☆ ☆ ☆ てんしょうと申します。 うちの二人姉妹がきっかけで、天の声が聞こえる様になりました。 このブログを立ち上げたのも、天の声の後押しがあったからです。 天の声とてんしょう、プリプリ姉妹の、スピリチュアルな日々の出来事を綴っていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします(*^-^*)☆ ☆ ☆  

何度も生まれ変わる犬と飼い主の絆

この記事のタイトルは、昨夜のテレビで放送された映画の副題です。

『 僕のワンダフル・ライフ 』

ご覧になられた方もいらっしゃるかと思います。





昨日の夜の事です。


プリ江「 お友達がね、二十歳になったら、みんな一緒に暮らそうって言うの。
その時は、犬も飼おうねって。
でも、ウチ、アキちゃんの事でトラウマになってるからって言ったんだけどね。」

てんしょう「 アキちゃん・・・。」


アキちゃんは、よく遊びに行っていた、山の中にあるカフェの看板犬の事です。

プリ江は、アキちゃんが交通事故でお空に上がってしまった事が、ずっと心から離れなくなっていました。

それは、プリ子も同じでした。

( 過去記事 2019.9.15 " アキちゃんとの思い出 " をご覧くださいませ。)



てんしょう「 アキちゃんの事、少しお話してもいい?」


プリプリ姉妹は静かにうなずきました。


てんしょう「 この前、アキちゃんに会いに行った時、アキちゃんが死んでしまった事が分かったでしょ?
その時、裏庭にアキちゃん、いたんだよ。
庭の奥の林の、いつも寝そべってた所にいて、プリ子達を見つけると、いつもみたいに走ってきたんだよ。
プリ江の側で顔を見上げて、プリ子の顔と交互に見て、嬉しそうな顔してたよ。」


プリプリ姉妹、泣いてしまいました。


てんしょう「 神様が仰ってたのだけど、アキちゃん、車にぶつかって、すぐに死んでしまったから、苦しまなかったって。
だからアキちゃん、自分が死んじゃった事に気付いてなくて、いつもの様に裏庭を走り回ったり、おウチに帰って眠ったりしてたって。
でもね、家族の人達が悲しそうな顔をしていて、どうしたんだろうって思ってたって。」

プリ江「 アキちゃん、苦しまなかったんだ・・・。よかった・・・。」


プリプリ姉妹、また泣いてしまいました。


てんしょう「 それでね、アキちゃん、アキちゃんのお姉ちゃん犬の所に生まれ変わってくるそうだよ。」



ちょうどそのタイミングで、つけっぱなしにしていたテレビから、この記事のタイトル " 何度も生まれ変わる犬と飼い主の絆 " と音声が流れてきました。


プリプリ姉妹とてんしょう、同時にテレビに目をやりました。

その時間に、そのチャンネルで、その映画が始まる事を誰も知りませんでした。


この事は、偶然ではありませんでした。

神様はプリプリ姉妹に、この映画を見せようとなさっておられたのです。

神様は、プリプリ姉妹の心の中にアキちゃんがいて、悲しいままの状態で止まってしまっている事をご存知だったのです。


3人で、映画『 僕のワンダフル・ライフ 』を鑑賞しました。


プリプリ姉妹は、何度も生まれ変わってくる主人公犬 " ベイリー " と、アキちゃんを重ねて見てしまうと、CMの度に言っていました。

そして時々、鼻をすする音が二人から聞こえてきていました。


てんしょう「 アキちゃん、このベイリーみたいだと思うよ。
苦しみとか、そんなものは感じられなかったから。
カフェの庭でも、あなた達の顔を見て、何で遊んでくれないのかなぁって、キョトンって顔してた気がする。」

プリ子「 アキちゃん、ウチ達が行くと、側に来てくれて、笑ってくれて・・・。( プリ子には笑っている様に見えていたそうです。)
思い出しちゃう・・・。」



映画の主人公犬 " ベイリー " は、50年で3回生まれ変わっています。

生まれ変わりの3回目で、歳をとった最初の飼い主の元へとやってきます。


犬や猫などの、人間より寿命が短い動物は、生まれ変わりが早いのだそうです。



神様「 アキちゃんは、生まれ変わる準備をしておりますよ。」



てんしょう「 今、アキちゃんは生まれ変わる準備をしているって、神様が仰ってるよ。
だからあなた達も、悲しむのではなく、" 今度生まれ変わってきたら、元気に長生きしてね " って、アキちゃんに話し掛けてね。
アキちゃん、きっと喜ぶよ。」


プリプリ姉妹、涙を拭いながら、うなずいておりました。




皆さまも機会あらは、映画『 僕のワンダフル・ライフ 』をご鑑賞くださいませ。


動物 ( ペット ) の生まれ変わりやその魂、飼い主との絆が、現実のこの世にも本当にあると思える作品になっております。

IMG_5530

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング











未成仏の者に 関西弁で話し掛けられました。

今日、スマホを見ていた時の事。

頭の中に、関西弁で話し掛けてくる者がいました。

その者、未成仏の者でした。


未成仏の者「 なぁ、あんたんとこ来たら、成仏できるて、ほんま?」

てんしょう「 ? 関西の人? 成仏してないの?」

未成仏の者「 してない。せやから、こうして来てるんや。あんた、成仏させてくれるんやろ?」

てんしょう「 ここに来ても、消されるだけだと思うよ。
それに、結界が張ってあるから、近くに来ても消されるんじゃない?」

未成仏の者「 せやねん。だから、近くには行かれへん。」

てんしょう「 こんなとこじゃなくて、恐山行ったら?
お地蔵様があの世に連れてってくださるよ。」

未成仏の者「 恐山?そこ行ったら成仏できるんか?」

てんしょう「 青森県にある恐山のお地蔵様にお願いしてきなさい。
成仏しないと、生まれ変わりもできないよ。」

未成仏の者「 そうか・・・。分かった。
すまんかったな。恐山行ってくるわ。」

てんしょう「 周りの成仏してない人も一緒に誘ってみて。」

未成仏の者「 そうしてみるわ。ほな、ありがとうな。」




素直な未成仏霊でした。


関西弁で話し掛けてこられたのは初めてだったので、不思議な感じでしたが、何故てんしょうの所に来ると成仏できると思ったのか、聞いておけば良かったと、少し後悔しました。

もし、その様な事を言いふらしている者がいたら、その者を何とかしなくてはいけないと思ったからです。


いっその事、直接恐山に行く様に、看板でも立ててほしいと思いました。


普段話し掛けてくる未成仏の者達は、神様やご先祖さまのフリをしてくるのですが、この関西弁の者、素で聞いてきました。

ですから、てんしょうもまともに相手をしてみました。

それでも、やはり、未成仏の者とは関わりたくありませんが。



願わくば、神様仏様やご先祖さま、美しい魂の方とだけ、お話できる様になりたいてんしょうでした。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング







奇跡の出産  〜 脳死状態の女性の魂 〜

脳死状態の27才の女性が、8月に女の子を出産されました。

脳出血を起こし、脳死判定を受けてから4か月後の事でした。



脳死状態になってから出産までの117日間、女性のご家族や病院のスタッフの方々は、深い愛情でもって、お腹に命を宿す女性を支え続けました。

妊娠34週目、帝王切開にて、元気な産声を上げながら、その命は誕生しました。


チェコという国の、奇跡の出来事でした。



てんしょうは、この事をネットニュースで知りました。

ニュース映像には、女性の姿もありました。

ベッドに横たわる女性の傍らには、女性のお腹にそっと手をやる、その女性自身の姿がありました。

神様がその姿を、てんしょうの頭の中に、映像として送ってくださいました。

魂は、身体の外へと出ておられたのだそうです。


魂の女性の眼差しは、お腹の中の我が子に注がれていました。

愛おしそうに、そのお腹に手を置き、微笑む女性。


てんしょうは、涙が溢れてきました。


ニュース映像では、生まれた赤ちゃんがおくるみに包まれ、保育器に入れられる所も流れていました。

魂の女性も、スタッフに抱かれている赤ちゃんを、そっとその手で包んでいました。



出産を終えた女性の延命治療は終わりました。


無事に出産を終えた魂の女性は、母親の顔をしていました。

これからも天使となって、赤ちゃんを見守っていかれるのだと思います。



奇跡の出産によって、この世に生まれ出た赤ちゃん。


周りの方々と、天使さんになられたお母さんの深い愛情に包まれ、スクスクと育っていかれる事と思います。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング










前世の魂から引き継いだ事と使命

今日、用事で出掛けている時の事です。


一人歩いていると、ふと " 今世を生きている自分の使命ってなんだろう " という思いが出てきました。


すぐに答えは出てきました。

プリプリ姉妹をしっかりと育て上げ、その人生を、てんしょう自身の寿命が尽きるまで見届ける事でした。


てんしょうの前世 マサノリは、大切な家族を残して33才で戦死しています。

お空に上がったマサノリは、とても悔しがっていたそうです。

可愛い盛りの娘達、7才・5才・2才の我が子の成長を楽しみにしていました。


当時、父を慕う5才の娘も戦時中に病死しています。

その娘はプリ江として、マサノリとの約束を忘れずに生まれてきました。
( お空で、来世、また親子になろうと約束していました。)


プリ子の前世は、マサノリの妻でした。

夫を戦争に取られ、その遺骨も帰ってはきませんでした。


母娘だった2人は、今世姉妹として、母てんしょうとパパ夫の元に生まれてきました。


今のてんしょうは、母として、プリプリ姉妹の成長に寄り添い、時には厳しく、時には友人の様に接しております。
 
前世のマサノリができなかった事を、今する事ができているのです。

これは、使命というよりも、前世の魂から引き継いだものと言った方がしっくりきます。



てんしょうが女性として生まれてきた意味も、そこにありました。

パパ夫は、仕事とは言え、単身で暮らしております。

これが逆の立場なら、てんしょうが単身で、プリプリ姉妹の成長に寄り添えなくなるのです。

お陰で今のてんしょうは、前世からの思いを引き継ぎ、実行させてもらえております。

全ては神様方のお導きによるものでした。

パパ夫にも感謝です。


パパ夫と出会う前のてんしょうは、自分の人生なのに、実感の湧かない、生きる意味を見出せない人生だった様に思います。

これも、悪しき者達に憑かれていたからだそうです。


パパ夫と出会い、結ばれ、プリプリ姉妹を授かり、夢中で育児をして、少し落ち着いた頃に、このチカラを授かりました。


このチカラによって、自分の生まれてきた意味や、それまでは悪しき者達が取り憑いていた事、生まれてから被ってきた悪しき事が、全て悪しき者達がしでかしてきたものだったと分かった事、その度に神様方に救われてきたという事、いろんな事がてんしょうの中で繋がりました。


前世マサノリから引き継ぎ、今世を生きるてんしょうの魂。

今、ようやく、自分の本当の人生を歩き出したのだという実感があります。


プリプリ姉妹が独り立ちした次は、第2の人生が待っています。

こちらが使命とするものだと思います。


神様が仰るには、人様を見させていただく事を生業にする様です。


今も、親戚からの相談を受ける事があります。

主に、神様仏様からお受けしたお言葉を、相談者に伝えております。

神様仏様のお言葉が、心の支えになるそうです。


10年後、第2の人生をスタートさせる為にも、今の人生をじっくりと歩いていきたいと思います。


かわいい我が子の為、大切な家族の為、前世マサノリができなかった事を引き継げた事に感謝し、今を楽しみたいと思います。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング











祖母アサの夢

朝方、祖母アサの夢を見ました。


アサは、プリ子の前世です。

そして、てんしょうの祖母であり、てんしょうの前世マサノリの妻でもありました。


アサが夢に出てくるのは、久しぶりの事でした。


夢の中のてんしょうの目の前に、アサが背を向けて座っています。

てんしょうは、アサが亡くなった当時の14才になっていました。

目の前にいる祖母アサを見て、てんしょうは " おばあちゃん? 帰ってきたの?" と思っています。

すると、アサは座ったまま、ふーっと横に倒れていきます。

てんしょうは、"危ないっ!" と思い支えようとすると、アサの隣りで寝転がりながら本を読んでいる、てんしょうの弟タカのお尻の上に頭が乗る形になりました。

タカのお尻がクッションになって、アサは頭を床にぶつける事はありませんでしたが、アサは眠りながら何かを話していました。

てんしょうは、アサの上半身を腕に抱き上げ、叫んでいます。

「 おばあちゃん!おばあちゃん!起きて!」

14才のてんしょうは、泣きながらおばあちゃんを抱きしめていました。

久しぶりにリアルな祖母アサを感じ、懐かしさで胸がキュッとなりました。


ここで目が覚めたのですが、なぜ今、既にプリ子として生まれ変わっているアサが、夢に出てきたのだろうと思っていました。


神様「 今は、プリ子ちゃんに生まれ変わられておられますアサさんですが、てんしょうさんのご先祖でもあります。
故人として思い出される事は、アサさんの魂の供養になります。
それは、この世を生きるプリ子ちゃんの魂の為でもあります。
魂は同じですが、前世アサさんとして生きた魂ですので、アサさんを思う心は、プリ子ちゃんの魂にも届くのです。」


なるほどと思いました。

プリ子がアサの生まれ変わりである事は、てんしょうにこのチカラがあるから分かった事です。

チカラが無ければ、分からなかった事なのです。


今、この世に生まれ変わっていたとしても、前世を生きていた先祖には違いないのです。

ですから、この世を生きる私達にとっても、先祖供養は大切なのです。


てんしょうは前世マサノリでした。

てんしょうにとっては、祖父にあたります。

実家に帰れば、必ずお墓参りをします。

それは、先祖の供養であり、自分の前世の供養であり、自分の魂の為でもあったのです。


 

皆さまも、このお盆はお墓参りをなさると思います。

ご先祖さまに手を合わせながら、ご自分はご先祖さまのどなたの生まれ変わりだろうと、想いを馳せるのも良いかと思います。


ご先祖さまを思う事は、ご自分の前世を思う事でもあるのです。

FullSizeRender

今日もお読みいただき、ありがとうございます。



皆さまにお読みいただきたく思い、人気ブログランキングに参加しました。
👇押していただけると嬉しいです♡

スピリチュアルランキング