クリスマス

☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

イエス様のお誕生日

今日12月25日はクリスマス、イエス・キリスト様のお誕生日とされている日です。


ですが本当のところ、12月25日がお誕生日なのかは、誰にも分からないそうです。

生まれ年も、学校では紀元前4年と習ったと思いましたが、これにも諸説ある様です。


当のご本人のイエス様はというと、全くお気に止めてはいらっしゃらないそうです。


神の御子でいらっしゃるイエス様はいつも、世界中の人々の幸せを願っておられます。



てんしょう、クリスチャンではありませんが、今日のイエス様のお誕生日に、世界中の人々のお幸せを願いながら、心静かに穏やかに、過ごしていきたいと思っております。







うちのサンターズです。

大きな星はプリ江作です。( 立体です☆ )

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング







25年前の クリスマス

今日はクリスマスイヴです。


大人も子どもも、なんだかソワソワ、ワクワク。

街のイルミネーションも、胸躍らせます。


皆さまも、ご馳走やクリスマスケーキを用意したり、レストランでお食事という方もいらっしゃる事と思います。




てんしょう家族はこれから、家族ぐるみでお付き合いのある、お友達のお家でクリスマス会です。

10月に赤ちゃんの生まれたお家で、お披露目を兼ねて、お呼ばれしました。


パパ夫も一緒に行きますが、夕方には東京に戻らねばならず、" 聖夜、二人で乾杯 " はお預けとなりました ( ;  ; )







25年前の今日、てんしょうはアメリカの親戚の家にいました。


当時、日系1世から3世までいて、皆クリスチャンだったので、夜は近くの教会に連れていかれました。

クリスマス ミサです。

教会では、キレイな発音で " Merry Christmas ! "と声を掛けられ、てんしょう、ビビりながらも " メリークリスマス " と返していました。

英語が全くダメなてんしょうは、神父さんが何をお話なさっているのかサッパリ分からず、時差ボケも手伝って、ほぼ白眼状態でした。




夕食は、長いテーブルの真ん中に、七面鳥の丸焼きがドンと置かれていました。

典型的な日本人のてんしょうは、初めて見る本物の七面鳥に感動していました。


そして驚いたのは、日本みたいなクリスマスケーキが出なかった事です。

アメリカには、そういう習慣は無いようでした。


食事の前は、" いただきます " ではなく、神様に祈りを捧げていました。

てんしょうも皆と一緒に、胸の前で十字を切っていました。

慣れない事で少し恥ずかしさもありましたが、異文化に接した様な気がしました。




翌クリスマスの朝は、天井まで届く大きなツリーの下に、沢山のプレゼントが置かれていました。

テレビでしか見た事がなかったので、これも感動しました。


そして、これも驚きだったのですが、アメリカの人がプレゼントの包みを開けるとき、ビリビリに破ってしまうのでした。

セロハンテープの部分を、チマチマと爪でめくってキレイに剥がそうとしていた自分が、とっても恥ずかしかったです。

( そのお家のママさんが、てんしょうのプレゼントも用意してくださっていて、これもまた感動でした。)




てんしょう27才の時でしたが、アメリカでは17才の間違いでは?な感じでした。

お陰で、飛行機 ( デルタ航空 ) の中で飲み物を聞かれた時に、勇気を振り絞って " シャンパン プリーズ " と言ったのに、スチュワーデスさん ( 今は CAさんですね。) からソーダ水を渡されました。( チッとも酔えませんでした T ^ T)



ちなみに、7才年下の従妹と一緒に行きましたが、そちらはペラペラでした。


てんしょう、今も全く英語はダメですが、神様方とお話できる様になったので、これで良しとしております (^_-)



今となっては、全てが良い思い出です (*´ω`*)




皆さま、素敵な聖夜をお過ごしくださいませ。




うちのクマ男と雪雄です。↓ なかよしさん。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング








サンタさんのプレゼント

一昨年のクリスマスから、プリプリ姉妹は、サンタさんからプレゼントをもらっていません。

パパ夫サンタからはもらっていますが、サンタさんからは、もらっていないのです。



プリプリ姉妹 「 プリ子もプリ江も、もう大きいから、サンタさんのプレゼントはいらないの。

その分、世界の小さい子達にあげてほしいって思ったから、二人で相談して、サンタさんにお手紙書くことにしたの。

あと、クッキーをサンタさんにプレゼントしたいから、二人で作るね。」





イヴの日、二人でクッキー生地を作り、ハートやツリーの形にして焼き上げ、仕上げにカラーチョコレートでデコレーションして、可愛くラッピングしていました。













そして、お手紙。



" サンタさんへ。メリークリスマス!

まい年プレゼントをおくってくれてありがとうございます。

サンタさん大すきです。

がんばってください。

プレゼントは、わたしたちはもう大きいのでいりません。

せかいの小さい子にあげてください。"




クッキーにお手紙を添え、夜寝る前に、テーブルの上に置きました。








クリスマスの朝。

 


プリプリ姉妹 「 ママー!サンタさん来たー!

サンタさん、お手紙くれたー!

すごい!これ英語だよ!すごーい!

クッキーもなくなってるー!

すごーい!」



そのお手紙がこちら。

























てんしょう「 ほんとだ!すごいねー!

サンタさん、きっと喜んでくれて、お手紙書いてくれたんだねー!」


プリプリ姉妹 「 うん!サンタさん、喜んでくれたー!うれしい!」





プリ子 3年生、プリ江 2年生の時のクリスマス。

まだまだ幼いと思っていましたが、人を思いやる心が育っていた事に、てんしょうは親バカながら感動しておりました。




皆さまも、子どもの頃のクリスマス、思い出してみてくださいね。



⭐️ Merry  Christmas ! ⭐️





下の写真は、3年前のクリスマスの時、てんしょうのいとこ、サリちゃんに教えてもらって作ったお菓子のおうちです。

サリちゃんは、お料理教室の先生をしていました。

プリ子 作。




















  プリ江 作。




















  これは今年のプリ江 作 リース。




















  そして、うちの スノ男。



      
       

















今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング  



☆ てんしょう おすすめのひとしな ☆

クリスマスの次は、お正月。

歳神様をお迎えする準備はなさってますか?

ステキなお正月リースを見つけました。

玄関に飾って、お出迎えされてはいかがでしょう。


皆さまも おひとついかがですか?

               ☆ てんしょう ☆

キリスト様とプリ江

3年前、プリ江がチカラを授かって、しばらく経った時のこと。



ある日の夕方、てんしょうはいつもの様に、プリプリ姉妹とお風呂に入っていました。

プリプリ姉妹を洗い終え、湯船に浸からせ、てんしょうは身体を洗っていました。



プリ江 「 ママ!ママの後ろに、背中にこんな木がくっついてて、手をこうしてる人がいる!」

ジェスチャーで、腕を縦のバッテンにしたり、両腕を左右に広げたりしています。


突然、興奮した様に一生懸命に説明するプリ江の様子に、てんしょうは、" また、どなたか来られたのだ " と分かりました。( 何故か、お風呂の時によく来られます。)


てんしょう 「 プリ江、その方、頭にチクチクの輪っかをのせてる?」

プリ江 「 ママにも見えるの?
チクチク、のってる!」


てんしょうには見えていませんが、プリ江ジェスチャーの、背中にくっついているバッテンの木と、両腕を左右に広げている様子から、キリスト様ではないかと想像しました。


てんしょう 「 キリスト様でいらっしゃいますか?」

プリ江 「 そうですって言ってる!」



てんしょうは、もう一つ心当たりがありました。


プリ江を出産した所がカトリック系の病院で、敷地内に教会があり、出産前に教会で、" 無事生まれてきます様に " とお祈りをしました。

写真はその教会です。


















入院した部屋にもキリスト様が壁に掛けられていて、てんしょうはいつもそのキリスト様に、" プリ江が元気に成長します様に " とお祈りをしていました。




















      
  やはり、その時のキリスト様でした。



キリスト様は、プリ江がチカラを授かった事をお知りになり、そのお姿をプリ江にと、お越しくださったのでした。



てんしょう 「 キリスト様、その節はプリ江がお世話になりました。

おかげ様で、元気に成長しております。

キリスト様、どうぞ十字架からお降りください。

頭の上の物もお外しください。」



プリ江 「 木と、頭のチクチクが無くなったよ!」



キリスト様 「 あの小さなお子が、こんなに大きくなられたのですね。」( プリ子が通訳してます。)


てんしょう 「 キリスト様、ありがとうございます。」


てんしょうは、プリ江の事をお思いくださり、プリ江に会いに来てくださったその御心が嬉しくて、涙が出ました。





プリ江がお腹にいる時、とある事で破水してしまい、1ヶ月早く出産する事になってしまいました。

小さな赤ん坊でした。

ですが、泣き声はどの赤ちゃんよりも大きく、新生児室まで授乳させに行くのですが、プリ江の泣き声に反応して、他の赤ちゃんも泣き出してしまう様な事もありました。( 赤ちゃんたち、ごめんなさいね。)

プリ江の元気な泣き声に、てんしょうはあまり心配はしていませんでしたが・・・。



キリスト様は、その小さな赤ん坊のプリ江をご心配くださっていたのでした。







新生児室、ガラス越しのプリ江とてんしょうです。















パパ夫に抱っこされてます。




















  プリ子とプリ江。二人とも赤ちゃん。
























今日は、クリスマス イヴ。

キリスト様、どうぞ世界中の心美しい人たちが皆、心穏やかに過ごせます様に。



皆さま、どうぞ素敵な聖夜をお過ごしください。









パパ夫 & プリプリ姉妹   作  

「 宇宙人 雪だるま 」・・・なぜ宇宙人?























  今日もお読みいただき、ありがとうございます。


皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング  



☆ てんしょう おすすめのひとしな ☆

可愛いツリー見つけました。

テーブルに飾って、クリスマスディナーをどうぞ。


皆さまも おひとついかがですか?

               ☆ てんしょう ☆