プリプリ姉妹

☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

プリ子の 中間テスト

長い長いテスト勉強期間が終わりました。

やっと、寝不足の日々から解放されます。

今日、プリ子は中間テストを受けます。




今朝、鏡の前でプリ子の長い髪を縛っている時の事。

てんしょう「 この3週間、みっちり勉強できたから、あとは覚えた事を全部出し切るだけだね。」

プリ子「 うん。数学は、四則計算とプラスマイナス間違えない様にすれば、大丈夫だと思う。」

てんしょう「 加減乗除とか、何が何か覚えてる? 」

プリ子「 ! ちょっと見直す。」

プリ江「 和がタスで、差がヒクで、積がカケルで、商がワルだよね。」

てんしょう「 プリ江、よく覚えたね。
プリ子、ネットで調べて確認してごらん。」

プリ子、てんしょうのスマホで検索しておりました。

プリ子「 危ないとこだった。もう大丈夫。」

てんしょう「 心配しなくても、問題を見れば思い出すよ。」



玄関を出る時、少し不安そうな顔のプリ子の肩を抱き寄せ、頭を撫でながら言いました。

てんしょう「 小学生の時から何度もテストは受けてるから、その時みたいに受ければいいんだよ。
今まで頑張ってきたんだから、プリ子なら大丈夫だよ。」

プリ子「 うん、頑張る。ママ、ありがとう。」



中学生になって、初めてのテスト。

正直な話、この3週間、プリ子もてんしょうもしんどかったです。


3年生になると、高校受験の勉強が始まります。

3週間でしんどいと思いました。

多くの人が通る道とは言え、1年間は辛いと思います。

やはり、普段からのコツコツが大切だと思います。



プリ子を見送るてんしょうに、プリ子を守ってくれている天使のエイジくんとキャシーが言いました。

エイジ・キャシー「 プリ子ちゃんは大丈夫だよ。
僕達もプリ子ちゃんを応援しているから、ママは安心して待っててね。」

頼もしい応援団です。



こうして、一つ一つ、親子で乗り越えていくのだなぁと思いました。

そして、プリプリ姉妹が早く成人して、親の手を離れてほしいと願う、母てんしょうでした。

( 成人したら、したで、いろいろ出てくるとは思いますが・・・f^_^; )





プリ子、スイカ休憩。

IMG_7548

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング









プリ江 胃腸炎に

昨朝の事。

6時40分に寝覚めたプリ江は、寝不足なてんしょうとプリ子を起こさない様に、静かに寝室を出ていきました。

8時過ぎに起きたてんしょうは、居間で勉強しているプリ江と、3つのお皿に盛ったスクランブルエッグを見つけました。


てんしょう「 プリ江、おはよう。
えらいねぇ、朝からお勉強?頑張ってるね。」

プリ江「 ママ、おはよう。
おトイレで目が覚めちゃって、そのままこちらに来ちゃった。」

てんしょう「 たまごも焼いてくれたんだね。
ありがとう。早速朝ごはんにするね。」

プリ江「 うん、お腹すいたから、先にたまご食べちゃう。」

てんしょう「 そうだね、早起きしたからね。」


朝食作りの前に、プリ子を起こしに行き、その足で洗濯機を回し、着替えをしていたら、プリ江が " お腹痛い " と言って、トイレに急ぎました。

しばらくすると、" 痛い、痛い " と言う声と唸り声がしてきました。

トイレを覗くと、痛みに強いプリ江が、苦悶の表情を浮かべていました。


その後、ソファーで寝かせていたのですが、1時間くらい、ずっと吐き続けてしまいました。

その間も、胃の辺りを抑えて痛がっていました。


最初、たまごが原因?とも思いましたが、同じ物を食べているてんしょうとプリ子は、何ともありません。

歩けない程の痛みが治まったのを見計らい、近くの小児科クリニックに行きました。

2時間待ちでしたが、その間、ベッドで寝かせてもらえました。



胃腸炎と診断されました。

最近、その病気の患者さんが増えているそうです。


病名が分かり、少しだけホッとし、お薬をもらって帰ってきました。




その間ずっと、プリ江を守ってくれている天使のソウくんとスミレちゃんは、プリ江に力を授けてくれていました。

プリプリ姉妹を守ってくれている天使さん達は、てんしょうとプリプリ姉妹の先祖にあたります。

プリプリ姉妹の体調が良くないと、親の様に心配をして、早く治る様に力を授けてくれる、有難い存在です。



来週からプールの授業が始まりますが、当分の間はお預けになりそうです。

4・5日前から、誰よりも早く学校に水着を持っていってたのですが ( T_T)\(^-^ )



早く元気になって、天使さん達を安心させてあげてね。プリ江。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング










寝不足 母娘

最近のてんしょうとプリ子、寝不足です。


来週の月曜日、中間テストがあり、毎晩遅くまでテスト勉強で、てんしょうはプリ子に付き合っています。

基本的にはプリ子一人での勉強ですが、分からない所を質問してきたら教えたり、教科書やノートで確認させたり、プリ子が解いた答えの丸付けをしたり、眠そうにしていたら励ましたりしています。


休日では、6時間以上頑張った日もありました。

平日でも、部活動がない時は4時間以上、帰りが遅い時でも2時間はしています。


こんな感じで2週間が経ちました。

よく集中力が続くなぁと、我が子ながら感心します。


プリ子はパパ夫に " テストでいい点を取りたいの。" と言っていたそうです。

テストの結果次第で、スマホが手に入るという事もあると思うのですが、それだけではない様です。


てんしょうは、プリ子が中学生になる前、" 中学での3年間の勉強は、高校の受験勉強だと思って毎日コツコツしなさい。" と言った事がありました。

それが頭にあるみたいです。


幼い頃から、プリプリ姉妹が勉強する時は、てんしょうが付きっきりでした。

未就学の時から塾にも通わせていましたが、その教室があまりにもうるさくて、勉強に集中できる環境ではないと判断し、低学年の時にやめてしまいました。

けれど、塾での教え方をてんしょうも学んだので、これなら小学生の内はてんしょうが教えればいいと思い、問題も教科書などを参考にてんしょうが作成したり、ドリルを買い与えて教えていました。

そうこうしていると、今度はプリプリ姉妹の弱点が見えるようになり、苦手な部分の補強問題を繰り返しさせたりして、苦手を克服していきました。

プリプリ姉妹も、分からなかった問題が解ける様になると、面白くなってきて、そこから少しずつ難しくしていったり、ひねった問題に挑戦したりと、勉強が楽しいと言う様になりました。


今、てんしょうはプリ子に付きっきりになっているのですが、その間のプリ江はどうしているかというと、プリ子の6年生の時の勉強ノートを引っ張り出して、てんしょうの作った問題を自分のノートに書き写し、それを解いていくという作業をしております。

昨年までは、二人分の問題を作っていたのですが、今年はプリ江がそれを再利用して、分からない問題はてんしょうに質問するという形を取りました。



正直なところ、小学生の内に基本的な勉強の仕方を教えておけば、中学生になったら一人で頑張れると思っておりました。

ところが、小学生の時のやり方では、中学の勉強は追い付かない事が判明してしまいました。


中間テストが終わったら、てんしょうはプリ子の勉強から離れようと思っていましたが、高校受験を考えると、完全には離れられない様です。




神様「 プリ子ちゃんもプリ江ちゃんも、勉学に励んでおられますね。
てんしょうさんも教育熱心で、親子で頑張っておられ、感心しておりますよ。
天神様も、お二人にお力を授けておられますから、安心なさいな。」


そうでした。

プリプリ姉妹、天神様にご縁をいただいておりました。

有難い事です。




残りの3日間で総仕上げですが、無理をさせ過ぎない様に、付き合っていきたいと思っております。


2年後の本格受験の時期を思うと、少し頭が痛くなりますが f^_^;

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング









プリ子の通う中学校までの道のり

今朝8時頃、てんしょうの住む地域では、震度2くらいの地震がありました。

台所にある洗ったばかりのグラスが、カチカチ音を立てているのを聞いて、気付きました。


震源地は茨城県北部で、マグニチュード5.2。

東北では、福島県が震度4ありました。

最近、よく小さな地震があり、8年前の東日本大震災を思い起こしてしまいます。



てんしょう宅から小学校までは、徒歩5分ほどですが、プリ子の通う中学校までは30分ほど掛かります。

今住んでいる賃貸マンションは、仙台に引越す時に、 " プリプリ姉妹は、仙台の小学校に通う事になるから、できるだけ校風が良く、何かあった時にすぐ迎えに行ける小学校の近くにしよう。" と、パパ夫が見つけてきたものです。

当時は、3〜4年、長くても4〜5年で東京に戻る予定でしたので、中学も仙台で過ごすとは思ってもない事でした。


てんしょうも中学時代、通学に30分くらい掛かり、7〜8キロの大荷物を持って歩く道のりは、苦行以外の何ものでもないと思っていたので、プリ子の気持ちは、少しは分かると思います。


今朝も、プリプリ姉妹を送り出してからの地震でしたので、もしもの時を考えると心配になりました。


また、歩道と自転車道が分かれてはいるものの、朝の通勤時間帯には、歩道を人とぶつかりそうな勢いで、走っていく自転車もいます。

プリ子も、できるだけ歩道のフチを歩く様にしているそうですが、それでも、後ろからハンドルをぶつけられたりした事があり、相手はそのまま行ってしまったそうです。


つい先日の下校途中では、コンビニの駐車場から自転車に乗った外国人が飛び出してきて、ぶつかりそうになったので、プリ子が驚いて立ち止まったら、わざわざプリ子の前を横切りながら、" アーッ!" と大声で叫び、舌打ちをして行ってしまったそうです。


その他にも学校から、" 通学路に下半身を出した老人が徘徊していた " とか、" 女子児童が外国人に、一緒に写真を撮ろうと声を掛けられた " という事案が発生したなどの、一斉メールが頻繁に届いています。



ニュースを見ていても、歩道にいる子ども達に車が突っ込んできたり、刃物を持った人間に襲われたりと、日常が突然に一変してしまう事が、あまりにも多いと思います。



プリプリ姉妹には、幼い頃とは違い、いつまでも親が張り付いている訳にはいかないので、親としてできる事は、" 自分の身は自分で守る " という事を、具体的に話していくしかありません。




そして最近のてんしょう、日常の祈りが増えてきた様に思います。

IMG_7511

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング











プリ江の 道案内

一昨日、修学旅行から帰ってきたプリ江。

とっても楽しそうに旅の思い出を語っていたのですが、旅行2日目からノドに違和感が出てきたとの事でした。

そして昨朝、パパ夫の運転で耳鼻咽喉科に行ったのですが ( てんしょうは、プリ子のテスト勉強に付き合って、お留守番。) 、パパ夫、久しぶりに行く医者だったので、道を忘れてしまいました。

近くまで来て、どこを曲がればよいのか分からず、プリ江に聞きました。


パパ夫「 この近くだと思うけど、どこかで曲がるんだよね。
プリ江、覚えてる?」

プリ江、前方右側にある曲がり角を指差しながら、

プリ江「 うん、あの曲がり角を ざせつね。」

パパ夫「 !! 挫折?」

プリ江「 ? 」

パパ夫「 そうか、あの角で挫折してしまうんだな・・・。
たどり着けないかもしれないのか・・・。」

プリ江「 ? 」


左折の反対は挫折?

右折したら、無事に着いたそうです。


この話を、医者から帰ってきたパパ夫が、てんしょうに話してくれました。


パパ夫「 一度は挫折しそうになったけど、大人な僕は、何とか立ち直って、無事に辿り着いたよ。
一時はどうなる事かと思った。」

てんしょう「 よくぞ、ご無事で。
ってプリ江、幼い頃から、よく言い間違いしてるよね。
この前も " おちょこ " を " おこちょ " って言ってたしね。」


本人はウケを狙っている訳ではなく、大真面目で言い間違えるのです。



パパ夫とてんしょうの会話から、ようやく自分の言い間違いに気付いた、11才のプリ江でした。







最近、最後の乳歯が抜けたプリ江です。

IMG_7494

今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング