神様

☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

心がざわつく時は・・・

心がざわつく時、ありませんか?


朝から気持ちが落ち着かなく、何かイライラしてしまったり、考えても仕方がない事を深く考え過ぎてしまったり・・・。



そんな時の対処法を神様がお教えくださいました。


「 その様な時は、心の中にあるものを思い付く限り、紙に書き出しなさいな。

心をざわつかせる原因を心から引っ張り出し、紙の上に移してしまうのです。

すると、その原因が心から離れて文字となり、目に見える様になります。

そうしたら、後は、その原因を一つ一つ塗り潰していけば良いのです。

文字にすると、客観的にそのものが見える様になってきます。

最後まで塗り潰せたら、もう一度、心の中のものを書き出してみなさいな。

繰り返している内に、自分の心の中のものが、塗り潰さずともよいものになっていくのが分かります。

物事は、なる様になっていきます。

常にポジティブでいるという事は、今の世では難しい事にございましょう。

ですが、心の持ち様によって、考えを変えていけば、深く考え過ぎる事もなくなっていきます。

心に余裕を持たせていれば、いざという時、心がしっかりと働き、余計な事を考えず、より良い道を選ぶ事が出来る様になっていきますよ。」



心の中を書き出す事は、確かに可視できて、分かりやすくなると思いました。



今朝、お布団から出る前にいただいた、神様からのお言葉でした。


神様、ありがとうございました。

IMG_5313

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング









心の習慣

" 心の習慣 "。

これは今朝、神様からいただいたお言葉です。



てんしょう「 どういう事でしょう。」

神様「 はい、それは " いつも心美しくありなさい " という事にございます。」

てんしょう「 心美しく。」

神様「 左様にございます。
自分に嘘はつけません。
常に、" 自分に恥ずる事のない心でいなさい " という事にございます。」

てんしょう「 それを " 心の習慣 " にするという事ですね。
神様、良きお言葉をありがとうございます。」



てんしょう、起床時間の少し前に目覚めて、お布団の中で " そろそろ起きないと " と思っている時に、神様が話し掛けてくださいました。


" 心の習慣 " 、心に響くお言葉です。

お陰さまで、目覚めの良い朝となりました。





" 心の習慣 " 、嘘のない心、美しい心を目指したいと、改めて心に留める今朝のてんしょうでした。

IMG_5272

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング








心が態度に出る 寺社の方

神様にお聞きしたお話です。


神社やお寺には、神職である神主・宮司、住職・僧侶、また社務所や寺務所にお勤めの方など、神様・仏様にお仕えされる方々がいらっしゃいます。

その様なお仕事に就いていらっしゃる方の中にも、残念ながら、心無い方がおられます。



ある方がお寺に参拝された時、ご朱印をいただこうと寺務所に伺いました。

そのお寺のご住職でしょうか。

ろくに挨拶もなく無愛想で、ご朱印帳の受け渡しも雑なものでした。



ある方が神社で、お札をいただこうと社務所に伺いました。

神職の方ではなく、スタッフの様な方が受付けをされておりました。

ご年配の男性と女性がおられ、その内の男性は参拝者に対し、上から目線で接している様に見受けられました。



その様な対応をしてくる寺社の方がおられると、参拝者側の気持ちとしては、その寺社に対し、よろしくない感情を持ってしまい、" もう来たくない " となられる方もいらっしゃると思います。



その様な場面を、神様や仏様はご覧になっておられます。

ご覧になられた神様や仏様は、その様な態度の寺社の方に対応されてしまった参拝者の方に、申し訳なくお思いになられるそうです。

そして、せっかく繋がった参拝者とのご縁が、心無い対応をした事によって切れてしまう事に、お心を痛められるのだそうです。




とある大きなお寺の、えらいお坊様がいらっしゃいました。

ある日、僧侶の集会があり、広い駐車場に各地から来られるお坊様の乗ってこられた多くの車が停まっていました。

その駐車場の車を見渡し、そのえらいお坊様はこう仰ったそうです。

「 貧乏くさい車ばっかりだなあ。」

そのお坊様、ベンツにお乗りだそうでした。




寺社に来られる方は、神様や仏様とのご縁をいただきたいと思い、願いが叶う様にと、手を合わされます。

その参拝者の方と、神様・仏様との橋渡しをされる事が、寺社にお勤めの方々のお仕事でもあると思います。


その様な尊いお仕事に就いていらっしゃるにも関わらず、何故かご自身が偉くなってしまった様にお思いになられる方がいらっしゃるのです。
 ( てんしょうは、その様な方を " 勘違いおじさん " と心の中でお呼びさせていただいております。)




てんしょうが実家の方でご縁をいただいておりますお寺様 ( このお正月にも伺いました 高福寺様 ) のご住職様には、そのお寺にお祀りされておられるお不動様が重なっておられます。

そちらのご住職様は、本当に仏様からの信頼が厚いお方なのだと思います。



心無い態度をなさる方は、神様・仏様にお仕えするお仕事に就いておられる多くの方々の中の、ほんの一部の方だと思います。


たとえ、その寺社にお勤めの方の態度がよろしくなくとも、その寺社の神様・仏様はその事にお心を痛め、その様な態度で接された参拝者の方の心に寄り添われておられるという事をお伝えしたく、この記事を書かせていただきました。



もし、寺社にて嫌な思いをされたとしても、神様・仏様とのご縁は、より深いものになったとお思いください。


決してその事で、自らご縁を断たれる事のない様にと、切に願っております。

IMG_4991

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング









初詣で おみくじ

1月も後半になってきての、初詣の時のお話です。

てんしょう家族、いつもはお正月の三が日に、仙台でお世話になっている寺社へ初詣に行くのですが、今年の三が日はてんしょう実家にいた為、遅めの12日・13日に行って参りました。

初詣では必ず " おみくじ " を引き、その年の身の振り方の参考にしております。

今年は " 大吉 " でした。

そして何より、おみくじに書かれている神様のお言葉が、まさに、" てんしょうにくださったお言葉 " と思いました。



下の写真は、今年てんしょうが引いたものです。

FullSizeRender

「 朝な朝な東の空に昇る日を拝み 山川草木自然の恩恵に感謝の心を捧げ身を慎みましょう 」

てんしょうは毎朝、東の窓から、昇る太陽に手を合わせ、神様・仏様・ご先祖さまに感謝の気持ちを捧げております。

また、てんしょう家族皆、自然の中に身を置く事が好きで、自然を大切にしております。

この事を続けていきたいと思い、また、これからもその様にしていく様に、との神様のお言葉と受け止めさせていただきました。


「 家庭     団欒の家庭に神の恵みあり  良い子が育つ 」

てんしょうは、皆が揃っての食事の時間を大切にしております。

食事の時間は、神様方もご一緒くださるので、特別な時間でもあります。




そして、こちらはもう片面にあります、神様のお言葉です。

FullSizeRender

「 心を清め、身をきよめて、けがれなき誠の心を以って 」

てんしょうの目指すところです。

神様から与えられたお仕事として、神様のお言葉をお伝えする為、けがれや迷いのない心でなければなりません。

まだまだですが、嘘のない心でいたいと思っております。



おみくじを読んでいると、神様はいつも、私達を見守ってくださり、お導きくださっておられるのだと思います。



皆さまも是非、おみくじの神様のお言葉をお読みくださいませ。

ご自分の成すべき事が書かれているかもしれません。






イルカ雲。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング





ラオウ 稀勢の里 の引退

「 私の土俵人生において、一片の悔いもございません。」

これは先週、引退を表明された 横綱 稀勢の里 の言葉です。


横綱 稀勢の里は、漫画 " 北斗の拳 " に出てくる " ラオウ " という人物の生き方に、ご自分を重ねておられた様です。


その " ラオウ " という人物が、義弟である主人公 ケンシロウ と闘った時、自身の最期に「 我が生涯に、一片の悔いなし!」 という台詞を残し、昇天していく場面があります。

まさに、その場面そのものの潔さを、横綱 稀勢の里 に感じました。

( 1983年から1988年まで少年誌に連載された " 北斗の拳 " 、てんしょうも大好きで、弟タカが週1で買ってくるその少年誌を読ませてもらっていました。)




この 横綱 稀勢の里 の引退表明のテレビを見ていた時の事です。


「 誠に良き力士にございました。

まさに男にございます。」


天の声でした。


相撲は国技であり、神事でもあります。

日本の神様は相撲がお好きで、19年振りに誕生した日本人横綱に、大きな期待を寄せておられました。


努力を重ねた末、横綱の地位に立たれた稀勢の里でしたが、怪我に悩まされ、8連敗というワースト記録を出し、僅か2年という短い横綱人生に幕を下ろしました。

神様方も、とても残念にお思いでした。

ですが、全てをお受け止めになられた上での、天の声でした。


天の声は、建御名方 ( タケミナカタ ) 様、古事記にも出てこられます、相撲の神様でいらっしゃいました。

こちらの神様同士の闘いが、相撲の始まりなのだそうです。

建御名方様は、諏訪大社の御祭神であられますが、てんしょうがご縁をいただいております " 秋保神社 " の " 勝負の神 " としてお祀りされている神様でもあられます。

その秋保神社の建御名方様のお言葉でした。




日本の神様に見守られながら、その相撲人生に幕を閉じられた 横綱 稀勢の里。

" 言い訳をせず、弱みを見せず "

日本の神様に好かれた " 男・力士 " です。



第2の人生も、良き導きがある事をお祈りいたします。





建御名方様のいらっしゃる秋保神社です。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング