プリプリ姉妹

☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

プリ子とてんしょう 2人だけの夜

先日、プリ江が学校の野外活動として、1泊2日の山登りがありました。



大きなバッグを持って、嬉しそうに出掛けていきました。

IMG_3078


パパ夫も単身赴任ですので、この日の夜は、プリ子と2人だけで過ごす事になります。



プリ子が、" ママと2人だけで過ごすの、幼稚園の時に入院した時以来だね。" と言いました。


思えば、プリ子が1才4か月でプリ江が生まれ、2人とも赤ちゃんなのに、先に生まれたプリ子に我慢を強いてしまっていた部分は、大いにありました。


プリ子は、もう少し大きくなるまで、ママを独占したかったと思います。


それでも、妹に嫉妬する事もなく、幼いなりにプリ江を可愛がり、プリ江もプリ子の事が大好きで、親のてんしょうでも羨ましいと思うほど、本当に仲良しな姉妹です。





プリ子は、母てんしょうと2人きりになる夜、" ママと一緒に遊びたい。" と言いました。


てんしょうは、" 夕飯はママと2人で、何か美味しいもの食べに行かない?" と誘ってみました。


" 返事がないなあ " と思っていたら、後ろから抱きついてきました。


「 ママ、ありがと!」





当日の夕方、学校から帰ってきたプリ子に宿題を急かして、街へと出掛けていきました。


街は少しずつ、クリスマスのイルミネーションで彩られ始めていました。


手を繋ぎながら、入る店を探しました。


最近、プリ子はパパ夫と手を繋がなくなって、パパ夫が寂しがっていました。


「 手繋ぎ、ママとならいいの?

パパ、プリ子が繋いでくれなくて、寂しがってるよ。」

「 ママはいいけど、パパはちょっとね。」


そろそろ、人目が気になるお年頃。

そうは言っても、家ではパパ夫にベッタリですが。


こうして、少しずつ親離れしていくのだなあと、寂しくもありますが、成長過程では大切な事なので、パパ夫も理解はしております。




結局、いろんなメニューを選べる居酒屋さんに入りました。


プリ子の食の好みがてんしょうに似ているので、お酒のつまみになる様な物も注文していました。

そして、てんしょうはビール、プリ子はオレンジジュースで乾杯しました。


プリ子は、プリ江のいない隣りの席に馴染めない様でした。


「 プリ江、今何してるかな?」

「 プリ江も夕飯の時間かもね。」


プリ江の話、学校のお友達の話、" これ、美味しいね。" と食べながら、いろんな話をしました。





その後、店を出て、途中でケーキ屋さんに寄りました。


↓プリ子 チョイス。

FullSizeRender


↓てんしょう チョイス。

FullSizeRender


ケーキは別腹。( これでは、緑茶コーヒーダイエットの意味なし ^◇^; )







この日の寝る前、パパ夫におやすみ電話をしました。


「 プリ子、ママと美味しいもの、いっぱい食べたの?」

「 うん!美味しかったし、楽しかった!」

「 そうか!良かったなあ!」


プリ子、ニコニコ顔でした。


パパ夫との電話を切った後、てんしょうはプリ子のお布団に入って、少しの間、話をしました。


「 プリ江、もう寝たかな?

プリ江が隣りにいないと、何か違和感があるよ。」

「 プリ江いないと寂しい?」

「 うん。でも、ママと2人きりも楽しかった。」

「 ほんとに、楽しかったねえ。」



てんしょうは、プリ子のおデコにおやすみのチュウをして、自分の寝床に戻りました。


しばらくすると、プリ子の小さな寝息が聞こえてきました。





小学6年生になり、お姉さんらしくはなってきたけれど、それでもまだ子どもな12才。


" あなた達が成人するその日まで、ママがずっと守っていくから、安心して大人になりなさい。"


プリ子の寝顔を見ながら、そんな事を考えていたら、何だか涙が滲んでしまったてんしょうでした。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング







プリプリ姉妹の音楽発表会

昨日は、プリプリ姉妹が通う小学校の音楽発表会でした。

この学校の方針として、音楽にも力を入れているそうで、仙台市内でも有名だそうです。

スクールバンドもありますが、いつも何かしらの賞をもらう程の腕前です。




今回は、プリ子の小学校生活最後の発表会になる為、とても張り切っていました。

過去記事でもご紹介しました " 宇宙戦艦 ヤマト " と ゴダイゴの " 銀河鉄道 999 " の合奏、そして " ひろい世界へ " と " 旅立ちの時 " の合唱。

6年間で培ったものの集大成だけあって、楽器の種類も多く、合唱も合奏も素晴らしいハーモニーを奏でておりました。



プリ江も、高学年になり、高度な技術を要する課題曲に取り組み、休み時間返上で練習を頑張っていたそうです。

F-1のテーマ曲、T-SQUAREの " TRUTH " の合奏。

難しいと言って何度も練習した所もクリアして、見事な演奏をしておりました。



パパ夫と2人、娘達の成長ぶりに感激しながら、ビデオを撮っておりました。




他学年では、低学年の子ども達の可愛らしさ、特別支援学級で学ぶ子ども達の一生懸命さ、そして、スクールバンドの素晴らしい演奏にも感動しておりました。


スクールバンド演奏では、" アニソンメドレー " や、" 昭和アイドルメドレー " と銘打って、1980年代に流行ったものが選曲されていました。


早見優の " 夏色のナンシー " 、荻野目洋子の " ダンシングヒーロー " 、松田聖子の " 赤いスウィートピー " 、おニャン子クラブの " セーラー服を脱がさないで " など。

どれもてんしょうの若かりし頃に流行った曲で、懐かしく聴き入っておりました。

最後は、DA PUMPの " USA " で盛り上がりました。



天の声「 お子達の歌声、楽器の演奏、誠に美しゅうございました。

てんしょうさんも、感動なさっておられましたね。

プリ子ちゃんとプリ江ちゃんの、一生懸命に演奏なさる姿も、その隣りで一緒に演奏なさるエイジさん達の姿も、素晴らしきものにございました。」


天使のエイジ「 僕達もプリ子ちゃん達の隣りで演奏していたんだよ!

すごく楽しかったよ!」




神様や天使さん達も、楽しんでおられた音楽発表会。


来年のプリ江で最後になるのだなあと、寂しく思いつつも、プリ子の最後の発表会を感慨深く、心に焼き付けたてんしょうでした。

IMG_2317

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング

 



歴史上の人物に付けたあだ名

昨夜、プリプリ姉妹が楽しそうに話をしながら、寝室に入ってきました。

先に寝室にいたてんしょうでしたが、2人の話に聞きいっていました。


プリ子「 歴史上の人物にあだ名を付けよう。」

プリ江 「 織田信長。」

プリ子「 信長のながちゃん。」

プリ江「 豊臣秀吉。」

プリ子「 とよちゃん。」

プリ江「 サルじゃない?」

プリ子「 うん、じゃあ、サル。徳川家康は?」

プリ江「 やっちゃん。ねえ、伊達政宗もつけようよ。」

プリ子「 だっちゃん。」

プリ江「 ずんだのずんちゃん。」

プリ子「 ずんちゃん、いいねぇ。」

( 仙台の名物 " ずんだ餅 " は、伊達政宗公が考案したもので、枝豆を潰し甘く味付けして、お餅にまぶしたものです。)


三英傑と言われる戦国武将や、伊達男という言葉ができる程のお洒落な武将をつかまえて、ふざけたあだ名を付けて笑ってるこの子達って・・・。



てんしょうの住む街には、仙台東照宮があり、その御祭神は " 徳川家康公 " であられます。

てんしょう家族は、仙台に引越してきてすぐご縁をいただき、御祈祷もしていただいて、より深いご縁をいただいております。

てんしょうは " 徳川家康公 " を " 大殿様 " と呼ばせていただいております。


大殿様は、プリプリ姉妹のあだ名付けの話をお聞きになっていらっしゃいました。


天の声「 徳川様、楽しそうにお聞きになっておられましたよ。」

てんしょう「 !・・・すみません。

失礼をいたしました。お友達みたいなあだ名付けて・・・。

申し訳ありません。」

大殿様「 いや、いや。

" やっちゃん " 、初めて呼ばれましたわ。

なかなか面白い。

" サル " 、そのままですなぁ。」


てんしょう、大殿様に平謝り。

大殿様、笑っておられました。



また、" 伊達政宗公 " を " 伊達様 " とお呼びしていますが・・・。


天の声「 伊達様も笑っておられましたよ。

皆様方、楽しそうに、あだ名付けをお聞きになっておられましたよ。」



てんしょう、申し訳なくて、ただひたすらに謝罪の言葉を述べておりましたが、皆様方、笑ってお許しくださっておられたそうです。



プリプリ姉妹は、母てんしょうと神様方との、そんなやり取りも知らず、呑気にシリトリを始め、そのうち眠くなった様で、静かな寝息になっていきました。




ほんの2〜3年前までは、プリプリ姉妹も神様や天使さんとお話ができていました。

お話どころか、そのお姿までも、その目で拝しておりました。



その頃はまだ幼く、歴史など知る由もなく、東照宮の大殿様のお姿も拝していたと思いますが、今では2人とも、その頃の事をよく覚えておらず、目に見えていた方々のお姿も忘れてしまったそうです。



てんしょうにとっては、東照宮の御祭神であられる " 大殿様 " も、プリプリ姉妹にとっては、教科書に出てくる歴史上の人物 " 徳川家康公 " なのです。



まだプリプリ姉妹には、プリプリ姉妹が付けたあだ名に対する大殿様や伊達様のご反応は話しておりません。( いずれ、このブログを読むと思いますので。)


きっと、このブログを読んだら、プリプリ姉妹は真顔になって謝ると思います。

そして、そんなプリプリ姉妹を、大きなお心で、笑ってお許しくださるのだと思うと、有り難くも、また申し訳なく思う、複雑な気持ちの母てんしょうでした。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング

プリ子の誕生日

最近、プリ子が12才になりました。


座敷わらしの宿にて、宿の方のステキなお計らいで、少し早い誕生祝いができましたが、てんしょう宅でもお祝いしました。



誕生日祝いと言えば、やはりホールケーキです。

プリ子と一緒に、可愛らしいケーキを見つけました。

ロウソクは12本。

IMG_2623


プリ江のひょっこりはん。

IMG_2627


姉妹仲良く、食べさせっこ。

IMG_2624




形容し難いほどの陣痛に耐えながら、我が子との対面を心待ちにしていた12年前を思い出します。


魂の絆で結ばれていた、てんしょうとプリ子。


プリ子、てんしょうの元に生まれてきてくれて、ありがとう。



天の声「 プリ子ちゃんも、てんしょうさんの元へ生まれる事を、心待ちになさっておられましたよ。

誠に良き娘さんに成長なさいましたね。

私達にとっても、大切なお子にございます。

成人なさるその日まで、しっかりと子育てなさいな。

私達はいつも、あなた方の側におりますから、ご安心なさい。」


優しくも、力強い天のお言葉に、決意を新たにするてんしょうでした。




プリ子、お誕生日おめでとう。

IMG_2630

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング







スマホ・ケータイ 安全教室

先日、プリ子の学年のPTA行事で、" スマホ・ケータイ安全教室 " が行われました。


県警と某携帯会社から、お二人の講師の方が来られ、児童と保護者が指導を受けるという授業でした。



スマホ一つで世界中と繋がる事ができ、今や、生活の必需品と言っても過言ではない程に、需要が高まってきています。


実際、プリ子の学年 ( 6年生 ) にも、スマホや携帯電話を持っている児童が大勢いました。


プリプリ姉妹もスマホを欲しがっているのですが、ゲーム機も他のお子さん達に比べ、2〜3年遅れて持たせたくらいです。

そう簡単に、スマホなんぞは持たせられないと思っていました。


ゲーム機に関してはルールも作り、守れないなら、即売却すると伝えてあります。

だからかは分かりませんが、勉強に差し支えない程度に楽しんでいる様です。

( プリ子の話ですと、宿題もしないで夜中までゲームをし、学校を遅刻をしたり、宿題を提出しない子もいるそうです。)


また、パパ夫がいる時は、二人ともパパ夫にべったりで、ゲーム機には目もくれずに、遊んでもらっています。

( パパ夫は嬉しそうに、トランプゲームをしたり、ふざけ合ったりして、とっても幸せそうです。)



こんな感じですので、プリプリ姉妹には、二人とも中学に入ったら、スマホを持たせても良いかと思う様になりました。




ところが " スマホ・ケータイ安全教室 " では、子どもがSNSを使った犯罪に巻き込まれたり、コミュニケーションアプリによるイジメがあったりして、県警に来る相談数が、年々増えているというお話がありました。


確かに、大の大人でも騙されて、犯罪に巻き込まれてしまう事があります。

まして、人生経験の浅い子どもなど、いとも簡単に騙されてしまうかもしれません。

お話の中で、スマホによる事件やイジメに巻き込まれてしまった事により、精神を病んでしまったというお子さんの事例もあったそうです。



今年に入り、勉強の為にパパ夫がプリプリ姉妹に買い与えたパソコンがあるのですが、この時は家族4人で話し合いました。


インターネットを使うという事は、いろんな情報が入ってくるという事で、アダルトや出会い系などの、子どもにとって不適切な情報が来る場合もある事を説明しました。

勿論フィルタリングはしていますが、インターネットとはこういう物だと理解させる為にも、必要な事だと思い、突っ込んだ話をしました。

ですので、プリプリ姉妹も慎重になり、少しでも分からない画面が出てきたら、すぐに親に報告してきます。



これからの時代、避けては通れぬ問題ですので、子どもを悪しき情報や犯罪から守る為にも、親もしっかりと目を光らせねばと考える母てんしょうでした。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング