プリプリ姉妹

☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

プリプリ姉妹との今朝の会話  続き

プリ江の披露する雑学を聞いて、てんしょうも学生時代に体験した事を話しました。

それは学生の頃、2週間の病院実習をした時の事です。

( これから ☆印から ☆印まで、手術の生々しい様子を書きますので、苦手な方はスルーしてくださいませ。)




☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆



実習は、実家近くの総合病院で行う事になりました。



初日、外科外来を見学したのですが、包丁で指先を切った年配の女性が受診されていました。

ザクッとしてしまった様で、指の肉の内部が見えていました。

先生が縫合するところを、近くで見ていたてんしょうは貧血を起こし、膿盆や消毒液などが置いてあるカートに倒れこんでしまい、看護師さんに引きずられながら、隣りの処置室の台に寝かされ、血圧を測ってもらいました。

その患者さんも、ビックリなさったかと思います。
( ご自分の怪我でも動揺なさっているところに、やらかしてしまい、申し訳なさでいっぱいでした。)


看護師さん「 明日からいくつか手術を見てもらうのに、大丈夫?」

てんしょう、ますますめまいがしました。



2日目。

おじいさんの脱腸の手術を見る事になりました。

髪をまとめ、それ用の帽子と大きなマスクをして、手術室に入ります。

手術台に寝ているおじいさん、部分麻酔の為、意識はハッキリとしていて、看護師さんとおしゃべりしています。

お腹の上からカーテンで仕切られている為、おじいさんからは手術部の下半身は見えません。

てんしょうは、カーテンの左側におじいさんの上半身、右側に下半身が見える位置で見学します。

手術が始まりました。

先生がメスで腹部を切り、中から腸を引っ張り出します。


おじいさん「 腸、出しとるかね。」

看護師さん「 おじいちゃん、腸出てるの分かるんですか?」

おじいさん「 何か出てくる感じがしとるわ。」

看護師さん「 引っ張り出してますよー。」

おじいさん「 そうか、引っ張り出しとるかー。」


指の縫合を見ただけで倒れたてんしょうでしたが、この脱腸手術は、最後まで見る事ができました。

というより、おじいさんと看護師さんとの会話を聞いていて、笑いを堪えるのに必死でした。



それから数日後。

今度は、骨折をしたおばあさんの手術でした。

手術室の辺り一面、血の海と言っても過言ではない状態で、手術台では先生がおばあさんの骨折した足に、カナヅチの様なもので、まるで大工仕事の様に " カーンッ!カーンッ!カーンッ! " と、すごい音で何かを打ち込んでいました。

さすがに全身麻酔で眠っているおばあさんでしたが、こんなの見たら、心臓止まると思いました。



☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆



更に数日後。

母子共に危険な状態という妊婦さんの、帝王切開の手術でした。

" 予断を許さない " という張り詰めた空気の中、妊婦さんの腹部から、小さな赤ちゃんが出されました。

泣かない赤ちゃんに、先生や看護師さん達は、速やかに処置を施していきます。

皆、目が怖いくらいに真剣です。

別の先生は、後産の後、開腹した部分の縫合を始めていました。

その様子を、てんしょうは泣きそうになるのをグッと堪えながら見ていました。


しばらくすると、張り詰めた空気が一変しました。


" オギャーッ!" 


赤ちゃんの元気な泣き声。

それと同時に拍手がわきました。

先生と看護師さん達の目が笑っていました。

全身麻酔で眠っているお母さんにも、産声聞こえたらいいなと思いながら、てんしょうも泣きながら拍手をしました。


手術が終わり、看護師さん達と手術室の片付けをしている時、看護師さんがてんしょうに " はい、これプレゼント。" と、黄色い小さな何かの塊を手渡しました。

妊婦さんのお腹を切った時に落ちた、お腹の脂肪でした。




その日からしばらくの後、新生児室に行く事になりました。


赤ちゃんの検温の時間で、オムツを外して、お尻に体温計の先を少し入れて測りました。

看護師さんが " この赤ちゃん、この前の手術の時の子だよ。" と教えてくれました。


ちょうどその時、その赤ちゃんのお母さんが車椅子に乗せられ、授乳に来られました。

お母さんもお元気そうでした。

てんしょうはお母さんに " おめでとうございます。" と伝え、出産に立ち会わせていただいた時の事を話しました。

赤ちゃんの元気な産声の事、先生や看護師さんからの拍手の事。

残念ながら、お母さんには産声が聞こえなかったという事でしたが、その話を、少し目を潤ませながら、嬉しそうに聞いてくださいました。


赤ちゃんは小さいながらも一生懸命、お母さんのおっぱいを飲んでいました。






話終わるとプリプリ姉妹、手を叩いて " 赤ちゃん、無事でよかった。" と言いました。

感動したと同時に、二人とも " ママがそんな体験してるとは思わなかった。" と言っていました。


話しているうちに登校時間になり、二人出掛けていきました。



何でもない日常の、何でもない会話から、懐かしい話になり、誰もいなくなった部屋で、しばらくの間ぼーっとその当時を懐かしんでいました。



その実習でドジった事 ( 貧血で倒れた以外の事。まだあるんかい!)、プリプリ姉妹には内緒にしようと心にしまい込む、娘には弱みを見せたくない、強気の母てんしょうでした。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング











プリプリ姉妹との今朝の会話

今朝の朝食の時、プリ江がこんな話をしました。


プリ江「 ウチ、たまに頭痛になるでしょ?
その痛みを楽しんでる時があるの。」

てんしょう「 痛みを?辛くないの?」

プリ江「 痛いんだけど、これは本当は痛みではなく、何か違うものを痛みと感じているのではないかって思うと、何か面白くなってくるの。」

てんしょう「 発想が面白いね。」

プリ江「 それからね、宇宙の誕生のきっかけになったビッグバンってあるでしょ?
圧縮されたものが爆発したって。」

プリ子「 爆発して、宇宙が広がったんだよね。」

プリ江「 爆発の前はどんなだったんかなっとか思うと、気が遠くなる時があるの。」

てんしょう「 爆発前は、真っ暗な闇だったんじゃないかな?」

プリ子「 今の宇宙の前にも、違う宇宙が存在してたかもしれないね。」

プリ江「 あるとしたら、何千億年も前の事だよね。」

てんしょう「 もっと前じゃないかな?
生きてる人間には時間という概念があるけど、そういうのを超越したものなんだろうね。
ママも中学生の頃、理科の先生に宇宙について質問しに行った事があるよ。
" 宇宙は少しずつ大きく広がっているって聞いたのですが、広がっていく所があるって事は、宇宙の外側があるって事ですよね。その外側ってどうなっているんですか?" って。」

プリ子「 先生、何て言ってた?」

てんしょう「 何か説明してたけど、結局、先生もよく分からないみたいだった。
人類なんて月の裏側も分からないんだから、増して宇宙の外側なんて分かるはずもないよね。」


この他にも、いろんな話をしました。

プリ江は読書好きで、本や漫画などからいろんな情報を得て、何でそんな事知ってるのっていうくらい、雑学を披露してくれます。

病気の話から、安楽死の方法も説明していました。
( これは、手塚治虫先生の漫画 " ブラックジャック " を読んで知ったそうです。)



その話から、てんしょうが学生の時に体験した話をしました。




長くなりそうですので、明日に続きます。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング









オシャレと 気持ちと 立ち振る舞い

最近のプリ江、 " オシャレに目覚めた " そうです。


少し前までは、ショートヘアの割には前髪を目が隠れる位まで伸ばしっぱなしにし、てんしょうが " 切る " と言っても、" このままでいい " と、鬱蒼としたヘアスタイルでいました。

( 小学校低学年までは、プリプリ姉妹二人共、てんしょうがヘアカットしていました。腕前は、美容師さんに褒められた位です。社交辞令とは思いますが f^_^; )


ところが新学期に入った途端、まだ短めの後ろ髪を束ね、レースのシュシュを付け、前髪も眉毛位の長さにして横に流し、UVレジンで自作したヘアピンで留めていく様になりました。

急にどうした?と思い、プリ江に聞きました。

プリ子の卒業式の時、プリ江の学年が代表で送り出したのですが、姉の卒業式だから少しは身綺麗にしなさいと、ワンピースを着せ ( 普段はおズボン )、長い前髪をキレイなヘアピンで留め、頰に掛かる髪を耳に掛けてヘアスプレーで固めて、爽やかな印象に仕立てました。( 本人はイヤそうでしたが。)

その姿を見たクラスメイトが、" プリ江ちゃんの雰囲気変わった!" とか、" かわいい!" とか言ってくれたそうで、それをキッカケに " オシャレっていいな。" と思ったそうです。


てんしょう「 女の子なんだから、オシャレに目覚める事はいい事だよ。
それに、オシャレにしていると気持ちも明るくなるでしょ?
気持ちが明るくなれば、立ち振る舞いもハツラツとしてくるし、元気な子の周りには、元気で明るいお友達も集まってくるんだよ。
それに、元気なエネルギーを出していると、元気な子のエネルギーももらえて、もっと楽しくなるよ!」

プリ子「 それ、分かる!
ウチも、毎日明るい気持ちで過ごしてたら、お友達も増えたし、お友達と楽しく過ごしていると、何かをする時も積極的になれるよ。
この前、学校で初めての委員会があって、ウチも参加した時なんだけどね。
学年毎に集まって話合いをする事になったんだけど、そのメンバーの中に、ウチをいじめてた子がいたの。」

てんしょう「 あの△△って子?」

プリ子「 そう。
でも、ウチは△△の事は気にしないって思って、積極的になろうって決めたの。
それで話合いの時、誰からも意見が出なかったから、思い切って " 私は、〇〇したらいいと思うのですが、皆さんはどうでしょうか。" って言ったの。
そしたら、そのメンバー全員が " プリ子ちゃんの意見に賛成 " って言ってくれたのね。」

てんしょう「 すごい!良かったね!
△△は、その時どうしてた?」

プリ子「 ずっと黙ってた。
もう気にしないから、どうだっていいんだけどね。」

てんしょう「 そっか。
プリ子、楽しそうで良かった!」

プリ江「 プリ子の事を好きな男の子、いるんじゃない?2〜3人くらい。」

プリ子「 いないよ!」

てんしょう「 プリ子、幼い頃はオシャレさんだったけど、最近は興味ない?」

プリ子「 あまりオシャレにこだわると、女子力意識してる?って言われるからね。」



女子力!そんな言葉を使う年頃なのか〜!

てんしょうの知らない内に、大人になってしまってました。

とは言っても、昨日早めに下校したプリ子、お友達と公園で遊ぶ約束して、楽しそうに帰ってきました。

男の子二人、女の子二人だったそうですが、おやつに持たせたポッキーかじりながら、ブランコで恋バナしてたそうです。



プリプリ姉妹、新学期の滑り出し好調な様子に、ホッと一安心。



オシャレをする事で、気持ちがポジティブに切り替わり、立ち振る舞いも伴ってくるという事は、てんしょうも若い頃に経験がありました。

最近は、オシャレから遠のいている、枯れかけてんしょう。



ダイエットもしている事だし、プリ江を見習ってオシャレして、パパ夫に惚れ直されてみよっかなと思う、目覚めかけのてんしょうでした。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング








プリ江の担任の先生 〜 天職 〜

6年生になったプリ江の担任の先生は、プリ江が1年生の時にもお世話になった先生でした。

子ども達に人気のある先生で、プリ江のクラス担任発表の時、体育館に " キャーッ!" と嬉しい悲鳴が響き渡ったそうです。

プリ子が3年生の時も受け持っていただきました。

明るくて、保護者からの信頼も厚い方です。

S先生とさせていただきます。


今の小学校には長くお勤めで、そろそろ転勤かと思ってはおりましたが、てんしょうは個人的に " プリ江最後の学年は、S先生だったらいいなと思います。" と、それとなく神様にお伝えし、" お任せなさいな。" と有り難いお言葉をいただいておりました。


正直なところ半信半疑でしたが、神様はてんしょうがそれとなくお伝えした事を " 約束 " として捉えておられ、それを実行してくださいました。


プリ江から担任の先生を聞いた時、驚きと安心と嬉しさで、プリ江に " よかったね〜!楽しい1年になるね!" と伝え、プリ江も笑顔でうなずいていました。


その翌日からです。

プリ江、" ただいま〜!今日、すっごく楽しかった〜!" と、満面の笑みで帰ってくる様になりました。


動物好きなプリ江は " いきもの係 " になり、6年生が飼っている亀のお世話をする事になりました。

廊下に2つの水槽を置いて、2匹の亀を飼っているのですが、ヤンチャな男の子が廊下で暴れて水槽を蹴飛ばし、亀が甲羅から出てこなくなってしまう事がありました。

プリ江の提案で、亀の水槽のところに " 亀がビックリするので、廊下ではお静かに " という内容のポスター作りをする事にしたそうです。


帰りの会が終わってからの作業ですので、帰りも遅くなるのですが、それにもS先生は付き合ってくださり、なぜか、ポスター作りの合間に、運動会で踊った " よさこい " を踊ろうという事になり、先生と一緒に踊ったという事でした。

そんな日が数日続きました。


プリ江は " 今までも、学校楽しいと思っていたけど、心から本当に楽しいって思ったのって、初めてかもしれない。" と言いました。




S先生には、ご先祖様が守護としていらっしゃいました。

その方からお聞きしたのですが、S先生は前世も先生をしていらっしゃいました。

江戸時代の寺子屋の先生です。

当時は、お寺のお坊さまが子ども達を集めて、読み書きを教えておられたそうで、S先生はその中のお一人でした。

そのご先祖様は、S先生の前世の教え子だったそうで、その後の時代には親子になられています。

恩師として、大変尊敬なさっておられ、先生の元に転生する事を強く望んだのだそうです。


この事は、プリ子3年生の時の担任だった時の家庭訪問後、てんしょうの元に改めて来られたご先祖様からお聞きしたお話で、S先生にも伝えてほしいとの事でした。


内容が内容 ( もろ、スピリチュアル ) でしたので、ご先祖様には " 難しいです " とお伝えしましたが、どうしてもという事で、プリ子3年生の終業式後に、長い手紙にしたものを、プリ子から渡してもらいました。


S先生が、その手紙を読まれたかどうかは分かりませんでしたが、その後、ご先祖様が来られ  " 読んでおりました。" と嬉しそうに仰り、お礼のお言葉をいただきました。

そのご先祖様、またS先生の元に生まれたいと仰っておられたので、その事を一番にお伝えしたかった様です。





プリ江最後の学年をS先生が受け持ってくださり、プリ江の小学校生活が以前にも増して、イキイキとしたものになった事に、本当に感謝しております。



天の声「 S先生は、教師に成るべくしてなられたお方にございます。
まさに、天職に就かれました。
天におられた時から、来世でも教師をと望んでおられましたよ。
子ども思いの、誠に良き先生にございます。」




神様、良きお計らいをありがとうございました。





今朝は二人揃って登校しました。↓

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング










プリ子 新生活への不安で 涙

昨日、プリ子登校前の事。


もうそろそろ家を出る時間だと思っていた時、制服の上着に袖を通すプリ子の目が、少し赤くなっていました。

不安そうな顔で。


てんしょう「 どうした?泣いてたの?」

プリ子「 ・・・うん。」

てんしょう「 中学校?」

プリ子「 うん。何か、自身がなくなってきた。
規則とか、難しい事があるし。」

てんしょう「 そうだね。中学生になると、いろいろ規則も増えてくるよね。
でもね、それだけ、大人に近付いたって事なの。
中学は義務教育最後の学校だから、卒業したら社会人として働く人もいるの。
社会に出たら、もっと沢山の規則があるから、その前に、基本的な事を身に付ける為にも、必要な規則を学ぶんだよ。」

プリ子「 難しくて、できるか分からない・・・。」


てんしょうは、プリ子にティッシュを渡し、涙を拭かせました。


てんしょう「 不安はきっと、みんなも持ってると思うよ。
でも、感じ方はそれぞれ違うよね。
プリ子は真面目だから、ちゃんとしないとって思うんでしょ?
で、急に大人の世界に放り込まれた気持ちになっちゃったんでしょ?」

プリ子「 うん。」

てんしょう「 でもね、最初からできる人なんていないと思う。
ママも中学生の時、プリ子みたいに不安だらけだったよ。」

プリ子「 ママも?」

てんしょう「 うん。でもね、慣れていくものなの。
プリ子は、小学生の時から、ちゃんと挨拶できたし、丁寧な言葉も話せたし、時間だって守れたでしょ?
違う事と言えば、小学校では、年上も年下も〇〇ちゃんって呼んでいたのが、中学校では、年上の生徒を〇〇さんとか、〇〇先輩って呼ぶ様になるの。
生徒会のプリントにも書いてあったでしょ?」

プリ子「 うん。・・・ママ、中学校、楽しかった?」

てんしょう「 うーん・・・、そんなに楽しくはなかったかな。先生が苦手だった。
でも、お友達はみんな良い子ばかりだったから、それだけは良かったな。」

プリ子「 お友達?」

てんしょう「 うん。それに、プリ子の担任の先生は、生徒の事を分かろうとしてくれる人だと思うから、不安な事は相談してみてもいいと思うよ。
後は、先生の話をよく聞いて、周りを見ながら、人に遅れない様に行動していけば良いだけ。
すぐに慣れてくるよ。」

プリ子「 慣れるかなぁ。」

てんしょう「 プリ子なら大丈夫!
まずは学校着いたら、お友達に元気な声で " おはよう!" って言ってごらん。」


プリ子の顔に、少し笑顔が戻ってきました。


てんしょう「 あっ、もう時間だよ。
少し急ごう。道路、雪が積もってるから、気を付けて。いってらっしゃい!」

プリ子「 はい。いってきます!」



前日の夜から降った雪で、道路はぐちゃぐちゃになっていました。( 東京でも雪が舞っていたそうです。)

先程までのプリ子の心も、こんな感じだったのかなと思いました。

てんしょうは、プリ子を守ってくれている天使さん達に、心の中で話し掛けました。


てんしょう「 エイジ君、キャシー、プリ子をお願いします。
不安みたいだけど、プリ子、大丈夫かな?」

エイジ・キャシー「 プリ子ちゃんの事は、僕達に任せてね。
プリ子ちゃんは大丈夫だよ。」

てんしょう「 よろしくね。いってらっしゃい。」

エイジ・キャシー「 はーい!いってきまーす!」


天使さん達の明るい声に、てんしょうも少し安心しました。


天の声「 プリ子ちゃんは大丈夫にございます。
新生活に不安を感じておられますが、心は成長されております。
てんしょうさんは、不安な気持ちを受け止めておられました。
それで良いのですよ。」



プリ子の中学校生活は始まったばかり。

心優しいプリ子には、心を強く持つ学びの、大きなチャンスだと思っております。



" 慣れてしまえばこっちのもの " 位の気持ちで見守っていこうと思いつつ、帰りを待っていると、夕方、母の心配をよそに、プリ子満面の笑顔で " 楽しかった〜!" と帰ってきました。

ホッと安心したと同時に、ドッと疲れが出てしまった母てんしょうでした (^◇^;)








↓ 入学式の日も、満面の笑みでした。

IMG_6467

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング