☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

水場に集まる悪しき霊達

昨日の記事に、渇きを癒そうと水場に集まる悪しき者達が、道連れにしようとして、水難事故を引き起こすという内容を、少し書かせていただきました。


悪しき者達、不浄霊は、常に渇いており、渇きを癒す為に水を求めて、水場に集まります。

ですが、実際の水に触れる事はできない為、水場に留まってしまいます。

そして、悪しき者が悪しき者を引き込んで、どんどん増えていったりします。



一昨日、てんしょう家族は、夜の海で花火をしていました。

暗い砂浜の帰り間際、パパ夫がてんしょうに言いました。


「 この海も、津波の犠牲者が大勢出たんだよな。
海に向かって、手を合わせようか。」


てんしょうは、やめる様に言いました。

何故なら、悪しき者達や、未成仏の者達が頼ってきてしまうかもしれないからです。

そしてパパ夫の、犠牲者の方々に対する純粋な思いが、悪しき者達に踏みにじられてしまうかもしれないのです。


てんしょうは、このチカラを持たせていただいたばかりの頃、てんしょうを頼ってきた悪しき者達に、幾度となく、裏切られた事がありました。

当時は、悪しき者がどういう者なのか、分からなかったのです。

分からないという事は、怖い事でした。



常に渇いた状態の不浄霊は、水場だけではなく、いつどこに現れるか分かりません。

ですので、夜、コップなどに水を入れたままの放置は、絶対にしません。

プリプリ姉妹にも、そう伝えてあります。

そのコップの水を飲みに、集まってきてしまうといけないからです。




良き魂の方は、お空に上がっておられます。

神様や仏様が導いてくださり、成仏なさっておられます。

その様な魂の方々は、私達の祈りをそのままお受けくださり、ただ、喜んでくださる存在です。




お盆の時期、良き魂の方ばかりではなく、悪しき者達も地獄からやってきます。


目に見えないからこそ、気を付けなければならないのです。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング










お盆に入りました

昨日13日から16日まで、15日を中心としたお盆に入りました。

地域によっては、7月の新盆の所もありますが、こちら仙台は8月の旧盆のようです。


この期間に、お空にいらっしゃるご先祖さまや亡くなられた大切な方々が、この世を生きる私達に会いに来られます。



13日には迎え火を焚いて、キュウリのお馬をお供えします。

お馬に乗って早く来てくださいという意味があります。

16日は送り火を焚いて、おナスののんびり牛さんに乗っていただき、お見送りをします。



また、この時期は " 地獄の釜の蓋が開く " とも言われ、前世に悪しき事をした者達も、この世に降りてきてしまいます。

だからでしょうか。

この時期、よくテレビなどで、水難事故のニュースを見聞きします。


お盆の時期の海や川は、いろんな意味で気を付けた方がよいと思います。

常に渇きのある悪しき者達は、渇きを癒そうと水場に集まるのです。

その様な悪しき者達の道連れにされては、たまったものではありません。

皆さまも、水場のある所にお出かけの際は、充分にお気を付けくださいませ。




この世に来られたご先祖さまや、亡くなられた大切な方々に、おもてなしの心でお迎えするお盆の期間。


ご先祖さま方も皆、お喜びになられている事と思います。

IMG_8010

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング










ご先祖さまの無償の愛

神様仏様は、私達人間を無償ので包んでくださいます。


私達のご先祖さまも同じ思いでいらっしゃいます。

ご先祖さまにとって、私達子孫は、まさに目の中に入れても痛くない程の、可愛い存在なのです。


それは、昨日の記事に書きました、てんしょうとプリプリ姉妹の先祖である、天使のエイジ君やキャシー、プリ江を守ってくれている天使のソウ君やスミレちゃんを見ていても、とてもよく分かります。

天使さん達は、心からプリプリ姉妹の事を愛し、守ってくれているのです。




よく、心霊特集などのテレビ番組などで取り上げられたりする、家族の立て続けに起こる不幸を " 先祖の祟り " などと言う霊能者がいますが、それは、その家族のご先祖さまのフリをした、悪しき魂の者達の仕業だったりします。

また、何かの事情で、長くお墓参りに行けていない人に対し、" あなたのご先祖が悲しんでいます。" と伝えたりする霊能者がいますが、ご先祖さまは、自分の子孫に対し、その様に伝えられた事に対して悲しまれます。

ご先祖さまは、いつもいつも、子を思う親の様な気持ちで、無償の愛で、見守ってくださっているご存在ですので、その大切な子の事情もお分かりになっておられますし、お墓参りに来ない事などでは、悲しまれないのです。



天使のエイジ君に聞いた事があります。

エイジ君の前世は、てんしょうの祖父トキオでした。

エイジ君の祥月命日の時です。

てんしょう「 今日は、エイジ君の祥月命日だね。」

エイジ「 うん、覚えていてくれてありがとう。

てんしょう「 実家で法事はしてるかな?」

エイジ「 うん、してくれてたよ!
みんな来てくれてたから、僕も少しの間、行ってたんだよ。
嬉しかったよ!」

てんしょう「 そうだったの!
でも、少しの間って・・・。」

エイジ「 僕は、プリ子ちゃんをお守りしているからね!」


話を聞く限り、天使のエイジ君、結構マイペースな様です。

エイジ君的には、法事をしてくれる事は嬉しいので、法事をしている実家に顔を出して、けれど、エイジ君の大事なプリ子の元も離れたくないので、" 少しの間 " 行ってきたそうなのです。



ご先祖さまにとって、私達子孫は、大切な存在です。

私達子孫にとっても、ご先祖さまは、大切なご存在です。


お空の上からと、この世から、お互いを思いやる心が行き来しあい、私達の魂は輪廻転生を繰り返し、更に絆を深めていくのだと思います。

IMG_7747

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング









自分に必要のない念を受けない為に

昨日、自分に必要のない思念から、自分を守る事の大切さを記しました。


これは、いじめに関する事にも言えると思います。


最近、プリ子のいじめに関する記事を書かせていただきました。


プリ子の性格は、穏やかで平和主義、人を悪く言ったりする事はありません。

また、自分から前に出ていくタイプではありませんが、友達思いで、冗談を言いあえる仲間もいます。


対し、プリ子に無視や、嫌がらせしてくる生徒は、" 人の悪口は楽しい。いじめも楽しい。私が一番。皆、私に従って。" という言葉や念を発する、典型的なジャイアン気質の様です。

持って生まれた性格は、本人が意識しなければ、到底変わるものではありません。


その様な人間にロックオンされてしまったプリ子でしたが、大人対応していく内に、ターゲットから外れつつある様です。

プリ子のした大人対応とは、返事が返ってこなくても " おはよう " や " バイバイ " などの挨拶をし、無視をされたら嫌な顔をせずにそのままスルー、相手に意識を向けず、プリ子自身のペースを崩さない様にしていた事です。

要は " 気にしていない " という姿勢をとったのです。

これが功を奏した様です。

( 神様方が、この生徒に憑いている悪しき者達を封じ込めた事も、理由の1つとしてあります。

憑いたままですと、憑かれた人間の心がコントロールされる為、スルーされた事に対して余計にムキになる、気位だけは高い者もいますので。)


昨日の記事にも書きました " 自分に必要のない思念は、自分から避けるのです。" に通ずるものがあります。


プリ子の場合は、いじめに発展するものだったので、プリ子自身、その大人対応をするのは辛かったと思います。

ですが、それをする事で、プリ子自身を守る事ができました。


やはり、悪しき考えの人間とは、同じ土俵に上がっての真っ向勝負をせず、身は近くにいても、心の距離は置き、こちらが大人になって上手く付き合っていくしかない様です。




余談ですが、そのジャイアン気質の生徒、一昨日、因果応報と呼べる様な事があったそうです。( プリ子 談 )

学校の美術室の隣りに準備室があり、そこにある備品は、先生の許可なく勝手に使ってはいけないルールがあります。

美術室にいる時、そのジャイアン気質の生徒 ( 以降、ジャイ徒と略します ) が、勝手に準備室から棒状のものを取り出してきて、その棒を持って男子生徒を追いかけ回していたそうです。
( ジャイ徒 " 男子なんて大嫌い!" なんて言ってるクセに男子に構いたがる、ホントは男子大好きカマッテちゃんだそうです。)

その時、教室に美術の先生が入ってきて、棒を手にしているジャイ徒を見つけ、叱りつけました。

その棒を元の場所に戻させる時、棒に付いているはずの付属品が床に落ちているのを、先生が見つけ指摘すると、ジャイ徒 " それは最初から落ちてました " と言い訳をしました。

先生は " 言い訳をしない!" と更に叱りしました。

そこに、別の男子生徒が " ジャイ徒が、〇〇君をそれで殴ろうとしていました!" と追い討ちをかけました。

美術の先生、大切な美術道具を武器に使われた事で、かなりのご立腹。

ジャイ徒には有無を言わせず、叱り飛ばしたそうです。


因果応報というより、自業自得ですね。

プリ子、少しだけ溜飲が下がりました。



自分に必要のない念や悪しき人間関係。

この世を生きていると、どうしても付いて回ってくる事がありますが、その様な念を発する相手とは、波長を合わせないのが一番の防御なのだそうです。     ( 神様 談 )

IMG_7717

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング








人の思念を受けてしまうと

プリプリ姉妹に、まだチカラのあった7〜8才頃の事です。


自宅マンションの前を、てんしょうが先頭で、プリ子、プリ江と続いて歩いていた時、前から自転車に乗った若い男性が来ました。

通路は広く、マンション側のふちの方を歩いていたのですが、ちょうどその男性の進路上にプリプリ姉妹がいました。

その男性とすれ違って、マンションの入り口に向かおうとすると、プリ江がおびえたような顔で、てんしょうに話し掛けてきました。


プリ江「 ママ、今の男の人、" 邪魔だ、どけ、ガキ " って聞こえた。」 

てんしょう「 えっ?さっきの人、そんな事言ったの?」

プリ江「 ううん。言ったんじゃなくて、思ってたのが聞こえたの。」



当時のプリプリ姉妹は、神様や天使さん達の姿を見ながら、普通に会話をしていました。

それは、目に見えない存在の方だけに対するチカラだと思っていました。

それが、生きている人間の心の声 ( 思念 ) までもが聞こえてしまったのです。


てんしょうはショックでした。


もちろん、その様な悪意ある人の心が分かってしまったプリ江もショックは大きく、傷付いてしまいました。


このままではいけないと思いました。


目に見えない存在の方々は、美しい魂ですので、問題はありません。

問題なのは、生きている人間の中には、その男性の様に、何でもない様な事にまで悪意を人に向ける人間がいて、その様な人間の心の声まで聞こえてしまう事なのです。


てんしょうは、神様にお願いしました。

生きている人間の思念は、聞こえない様にしてくださいと。


たまたますれ違った人の思念で傷付くのだから、この様な心の声が日常的に聞こえていたら、こちらの心が壊れてしまうと思ったからです。


神様にお願いをした後は、生きている人間の思念が聞こえてくる事は無くなった様でした。


口から実際に出てくる言葉には、言霊といって、それ自体に力があり、耳に入ってくると、聞こえた人に対し影響を与えます。


思念も同じです。

プリ江にはその時、相手の思念が聞こえてしまいましたが、その様な事は普通にはありません。

ですが、思念を受け取ってしまうと、聞こえなくとも、その思念に含まれる気持ちは伝わってくると思います。


それが、善意であれば良いのですが、残念ながら、悪意を向ける人間の方が、多いのが現状です。


てんしょうは、人の多くいる場所に出掛ける時は、できるだけ、人に対して視線と意識を向けない様にしています。

自分が向けなければ、相手も向けてきません。

向けられたとしても、逸らします。

自分に必要のない思念は、自分から避けるのです。


自分の身と心は、自分で守る。


この世を生きる上で、とても大切な事だと思います。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング