☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

付き合う人は選んでも良いのです。

人間関係って、難しいですね。


相性もありますが、自己中心的な考えの人や押し付けがましい人、マウントを取りたがる人、嫌味な人、悪口の好きな人、距離なしの人、いろんな人がいます。


基本的に、あまり自分から人と関わりを持とうとしない今のてんしょうにとって、人間関係の構築は、苦手とするところです。



今とは違い、てんしょうの中に悪しき者達が住み憑いていた頃は、てんしょうの周りに、上記の様な人達が結構いた様に思います。

てんしょうは意識していなかったのですが、悪しき者達が " 類は友を呼ぶ " 様に、引き寄せていたのだと、神様がお教えくださいました。


けれど、その様な人達と付き合っていると、精神的にとても疲れている自分がいました。

" 疲れる " は、" 憑かれる " だったのです。


その後は、いろんなきっかけもあり、その様な人達とは疎遠になっていきました。


過去記事にも書いたのですが、神様が仰いましたお言葉、「 その人とは、その時が来たまでです。」でした。


嫌な思いをしてまで、付き合わなくてはいけない理由は、全くありません。

付き合う人は、選んでも良いのです。



相手を思いやれる、節度ある付き合いのできる人は、洗練された魂の方が多い様に思います。


その様な魂の方は、上記の様な ( 悪しき者達に好まれる様な ) 人達にとって、付き合い辛い存在になります。

自ら、近付いてはいきません。


逆に、類友といた方が、話も気も合い、お互いに惹かれ合います。

思いやりの気持ちもなく、気に入らない人がいると、乱暴で無責任な言葉をぶつけてきます。

その言葉に反応して、目に見えない存在の悪しき者達も寄ってきて、更に類友を引き寄せます。


友達いっぱい自慢の人がいますが、友達は、多ければ良いとは限りません。



神様は仰います。

" この世には、良き魂の者、悪しき魂の者、魂の未熟な者、いろいろな者がおります。
この世は魂を磨く為の修行の場。
互いに切磋琢磨できる相手を選びなさい。
そういった意味でも、付き合う人は選んだ方が良いのです。"



魂を磨き合える相手、てんしょうにとっては一番身近な " パパ夫 " だと思いますが、これからの出逢いも大切になってくると思います。


良き出逢いがある様に、また、良き魂の方に選んでいただける様に、まだまだこの世修行は続きます。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング










気持ちが沈んでしまった時

しばらくの間、ブログ更新できず、楽しみにしてくださってる方々には、申し訳ありませんでした。

細々とした事が積み重なって、気持ちが沈んでおりました。


今は元気になって、復活!しております ᕦ(ò▽ó)ᕤ



気持ちが沈んでしまっていた時は、神様がひたすら慰めてくださいました。

神様はずっと、優しいお言葉を掛けてくださり、時には頭を撫でてくださり、抱きしめてくださいました。

その様にして、てんしょうの心にエネルギーをお授けくださったのです。


思い悩んでいる事も全て、神様にはお見通しです。

その悩み一つ一つを紙に書いて、線で消していく様に、お聞きくださり、解決の道を示してくださいました。


そのお陰もあり、元気を取り戻す事ができました。




そして今日、午前中に、お寺の尼僧をしているミオ叔母から、久しぶりの電話がありました。


ミオ叔母は、仏様に仕えるお仕事をしております。

お寺ですので、いろんな人達との交流もあります。

その人達の中には、トラブルを持ち込んでくる者もいます。

ミオ叔母は、その様な者に悩まされている時も、てんしょうに相談として電話をくれます。


てんしょうは、ミオ叔母から話を聞き、ミオ叔母をお守りくださっている阿弥陀様やお不動様から、その解決方法をお聞きします。

ミオ叔母に、阿弥陀様やお不動様からお聞きした事を伝えると、とても明るい声になり、心から安心しているのだなぁと分かります。

そして、次に電話があった時は、事が解決したという話が聞けるのです。


今回の電話は、人様のお墓の管理に関する話でした。

お寺には付き物の話です。

この件も、阿弥陀様から的確なアドバイスをいただいたので、解決の方向へと進んでいくと思われます。




人間、この世を生きていると、ありとあらゆる悩みが出てきてしまう様に思います。

その悩みに相手があるものですと、話がこじれてしまったりする事があり、本当に悩ましくなってしまったりします。


この世は魂を磨く修行の場ではありますが、決して苦行になってはならないと思います。

魂は磨くものであり、削るものではないのです。


ですので、相手があり、ややこしくなる様な場合は、神様仏様に解決の道を示していただける様に、導いていただける様に、お願いをするのです。

その事が心の支えになります。


たとえ神様のお声が聞こえずとも、神様仏様は私達人間の声をお聞きくださっています。

神様仏様のお導きを信じて、事に向かえば、良き道へと進んでいくと思います。



" 苦しい時の神頼み " と言いますが、気持ちが沈んでしまった時は " 神頼み " なさってください。



神様はいつでも、心の支えになってくださいます。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング




















今年もありがとうございました!

皆さま、今年もこのブログをお読みくださり、本当にありがとうございました!


1年って、アッという間ですね。 

こうしている間も、1分1秒と過ぎていきます。


あと2時間足らずで " 令和二年 " !


皆さまの今年は、どの様な1年でしたでしょうか?


てんしょうは、日々の小さな幸せを一つ一つ噛みしめる、心穏やかな1年だった様に思います。


目に見えないご存在の方々とお話をさせていただける様になってから、何をするにしても、感謝の気持ちが湧いてきて、当たり前に過ぎていく日々が、実は当たり前ではないという事に気付かされていく日々でした。


日々を当たり前に過ごせるのは、目に見えないご存在の方々の強い守りあってこそという事が分かるのです。


本当に有り難い事です。


来年はどの様な年になるのか、とても楽しみです。




皆さまにとって、眩しいくらいに輝くお年になります様、てんしょう心より、お祈り申し上げます (^人^)




そして来年も、天の声とてんしょう、プリプリ姉妹、時々パパ夫を、どうぞよろしくお願いいたします!

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング











除夜の鐘 騒音?

今朝のテレビ番組で、近隣住民からの訴えで、除夜の鐘を騒音と捉えられ、5年前から中止をしている寺院が紹介されていました。


そのお寺の鐘の設置場所から、4メートル幅の道路を挟んで、民家が並んでいました。

鐘の位置は、建物1階の軒先に下がっている様な低い所にありました。


確かに、至近距離からの鐘の音は、かなりの音量になると思います。


住民の方の中には、病に伏せておられる方や、小さなお子さんがおられる方もいらっしゃると思います。

たとえ1年に1度の事とはいえ、その時は苦痛な思いをなさると思われます。


その様な状況であれば、中止も致し方ないのかなぁと思います。


日本全国で見ても、いくつかの寺院で除夜の鐘の中止を余儀なくされているそうです。




仏様は " 除夜の鐘は、人の心の煩悩を、鐘の音と共に消していくものです。人の心に負担を掛けるものであってはなりません。" と仰っておられました。






除夜の鐘がなくなってしまい、寂しい思いをなさっている方もいらっしゃると思われます。



てんしょうの子どもの頃、大晦日の夜は、遠くに除夜の鐘を聴き、その鐘の音を数えながら、知らない内に眠ってしまうという年越しでした。




寂しい事ですが、これも時代なのでしょうか・・・。

IMG_9841

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング






栃木 小学6年 いじめ訴え作文 掲示問題

昨日のネットニュースで知りました。



栃木の市立小学校教員 ( 42才 ) が、6年生児童に、いじめに関する新聞記事を読ませ、いじめに関する作文を書かせました。


その中に、実際にいじめを受けている児童の作文がありました。

いじめをしている者の実名や、されている事が記してありました。

その作文には、ご丁寧に " その痛み、つらさを知っているからこそ、人に優しくなれる。負の連鎖をどこかで断ち切ろう。" という、担任の感想が赤ペンで書かれ、他の作文と一緒に貼り出されました。

そして、その作文が貼り出された事により、いじめをする者達などの目に晒される事になり、いじめは更にエスカレートしていき、その作文を書いた児童は不登校になりました。



まだ、こんな教師がいるのかと、嘆かわしく思います。( むしろ、こんな教師の方が多いのでしょうか?)


この児童は、どんな思いでこの作文を書いたのでしょうか。


赤ペンで、さもご立派な事が書いてありますが、この教師には、この作文を書いた児童が何を求めているのか、想像する頭と心が無いとしか言いようがありません。

実際に「 児童の気持ちに思い至らなかった。」と言っていたそうです。


児童の家に謝罪に来た校長達に対し、児童は言いました。


「 僕が死んだら対応が変わったのですか。」


この児童の心を思うと、胸が痛くなります。



この教師も、教育の現場から外すべきだと思います。

IMG_9760

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング