☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

秋のお彼岸 〜 ご先祖さまを偲ぶ 〜

今年の秋分の日は、9月23日です。


昼と夜の長さが同じで、この日を境に夜が長くなっていきます。

また " 先祖を敬い、亡くなった人々を偲ぶ " 日という事で、祝日でもあります。


9月20日から中日の秋分の日を挟んで、9月26日までがお彼岸です。

秋のお彼岸ですので、おはぎを作って、ご先祖さまにお供えされる方もいらっしゃる事と思います。


てんしょうの子どもの頃、祖母アサの手作りおはぎをご先祖さまにお供えし、そのお下がりをいただく事が楽しみの一つでした。


時世もあり、遠方にあるお墓ですと、なかなかお参りには行けないという事もお有りかと思います。


仙台に住むてんしょうも、地元ではない為、しばらくお墓参りができておりません。

けれど、てんしょうの場合、天使さん ( 先祖 ) とお話ができるので、日々、感謝の気持ちを直接伝える事ができ、天使さんも気持ちを伝えてきてくれます。

本当に有難いチカラを授かる事ができ、本当に、日々感謝です。


ですが、これは特別な事ではありません。

皆さまも同じ様な事を日々、なさっておられます。


ご先祖さまはいつも、この世を生きる私達を見守ってくださいます。

ですので、私達の気持ちはご先祖さまに伝わっております。

こちらがご先祖さまのお気持ちは分からずとも、私達の感謝の気持ちは伝わっているのです。


ご先祖さまを偲ぶ気持ちは伝わり、ご先祖さまは、その気持ちに応えようと、いろいろとサインをお送りくださいます。


例えば、お墓参りをしているとお墓の周りをちょうちょが飛んでいたとか、墓石にカエルがくっついていたとか。

お仏壇でしたら、ロウソクの火やお線香の煙が風もないのに、ゆらゆらと揺らいだりとか。


それらは、ご先祖さまからのサインだったりするのです。


私達は、ご先祖さまと、魂の絆で繋がっております。


生前、可愛がってくれた、おじいちゃんおばあちゃん。

いつも心配してくれていた、お父さんお母さん。

幼くしてお空に上がってしまわれた、可愛い我が子。


皆、お空の天使さんになられて、私達の事を見守ってくださいます。



お墓参りに行けずとも、お空を見上げて、笑顔で話し掛けて差し上げてくださいませ。


きっと、天使さんも笑顔でお聞きになられている事と思います。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。


☆ Twitterとココナラの " 心霊カウンセラー てんしょう86 " もよろしくお願いいたします♪

Twitter
https://mobile.twitter.com/tensyow86
ココナラ
https://coconala.com/users/2632960

※アプリでなくとも、ご覧いただけます。









怒りを消す方法 〜 てんしょう式 消し方 〜

このご時世もあり、どうしようもなくイライラしたり、ちょっとした事で怒りが湧いてきたりする事もありがちと思います。


そんな時、てんしょうがしている事があります。

怒りを消してしまう事です。


てんしょうの場合、その訳の分からないイライラや怒りが、悪しき者達からの念であったりする事もあるのですが、最近では " この怒りは私自身のモノでは無い " と分かります。

( 自分自身のモノである時もありますが。)


いずれにしても、イライラや怒りは精神衛生上、早く手放した方が良いと思います。


悪しき者達の念であろうが無かろうが、冷静で無くなってしまう前に消します。


一瞬です。


頭の中で、湧き上がった怒りを一つの塊として形作り、宇宙の彼方のブラックホールに、その塊が吸い込まれていく映像をイメージするのです。


その時に、てんしょうは言葉も使います。

頭の中で、その塊に向かって " ワープ " と唱えます。

" ワープ " の言葉と同時に、その塊はブラックホールまで飛ばされ、吸い込まれていくのです。


全て頭の中ですることなので、誰にも知られずに、怒りやイライラを手放す事ができます。


てんしょうの場合、何度も練習をしていく内に、自分の中で自然に出来る様になってきました。

( ブラックホールがイメージできない方は、ネットで画像検索してみてくださいませ。)



怒りが無くなると、冷静になれるので、原因がある事でしたら、心の整理も早くでき、その事にしっかりと対処できます。

また、悪しき者達からの念だった時は、跡形もなくイライラは消えています。


このイメージが出来る様になってから、イライラしたり、怒ったりしなくなってきました。

これは、ネガティブな考えが出てきた時にも有効かと思います。


最近のてんしょう、常に平常心でいられる様になりました。



てんしょう式の消し方なのですが、皆さまも一度、お試しくださいませ。



こんな世の中だからこそ、心だけは平静を保っていたいと思うてんしょうでした。

IMG_7617

今日もお読みいただき、ありがとうございます。


☆ Twitterとココナラの " 心霊カウンセラー てんしょう86 " もよろしくお願いいたします♪

Twitter
https://mobile.twitter.com/tensyow86
ココナラ
https://coconala.com/users/2632960

※アプリでなくとも、ご覧いただけます。





感謝する事 される事

感謝の気持ちを忘れずに、日々を過ごしていきたいものですが、皆さま、感謝される方の事を考えた事はおありでしょうか。


感謝の気持ちから発する言葉、" ありがとう "。

その言葉を、自分が言われる立場になるという事は、困っておられるどなたかの為に親切にしたり、手を貸して差し上げたりする事もあると思います。


人は何か親切な行動をする時、感謝されたいからするのではなく、少しでも手助けになればという、純粋な心が働くと思います。

心からの気持ちで人様に何かをして差し上げると、心からの " ありがとう " のお言葉をいただける事と思います。


人様からいただく心からの " ありがとう " という言霊は、言われた人にとっての徳積みになります。

霊格が上がっていく事に繋がります。


そして、感謝する方もされる方も、気持ち良く、心が洗われます。

お互いの為にもなるのです。




中には " してやったんだから、感謝して " と言わんばかりの人もいますが、そういう人がしてくれる事は、大抵の場合、明後日の事だったりします。

そういう方の場合は問題外です。

感謝の気持ちが湧かないどころか、かえって迷惑だったりします。

" ありがとう " とは伝えたとしても、心からの感謝にはほど遠い言葉になってしまいます。




てんしょうは、さりげなく手を差し伸べられる様な方に憧れます。

困っておられる方に、スッと寄り添っていかれるお姿は、美しくもあります。



この世は修行の場であるといいますが、皆が互いを思いやり、助け合い、人に優しくなれば、荒行をせずともよくなると思います。

ですが今の世の中、世界規模の荒波で、人の心も穏やかでいられないのが現状です。



この世を生きる人々が皆、心穏やかに暮らせる日が来ます様に、心から祈るばかりです。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。


☆ Twitterとココナラの " 心霊カウンセラー てんしょう86 " もよろしくお願いいたします♪

Twitter
https://mobile.twitter.com/tensyow86
ココナラ
https://coconala.com/users/2632960

※アプリでなくとも、ご覧いただけます。








感謝の気持ちを受け入れられない人

とある方からお聞きした人のお話です。


ある方をAさんとします。

Aさんには当時、小学生のお子さんがいらっしゃり、お子さんはあるスポーツをされていました。

Aさんのお住まいのマンションには、次年度に中学生になられるお子さんを持つBさんがおられました。

Bさんは、Bさんのお子さんが小学校を卒業される時に、Aさんに、Aさんのお子さんと同じスポーツをされている、Bさんのお子さんが着ていたユニフォームを譲られました。

買えば、数万円はするというものだそうです。


Aさんは有難く受け取り、後日改めて、Bさんへ感謝の言葉と共に、" お子さんへどうぞ " とお返しの図書カードをお贈りされました。

するとBさん、顔色と表情が変わりました。


「 どういうつもり!人を見下すの、やめてくれない ⁉︎」


Aさんは最初、何を言われているのか分からず、混乱してしまわれました。


てんしょうの知るAさんは、いつもニコニコとされて、穏やかな印象があり、人を見下す様な方では、決してありません。

むしろ、お友達になりたいなぁと思える程の、好感の持てる方です。


Aさんに怒鳴り散らしたBさん、この方の気持ちは、Aさん同様、てんしょうにも分かりません。


まとめるとこんな感じです。


BさんがAさんへ、子どもの着なくなったユニフォームを譲る。
 ↓
Aさんは有難く受け取り、後日、感謝の言葉と共に、図書カードを贈る。
 ↓
Bさん「 人を見下すな 」と、Aさんに怒鳴る。


サッパリ分かりません。

" お気遣いなく " と一言伝えて、受け取れば良い事だと思います。


同じ様な年の子どもを持つ親同士の、こういった制服や体育着などのやり取りは、少なからずあると思います。

てんしょうも、ご近所の方に体育着を譲っていただいた事があります。

その時は、買い置きしてあった発泡酒の6本パックを " お荷物になりますが " とお贈りしたら、喜んで受け取ってくださいました。

( 最初は遠慮をなさっていましたが、お酒は飲まれるという事と、てんしょうも " ビールなら良かったのですが " とお伝えしたので、気兼ねなく受け取ってくださった様でした。)


Bさんは、好意でもって、ユニフォームを譲られたと思います。

Aさんは、ユニフォームを譲ってくださる、Bさんの好意も含めて嬉しく、感謝の気持ちを伝えたいと思い、Bさんに図書カードをお渡しされました。

それのどこが見下す事になるのでしょうか。



神様にお聞きしました。

するとやはり、魂が未熟で、癖のある方でした。

魂が未熟であるが故に、人の心を理解する事が難しいという事でした。


一事が万事で、Bさんを知る人は、" あぁ、あの人ね " と言われていたそうです。



感謝の気持ちを受け入れられない人というのは、感謝の気持ちを持つ事があまり無いのだそうです。

感謝だけでなく、わざとではなくとも悪い事をしてしまった時の、謝罪の気持ちも持てないのだそうです。


" ありがとう " や " ごめんなさい " は、言葉を覚え始める頃に、親などの大人から教えてもらう言葉だと思います。

例えば、幼い子どもが自分の食べているオヤツの一つを小さな指先で摘んで、ママにどうぞした時、ママの笑顔と共に贈られる " ありがとう " だったりすると思います。

その様な経験がなくとも、何かしてもらったら " ありがとう " 、人に迷惑を掛けたら " ごめんなさい " と言う事は、どこかで教えてもらったり、覚えたりすると思います。


そうやって、心を学んでいくものだと思います。


そして成長と共に、感謝の気持ちを表す事の一つ、" お返し " というものを知ると思います。

してもらいっぱなしではなく、その事を有り難く受け、感謝の気持ちをお返しする心です。



上記の出来事は、Bさんの今世の、クリアすべき課題の一つだと思います。

人の心を知る事。

歪んだ心では、相手の真意は分かりません。


Aさんは本当にお気の毒でしたが、てんしょうはこのお話をお聞きし、Bさんを反面教師にして、自分も気を付けたいと思いました。


確かに、良かれと思ってした事が仇になる事も、時にはあると思います。( Aさんの場合は、心からの感謝の気持ちですので、これには当てはまらないと思います。)

ですが、そういった良い事良くない事も含めて、人の心 ( 魂も含めて ) を少しでも理解できる人間になりたいと思いました。



けれど・・・、やはりこの世は難しい ( 怖い ) と思う、まだまだまだ未熟者のてんしょうでした。

IMG_2084

今日もお読みいただき、ありがとうございます。






















あけましておめでとうございます!

始まりました2021年。

皆さま、あけましておめでとうございます!

本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます(^人^)




自粛生活で、初詣もままなりませんが、神社参拝できずとも、ご自宅の神棚の神様にお参りされたり、神棚が無ければ、空を見上げて手を合わせたりなさってみてはいかがでしょうか。


神様方は皆さまのお心をよくご覧になっていらっしゃいます。


神社でなくても、神様へ新年のご挨拶をなされば、神様もお喜びになられます。


神社仏閣への初詣は、人手の落ち着いた頃に伺ってみてはいかがでしょう。


神様方は人間の住むこの世の事情をよくご存知ですので、初詣がいつになっても、いつでも歓迎くださいます。


自由にあちこちを行き来できる世の中になるまでは、まだ時間が掛かりそうではありますが、今年こそは良き年になると信じて、祈念したいと思います。


そして、今年が皆さまにとって、よりお幸せなものになります様に、心よりお祈り申し上げます。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。


今年も、このブログとてんしょうをよろしくお願い申し上げます。