震災

☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

地震とコロナの ダブルパンチ

先月13日の余震に続き、今日も18時9分に、宮城県沖、震度5強、マグニチュード7.2の地震に襲われました。


おまけに先日、宮城県と仙台市に、独自の緊急事態宣言が発出されました。

今月18日から4月11日までの自粛になります。


地震とコロナのダブルパンチです。


今夜も居間に毛布を持ち込んで、プリプリ姉妹と3人でかたまって寝ます。


今もまだ、小さな地震があります。

いつでもすぐに出られる様に、リュックに食料や水、ランタン等を詰め込んで、最悪の場合、車の中で一晩過ごせる様に、寝袋を積んでおります。


もう、マイリマシタ。


こんな弱音を吐いている、情けないてんしょうに、神様がお言葉を掛けてくださいました。


「 てんしょうさん、心配なさる事はございませんよ。
てんしょうさんもお子達も、必ずお守りいたしますから、ご安心なさいな。」


神様のお言葉で、どれだけ心が救われることか。

10年前の東日本大震災の時も、まだ目に見えない存在の方の声が、聞こえていなかったてんしょうとプリプリ姉妹に、一生懸命に話し掛けてくださっていたのだと思います。


地震やらコロナやら、なかなか心休まる事はなりませんが、" 絶対大丈夫 " と言い聞かせ、心を強く持ちたいと思います。



今回の地震でも、怪我をされた方がいらっしゃるそうです。

また、この地震で火事も出ている様です。


被害に遭われた方々に、心よりお見舞いを申し上げます。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。












東日本大震災から10年経ちました

3.11から10年という年月が経ちました。


ここにきて、また毎日の様に地震があります。

( 過去記事 2021.2.14  東日本大地震の余震  http://tensyow.com/archives/25117737.html をご覧くださいませ。)


10年前の地震直後、電気もガスも水道も使えなくなり、店という店から物が無くなりました。

子ども達にひもじい思いをさせたくないと、毎日の様に街を彷徨い、スーパーの長い列に何時間も並んだりしましたが、買いたいと思う物はほとんど無く、買える物にも数の制限がありました。


当時の事を教訓に、水やレトルトなど食料の備蓄、懐中電灯やカセットコンロなどの防災用品を備えています。


10年前のあの日は、一生忘れられないものとなりました。

また、忘れてはならないと思います。


未だ、津波にさらわれ行方不明の方々が大勢いらっしゃいます。

てんしょう家族も、津波にさらわれていたかもしれない身でした。


神様が救ってくださったこの命。

天寿全うするまでは、感謝を忘れず、日々を大切に生きていきたいと、改めて思います。



震災により命を失われた方々のご冥福と、被災地の更なる復興を心よりお祈りいたします。

IMG_1227

今日もお読みいただき、ありがとうございます。














東日本大震災の 余震

昨夜11時8分、最大震度6強の地震がありました。



てんしょうの住む、この仙台の地も激しい揺れに襲われました。


10年前の悪夢が蘇ってしまいました。


当時のプリ子は4才、プリ江は3才になったばかり。

幼い2人は、ローテーブルの下に並んで潜って、怯えていました。

「 じちん、こわい・・・」


( ↓10年前の地震の事も過去記事にございます。)

タロットカード と 3.11
http://tensyow.com/archives/4094566.html

3.11 津波
http://tensyow.com/archives/4096876.html

震度 7 と 神様
http://tensyow.com/archives/4114241.html



けれど、あの大地震から10年を経た昨夜のプリプリ姉妹は違いました。



地震発生時、寝室で寝ていたてんしょうは、「 神様!」と叫んでいました。

そして、プリプリ姉妹それぞれの勉強部屋へ、名前を呼びながら向かいました。

幸いにも、この地域は停電は起こりませんでした。

廊下には、置いてあった折り畳み自転車が倒れていました。


プリプリ姉妹、勉強部屋にはいませんでした。



居間へ行くと、ダイニングテーブルの下に、2人抱き合って潜っていました。

部屋を見渡すと、本棚の扉が壊れ落ちて、写真立てなどが散乱しておりました。


プリプリ姉妹、揺れがおさまったと分かると、すぐ様、リュックを持ってきて、貴重品やペットボトル、懐中電灯などを詰め出しました。

そして、パジャマから服に着替えていました。

この10年で、たくましく成長しておりました。


その間、てんしょうの携帯電話に、東京に赴任中のパパ夫から電話があり、安否確認と、お風呂に水をためる様に指示がありました。

支度の終わったプリ子達は、お風呂に水を入れたり、食料をリュックに詰めたりと、手分けをして行動しておりました。


てんしょうも、本棚や冷蔵庫の扉をテープで固定したり、防災グッズをカバンに入れながら、携帯電話に着信履歴のあった、てんしょうの弟タカへ電話し、無事を伝え、両親にも伝えてもらう様に話しました。

親戚からも、いくつか安否確認のメールが来ていたので、落ち着いてから返信をしました。


テキパキと行動していたプリプリ姉妹でしたが、プリ子は勉強部屋へ物を取りに行った時に、ひとり泣いていました。

「 怖かったね。頑張ったね。」と抱きしめると、静かに頷きました。


プリ江も気を張っていたのか、支度が終わると、吐き気におそわれていました。


気付いたら夜中の2時を回っていました。

いくつかの余震は来ていましたが、大きな揺れではなかったので、最悪、車に避難しようと思っていましたが、この時は3人、居間でかたまって寝る事にしました。


寝る前に、玄関から外へ、様子を見に出てみました。

ふと空を見上げると、声が聞こえてきました。


「 大丈夫にございます。てんしょうさんも、プリ子ちゃんプリ江ちゃんも、お守りしておりますよ。ご安心なさいな。」


月詠様のお優しいお声でした。

本当に心強く、涙が出ました。



外では10年前の様に、取材ヘリコプターの音や、近くにある踏切りが地震の揺れで誤作動を起こし、警告音が鳴り続け、それは朝方まで鳴り響いていました。






今回の地震でも、多くの被害が出ている様です。

皆さまの地域はいかがでしょうか。

まだまだ余震が来るそうで、コロナ禍でもある為、不安な事が多くありますが、皆さまどうぞ、お気を付けてお過ごしくださいませ。


皆さまのご無事をお祈りいたします。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。








3.11 〜 9年前の今日を思う 〜

今日、 " 3.11東日本大震災 " から9年の時が経ちました。


" 9年経ったか " という、何とも言えない気持ちになります。



14時半過ぎ、パパ夫から電話が来ました。

" 今、会社で黙祷していた。" 





3.11の1か月程前に、誰一人、知る人もいない東北の地に、幼いプリプリ姉妹を連れて引越して来ました。

引越し当日の新幹線のダイヤの乱れで、ぎゅうぎゅう詰めの車内に2時間押し込められ、引越して早々、愛車Aのボディに大きく " バカ " と傷付けられ、引越し荷物を片付けながら、心身共に疲弊している所に、あの3.11が襲ってきました。


過去記事にも書いていますが、てんしょう家族も、あの大津波にのまれていたかもしれない状況でした。
( カテゴリ " 震災 " に当時の事を詳しく書いた記事がございます。)

今こうして、生きて、このブログを書かせていただけるのは、全て神様の御力でした。

家族で海辺の町に出掛けるのを阻止してくださったのです。


てんしょうは、あの時の事を思い、今を生きられる事に、改めて神様に感謝の気持ちをお伝えしました。




当時、4才になったばかりのプリ子と2才だったプリ江は、今年2人とも中学生になります。

プリ江には、震災の記憶があまり残っていない様です。

プリ子には当時の記憶があり、大きな地震の揺れで、咄嗟にテーブルの下に潜り込んだ事も覚えておりました。



あの頃のてんしょうもパパ夫も、プリプリ姉妹を守るのに必死でした。

ライフラインが止まり、物流も止まり、水・食料不足に陥り、皆、水を求めて彷徨っていました。


そんな中、パパ夫は言いました。

" 俺たちは、何も失っていない。"


今思えば、そのパパ夫の言葉で、てんしょうも心を強く持てた気がします。


3.11では、多くの尊い命が奪われ、多くの大切な財産が流されてしまいました。

震災により、失われたものがあまりにも大き過ぎて、受け止められなくなっていたのです。


電気が復旧し、テレビが見られる様になると、その被害状況が分かってきました。

その頃のテレビでは、ずっとACジャパンのCMが流れていたのを、プリプリ姉妹が覚えていました。


津波の被害は、PCを開いていたパパ夫がネットニュースで知る事となりました。

福島原発の爆発もネットで知り、その時のてんしょう家族は外に出ていなかったか、夫婦で必死に記憶を辿っていました。

今も、当時の映像を見ると、その時の事を思い出し、目を背けたくなります。





あれから9年が経った今、世界は " コロナウイルス " と闘っています。

日本でも、国全体で異例の事態が起こっています。


何の試練かという思いもありますが、この様な時だからこそ、一人一人が心を強く持ち、デマに惑わされる事なく、後悔する事のない日々を過ごす事が大切なのだと改めて思います。

IMG_9981

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング









3.11の写真から

昨夜、地震があり、プリプリ姉妹はダイニングテーブルの下に潜っていました。

しばらくの間、揺れていました。

冷え込む様になってから何度か地震はありましたが、家が揺れるというのは、何度経験しても慣れず、怖いものです。

テレビ速報を見ると、震度3で津波の心配はないとの事でした。




今朝、ネットで、" 3.11" の津波が来た後の写真を見ていました。

てんしょうは、この大震災の事を忘れてはいけないと思っております。

( 過去記事 2017.9.25 〜 2017.9.27 で、東日本大震災時のてんしょう家族の体験を載せております。どうぞご覧くださいませ。)


すると、てんしょうの頭の中に、おそらくその写真の海岸だと思われる映像が写し出されました。

海岸には、津波に遭われた多くの方々のご遺体があり、そのご遺体のすぐ上の空間に、ご遺体から離れて魂となられた方々が、天へと導かれていく姿がありました。

中には、誰かを探す様に、ご遺体を見て回っておられる魂の方もいらっしゃいました。


" 津波の後の様子にございます。" 


神様のお声でした。

てんしょうは、しばらく言葉が出ませんでした。 


頭の中のこの映像を、震災直後に見ていたとしたら、てんしょうはどうにかなっていたかもしれません。

てんしょう家族も、その魂の方々の中にいたかもしれない身でした。


震災から8年経った今は違います。

神様からいただいたチカラで、魂の方々とお話ができる様になり、魂の方々のお気持ちが多少なりとも分かる様になったからです。

魂の方々は、生きている人間と変わりはありません。

ただ、この世に肉体を持っていないだけです。


いずれは、魂の方々のお気持ちを、この世を生きる残された方々にお伝えする事が、てんしょうの天から与えられた仕事になると思います。


この映像を見せていただいた事には意味があるのだと思います。



これからも、このいただいたチカラを更に磨いていける様に、生かされた命とこの世にいられる日々を、感謝の気持ちで大切に過ごしていきたいと思っております。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング