天使さんは、他の保護者達を気にすることなく、てんしょうに手を振ってくれます。
( 他の方には、見えていないと分かっているから。)


今朝もプリプリ姉妹を見送りながら、" 今日の授業参観、楽しみにしてるね!"  " ママ、気を付けて来てね。待ってまーす!" と言葉を交わしました。


子ども達の成長を感じられる行事の一つ、授業参観。


とても楽しみです。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング










お金のしつけ 〜 追記 〜

昨日、プリプリ姉妹へのお小遣いの渡し方を記事にしました。


今は100点を取るごとに50円を、その都度渡しておりますが、以前は、お手伝いをした分を渡しておりました。

カレンダーへ、お手伝いをした日に、お手伝いした分の◯印を付け ( プリ子はピンク、プリ江は青の ) 、その◯印の数だけ渡すという形です。

一つの◯印で10円なので、それを自分で計算させて、1か月分まとめて、翌月の初めに渡します。


そのお小遣いを渡す役は、パパ夫です。


パパ夫からの " ママのお手伝い、頑張ったね。ありがとう。" という言葉と共に、プリプリ姉妹に手渡されます。

そして、母てんしょうもプリプリ姉妹に、ありがとうの気持ちを伝えます。



それからもう一つ、プリプリ姉妹に伝えていた事がありました。

これは、パパ夫がいない時に伝えていました。


「 こうして、毎日ご飯が食べられるのも、お洋服が着られるのも、お風呂に入ったり、温かいお布団で寝られるのも、パパが一生懸命お仕事をして、お金をもらってきてくれるからだよ。

お仕事をしてお金をもらうって、本当に大変な事なの。

そしてね、お金が無いと、ご飯もお洋服も買えないし、お家にも住めなくなるんだよ。」


プリプリ姉妹、不安そうな顔をします。


「 だけどパパは、プリ子とプリ江の事がとっても大切だから、毎日楽しく元気に暮らせる様にって、頑張ってお仕事をしてくれてるの。

プリ子もプリ江も、パパへのありがとうの気持ちを忘れないで、パパを大切にしてね。」


二人とも、神妙な面持ちで頷きます。




これは、プリプリ姉妹が3〜4才を過ぎて、ある程度の話が通じる様になってから、年齢に応じた分かりやすい言葉で、何度も話して聞かせていました。


お金を手にする事の大変さや大切さ、パパ夫のプリプリ姉妹に対する愛情を、母親として伝えたかったからです。




小学校高学年になったプリプリ姉妹には、今まで伝えてきた事が、しっかりと伝わっている様に思います。


最近では、ニュースなどから、お金によって人の命も奪われるという話をしています。

お金の貸し借り、連帯保証人などに纏わる、お金の怖さも話しました。



我が子には、お金に振り回されず、執着する事なく、真っ当な金銭感覚で、真っ直ぐな人生を歩んでいってもらいたいと、切に願う母てんしょうでした。

IMG_3644

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング